KYAO SOURCE Navigator

世界40か国以上を巡り国際協力に関わってきた環境屋。西表島に移住し、RASに出会いファシリテーターとなる。現在はSOURCEという独自のセッションと、消化をサポートするセーリングリトリートを提供している。世界の出来事や環境の事について、本質に向かう気付き等を雑多に投稿中。

KYAO SOURCE Navigator

世界40か国以上を巡り国際協力に関わってきた環境屋。西表島に移住し、RASに出会いファシリテーターとなる。現在はSOURCEという独自のセッションと、消化をサポートするセーリングリトリートを提供している。世界の出来事や環境の事について、本質に向かう気付き等を雑多に投稿中。

    マガジン

    • 物語に見る信じ込み

    • 懐かしい黄金時代の記憶

      これは、未来の懐かしい記憶。古くて新しい人類意識。鉄の時代が終わった先に待っている黄金時代は、別名ネオ縄文とも呼ばれている。物質的豊かさに、蘇った精神的な豊かさが加わり、人々は満たされた意識の中で幸福な日々を送る。

    • RASアーカイブ

    最近の記事

    • 固定された記事

    SOURCEセッションについて

    初めまして。ご覧いただきありがとうございます。SOURCE Navigatorの矢尾と申します。このページを見ておられる多くの方は、ご自身の意識の解放についてご興味がおありかと思います。ここでは、私が行っているSOURCEセッションについてご紹介していきたいと思います。 人生を苦しくしているのは誰なのか人生にはいろいろな出来事が起こりますね。愛する人ができた、子どもが生まれたといった幸福な出来事はもちろんですが、一方で様々な苦しい出来事も起こったりしますよね。 どんな職場

      • 『すずめの戸締まり』すずめが列島縦断した意味とは!?

        11月11日に『すずめの戸締まり』が公開になりましたね。一足早く11月7日に観た時の感覚での考察第2弾です。聖地は一体どこかといった考察は色々あると思いますが、今回はすずめはなぜ、こことあそことに行くことになったのか?について見ていきたいと思います。 始まりは九州から 物語の冒頭、坂の途中で草太と出会うすずめが住んでいる町は宮崎県にある港町ということになっています。作中の地図からすると日南市、港の雰囲気からすると油津港ではないかと言われていますが、宮崎が選ばれたのはなぜで

        • 『すずめの戸締まり』後ろ戸から出てくるアレの正体とは!?

          11月11日から新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』が公開されますね。11月7日にIMAXでの先行上映を観てきたので、一般公開直前のこのタイミングで考察してみたいと思います。「場を悼む」という言葉が出てきますが、それは、「場に関わった人」の問題だということなんですね。 ネタバレを含むので作品をご覧になってから読むことをおすすめします。 廃墟というケガレチに現れるもの すずめの戸締まりは、すずめが日本列島を縦断しながら廃墟に現れる「みみず」を鎮めていくというお話ですね。今

          • 懐かしい黄金時代の記憶③ Free Energy

            手の中にあるコップをもてあそびながら、一気に蒸し暑さが増す前のわずかな涼を楽しんでいると、黒い球体がまた飛んできて膨大な情報を投影し始める。 凄いスピードで流れていく情報の中で、あるニュースに目が留まる。そう言えば今日は大東亜戦争と呼ばれた世界大戦の終結から丁度150年目だった。淡路島をはじめとして、世界に13か所ある霊場でセレモニーと儀式が行われるそうだ。 見えない戦争、と呼ばれた2020年頃からのパンデミック詐欺事件を第三次世界大戦と呼ぶ歴史学者もいたが、物理的な世界

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • SOURCE
            KYAO SOURCE Navigator
          • 物語に見る信じ込み
            KYAO SOURCE Navigator
          • 懐かしい黄金時代の記憶
            KYAO SOURCE Navigator
          • RASアーカイブ
            KYAO SOURCE Navigator

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            懐かしい黄金時代の記憶② Antigravity

            木立に差し込む階段状の光の筋を見ながらお茶を一口飲んでみる。少し苦みのある野味溢れる自然の味わいが口の中に広がる。このあたりの地力も随分と回復してきたようだ。 ピッという音が鳴って、上を見上げると音もなくカプセルのような形をした物体が降りてくる。直径1mぐらいの円筒形の丁度真ん中あたりがパカっと開くと、そこに50㎝ぐらいの箱が収められている。 箱を開けると大きな西瓜が入っていて、一緒に薄い透明のフィルムのようなものもある。どこからともなく空中に現れた黒い球体がそれを読み取

            懐かしい黄金時代の記憶①

            虚空に扉が浮かんでいる。木でできたと思われる白い扉。周りには漆黒の闇が広がるだけで、そこが一体どこなのかも、本当はその扉が白いのかさえも分からないはずなのだが、なぜか白い扉だというのが分かる。そのドアノブに手をかけ、力を入れて開け放つ。そして。。。 -------------------------------------------------------------------------------------- 鼻腔をくすぐるような爽やかな風が入ってきて、目の前が明

            Fight/Flightから○○へ

            ご覧いただきありがとうございます。何とも分かりにくいタイトルですが、最近感じていることをまとめてみたいと思います。皆さんが嫌な出来事が起こった時に通常取る行動は大きく2つあるんですが、そうではない道について今回は書いてみます。 あなたはどんな行動をしていますか? 例えば、あるデパートをあなたが歩いていて、展示されていた大きな壺のそばを通りかかったとします。自分がそこを通り過ぎた瞬間に、壺が台から落ちてパリーンと割れてしまいました。 周りの人はまばらで、そこに警備員がやっ

            タクシーの痛みと先祖の念

            タイトルを見て、タクシーの痛みって何ぞやと思われる方もいるかもしれませんね。今回は、普通の人にはなんてことはないことでも、こだわりがある人には信じ込みとなるというお話です。そして、それが先祖に関係していたことに気づいたのでした。 タクシーに乗らざるを得ない事態 その日、空港に向かうために電車で移動しようと思って駅に着いたら、ダイヤが乱れていて結構な遅れが出ていました。そのため、最寄り駅に電車が到着した時には空港行きのバスは出発した後。 このままでは飛行機の時間に間に合わ

            【物語に見る信じ込み】ソー・ラブ&サンダー

            奇しくも安倍元首相が銃撃された7月8日に公開されたソー・ラブ&サンダー。偶然にしてはあまりにも出来すぎた内容だったので、その内容に見られる信じ込みについてと、そこから捉える安倍元首相への銃撃が意味するもの、そしてこれからの世界のあり方について考察していきたいと思います。 ネタバレを含むので、作品をご覧になってから読まれることをおすすめします。 神に見放された者、ゴア 物語の冒頭、砂漠で彷徨うゴアは、一緒にいる娘だけでも助けてほしいと神に祈ります。しかし、その祈り虚しく娘

            SOURCEセッション体験談「精神科医にもサジを投げられ・・・」

            ご覧いただきありがとうございます。今回は、精神科医によるEMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理法)を用いたトラウマ治療をかなり昔にされたものの、改善しなかった経験を持つKさんの体験談です。かなり時間のかかるセッションとなりましたが、幼少期からのものを含め、多くの信じ込みを解放することができました。 何十年も持ち続けてきたトラウマというのは、一朝一夕になくなるものではないですが、着実に

            人生の転換点 意識探究への道①

            ご覧いただきありがとうございます。 人生の転換点って皆さんにはあるでしょうか?そんなものなかったよと言われる方もいるかも知れませんが、自分にはありました。それもものすごく分かりやすいのが。そこから今まで続く長い意識探究の旅が始まったと言っても良いかもしれません。今回はその出来事についてのお話です。 パレスチナでの仕事と休暇 その当時、私はイスラエルのテルアビブというところに住んで、パレスチナという国で廃棄物管理の仕事をしていました。毎日通勤が往復で3時間かかったりという

            『君の名は』2016年公開の理由?2022年に三葉と瀧が再会した場所の意味とは?

            2022年春に三葉と瀧が再会することになった『君の名は』ですが、タイムトラベルではなかったという話を前回しました。今回は公開された2016年という年と、二人が再会することになったあの場所のなぜについて書いてみたいと思います。 *ネタバレを含むので映画をご覧になってから読まれることをおすすめします。 『君の名は』はなぜ2016年に公開された? 『君の名は』の公開年と、作中の瀧の世界線での時間は2016年ですね(三葉の世界線での時間はその3年前の2013年)。そしてティアマ

            30年来のアトピーが消えた日

            ご覧いただきありがとうございます。皆さんは、この病気は治らない!何故自分ばかり苦しまないといけないんだ!と思っていないでしょうか?そんなことはないことが分かるCさんの体験談です。 Cさんは昨年の10月にセッションを受けられました。その後色々な気づきを経て、生まれつき持っていたアトピーでなくなる日がやってきたのです。少し長いですが、人の根幹に関わる素晴らしい気づきを書いてくださっているのでご紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー や

            『君の名は』はタイムトラベルじゃない!? 三葉と瀧の再会は2022年!

            2016年に公開され、記録的な大ヒットとなった新海誠監督の『君の名は』。瀧と三葉が時空を超えて再び出会う姿に感動した方も多いと思います。この作品、一見するとタイムトラベルによって歴史が変わったように見えるのですが、実はそうではないというお話と、作品の設定について、また再会する年である2022年についても考察してみたいと思います。 *ネタバレを含むので作品をご覧になってから読まれることをおすすめします。 『君の名は』の展開 作中では、ある日三葉と瀧が夢の中で入れ替わり、そ

            『物語に見る信じ込み』スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム

            トム・ホランド版スパイダーマンの3作目、ノー・ウェイ・ホームが2022年1月に公開されました。この作品にはいくつかの信じ込みと共に、かなり重大な情報開示が含まれているので合わせてお伝えしたいと思います。 *ネタバレを含むので、作品をご覧になってから読まれることをおすすめします。 「悪人」というレッテル 前作ファー・フロム・ホームでは、そういう設定で偽物が登場したのと対比されるかのように、このノー・ウェイ・ホームでは本当のマルチバース(並行宇宙・パラレルワールド)が展開す

            【物語に見る信じ込み】ワンダーウーマン1984

            第1次大戦の時代を舞台にしたワンダーウーマンから60年以上の時間が経過した1984年に焦点を当てたワンダーウーマン1984。この中に、様々な「信じ込み」の情報が埋め込まれています。最近の映画に特徴的でもありますが、同時に情報開示的な面もあるので併せてご紹介します。 *ネタバレを含むので、作品をご覧になってから読まれることをおすすめします。 現代人の病理を象徴するバーバラ スミソニアン博物館で働くダイアナの同僚としてバーバラが登場します。博士号を持っていますが平凡な見た目