嬉しいなぁ。

もう、こちらはすっかり冬景色となりました。今も、事務所の窓からは、ちらりほらりと降る雪が見えます。

遅めの昼休憩で知った嬉しいお知らせ。

年明け、朗読劇『秒速5センチメートル』がテレビ放送されることに!5組全ての組み合わせが観られるとは、嬉しいなぁ。配信時は、テレビにミラーリングが出来なくて、スマホサイズの観劇だったので、テレビで観られるのは本当に嬉しいです。

再び『秒速』の世界に浸れる時間

もっとみる
ありがとうございます!

すべての報われない想いに 光を 【映画「秒速5センチメートル」によせて】

久しぶりに「秒速5センチメートル」を観た。

観たくなるのは 決まって眠れない夜だ。ベッドの中でスマホを両手で包み、小さな画面を温めながら 観る。

私にとって 大切にしたい映画だ。

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。

そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。

貴樹と明里の再会

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
19

久々の余韻に浸る・・・朗読劇『秒速5センチメートル』

先日、生配信で朗読劇『秒速5センチメートル』の海宝直人さん、妃海風さん、山崎紘菜さんの回を観ました。

アーカイブも繰り返し観て、こんなに余韻に浸る感覚、久しぶりです。

今回は、あえて映画や原作に触れず、朗読劇が創り出す作品の世界を感じようとしました。そして、配信を観た今は、この3人が創った『秒速』の世界が愛おしくて、映画や原作に触れるのは、もう少し時間が経ってからにしよう、という気持ちです。

もっとみる
嬉しいです。
1

ザ・ワールド状態だったけど妹からの言葉で「そして時は動き出すッ!」状態になった話

特に眠かった。
昨夜は遅くまで彼と語っていたので、1日中眠くなるのはわかっていたけれど本当に眠かった•••
歳を重ねていくと夜更かしした翌日が辛くなりますね。泣

今日は感じたこと気づいたことはあったのかもしれないけど
ポーッとしていたので、今日のアウトプットはおやすみ。

でもnoteには何かの形で書き残したいことがあった気がするから
今日は気の向くままに書こうかと思います。

最近はnoteを

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしかったらフォローボタンもポチッと!

新海誠の映画を彩る音楽

映画にとって音楽というのは時として何よりも重要な要素になり得る。ある場面ではいかなる出演者よりいかなるシーンより音楽が重要になる場合がある。

映画と音楽が非常に密接であり監督は自らとぴったり合う音楽家を見つけられるかが自分の映画が成功するか否かにかかっている様にも思える。映画監督と音楽家、例えばフェデリコ・フェリーニとニーノ・ロータ、スティーブン・スピルバーグとジョン・ウィリアムズ、そして我国と

もっとみる
貴方様のイイね、は大きな励みになります。
5

新海誠の「大丈夫」

大雨が降った日、タクシー乗り場の屋根の継ぎ目に滝ができていた。地面で荒々しく跳ね返った水は待機列に並んでいた私のスウェード生地のサンダルにかかり、その色をどす黒く変えてしまった。
そんなわけでその時私は足下にかなりの不快感を覚えながらカメラロールを整理していた。そしたら去年『天気の子』の世界最速上映に行った時の写真を見つけて一気に懐かしさがこみ上げてきたので、今更ながらそれについて話したいと思う。

もっとみる

青春がまたひとつ終わったっぽい(鑑賞録「愛がなんだ」)

先日、やっと映画「愛がなんだ」を見た。
「登場人物の誰にも共感できない」で話題だったアレだ。

以下、やんわりネタバレしますので、OKな方のみどうぞ。

①どこまでいってもどうしようもない

案の定、登場人物の誰にも共感できなかったんだけど、テルコがいちばん救いようがなかったな。

序盤、突然呼び出された居酒屋で、マモちゃんのことを分かりやすく持ち上げるテルコと満更でもないマモちゃんのシーンを見た

もっとみる
ウワ〜〜うれしいです!!
3

⭐今週のおすすめ(20/09/13~)

天気の子【アニメ映画 2019】

 TOP画初めてみんなのフォトギャラリーを使いました。
いおさん(io28)ありがとう✨

感想は以下(ネタバレ多少)

 先週も時間がなくて、前から、新海誠監督の「言の葉の庭」についてなら熱く語れそうかなって思っていたのだが、これもひょんなことに、先週のスピリッツの表紙が森七菜さんだったので、前から見よっかなーって思ってたのだけど、今日思い切ってアマゾンプライ

もっとみる
あなたのハートは無事届きました♡
9

『秒速5センチメートル』感想メモ

見出し画像出典:秒速5センチメートル(公式サイト)

こんな感じの話

・短編3本の連作で描かれる、幼いころに惹かれ合っていた男女の物語

感想のようなもの

主人公の貴樹と貴樹の初恋の相手明里は互いに特別な想いを抱いていた。
貴樹が転校してしまった明里に電車を乗り継いで会いに行く”桜花抄”。貴樹が転校した先の種子島での生活を貴樹に恋する花苗視点で描く”コスモナウト”。社会人となった貴樹を描く”秒

もっとみる
読んでいただきありがとうございます。
2