言の葉の庭をもう一度観たけど、またRainで泣いてしまったww
Rainが名曲すぎるんだなw

言の葉の庭に続いて秒速5センチメートルも観てみたのですが、こちらは全然泣きませんでしたw

映画「言の葉の庭」でボロ泣きした話

(以下、特にネタバレはしていません)

私は新海誠監督については別に好きでも嫌いでもなく、「君の名は。」や「天気の子」は鑑賞済みですが「まあまあ面白かった」程度の感想でした。

そして私は昔、大江千里の大ファンでした。当時ファンクラブにも入っていてコンサートも何度も行っていたほど。大江さんは今はニューヨークでジャズピアニストとして活動されています。料理上手で、noteではレシピの販売もされています

もっとみる

2回目の天気の子

やぁ元気にしてるか?ピョイジだ

今日は朝からスロットに行って2万円負けて
絶望に明け暮れながら映画館に足を運んだ

映画館で見るのは2回目になる

天気の子

改めて見たけど
本当に素晴らしい作品だった

須賀さんが必死に止めたのにそれを振り払うほだか
その後から警察が来て
ほだかの気持ちが痛いほどわかる須賀さんは
追手の警察を必死に止めてほだかを行かせたところは何回見ても涙が出る。

須賀さん

もっとみる
圧倒的豪運!!!
1

🍃 参加者全員プレゼント 🍃 "新海誠" 映画 『言の葉の庭』 のLINEプロフィール背景画像を全員にプレゼント🌳👫☔️

☆キャンペーン概要

本日よりLINE MUSICで配信スタートした、『劇場アニメーション映画 言の葉の庭 Original Soundtracks』収録曲の中からお好きな一曲をLINEの着信音 / 呼出音に設定し、#言の葉の庭_着うた呼出音 とともに設定画面のスクリーンショットをツイートしてください。参加者全員にLINEプロフィール背景画像をプレゼントします!♥

着信音 / 呼出音の設定方法

もっとみる

2020年7月1日 『天気の子』における拳銃の役割(ルール)について

・え、もう7月なの?どうしよ、謳歌しなきゃ…夏を。

・たしか天気の子が上映されたのって去年の7月で、今は感染症の影響で映画館が再上映ブームなのかまだ天気の子を扱っているけど、ぼくは映画館の近くで働いてたので1年近くもの間あのポスターを見続けていたんだな。ロングランすぎるな。

・去年見終わったとき、バケツどころか風呂をひっくり返したような雨が降っていて、一緒に出た連れや他の客と顔を見合わせて笑っ

もっとみる

新海誠:七色の流星

出逢いは4年前の2016年。まだライターをやる前だった。あの頃と違うのは、日本一好きな監督が新海誠になったことだ。

すべての作品が圧倒的な未来形に満ちている。遠距離の愛を描く。物理的な距離だけでなく、心と心にも距離がある。

天門と共に生み出す音が感情と温度をもち、静寂が新宿の孤独を救いとる。映像文学と呼ばれるように、言葉と言葉を紡いでひとつの映画となる。

新海誠の作品は美味しい白米のように、

もっとみる

秒速・言の葉・君の名は。の連作性—追いかけて、追いついて。

秒速・言の葉・君の名は。の連作性についてなんですけど、僕個人としては、男女の関係性に着目してみるとわかりやすいのかなと思います。

秒速は、男性が女性を追いかけていた作品のように思われます。それは恋慕の情という点よりかは、精神的な余裕だとか、どれだけ先を見据えているかだとか、どれだけ過去を振り切れないでいるかという点でのことです。男性主人公は、ヒロインを常に追いかけている。エピソード1の、電車が遅

もっとみる
ありがとうございます。また読みにきていただけたらとても嬉しいです。
1

『彼女と彼女の猫』感想

前々から気になっていた作品の感想です。以前の本の感想と同様に、大学の講義で出した原稿に少し加筆修正をしたものとなります。

今回私が見た作品は、『彼女と彼女の猫』という作品です。
『君の名は。』や『秒速5センチメートル』などで知られる新海誠監督の自主制作アニメのひとつで、現在は彼のYouTubeチャンネルで無料で視聴することができます。たった五分の作品でさくっと見れるので、忙しい方にもオススメです

もっとみる
物好きな人ですね。ありがとうございます。
4

「世界なんて元々狂ってる」「でも、その世界を選択したのは自分だ」

BDがリリースされてから、数週間、ようやく天気の子を視聴した。君の名はから3年後の東京が舞台になっているこの作品だが、新海誠監督作品ならではの描画の細かさや色調の美しさがより映画の世界観を広いものにしていると思う。

新海誠作品は彼女と彼女の猫からアニメ映画だと星の声から視聴しているが、どことなく暗い雰囲気だったり、報われない展開の多さから初め苦手意識を持っていた。 しかしここ10年程の作品につい

もっとみる