なぜ私はTAKAKOという女を登るのか②

前回の続きです。
まだの人は↓からお読みください。

TAKAKOとの正真正銘の初対面がいつだったのかを思い出した私たちはお互いの記憶を辿ることになる。

そして今回は「ノンフィクションとフィクションを織り交ぜながらの話」になる。

理由としては、あまりにも個人を特定しやすい内容になるという事と割とセンシティブな話が絡んだりするので、場所や団体も詳細に書けない事をご理解頂きたい。

そんなわけで、

もっとみる

〜東京ラストナイトBBQ〜 2020.08.06

LINEの電話通知音で起こされた。

『昨日はサウナに入ったおかげか、お酒のおかげか、死んだように爆睡できたな』
そんな風に呑気に起きたものだけど、LINEを見て絶句。
今日は11:30から会食。
今は11:30。
電話して心から謝り、直ぐ待ち合わせ場所へ向かった。

待ち合わせしていた女性は英語教室を経営している方で、飲み友だったから良かったもののだいぶ遅れてしまいホントに申し訳ない。
お花をプ

もっとみる

なぜ私はTAKAKOという女を登るのか

「TAKAKOは言うなれば山だ」

私は親しい友人達に定期的にこう言う。

なぜ彼女を「山」に例えるかというと、

まぁ誰よりも奇抜な思考と性格なクセに誰よりも平常運転をしているので周囲は愛と苦労に満ち溢れている。人懐っこく愛くるしい所があるので、彼女の突発的なぶっ飛んだ言動に毎度初見かのように衝撃が走る。

なのでそのクレイジーな彼女の一面を忘れぬ様、戒めのごとく「山」と表現している部分もあるが

もっとみる

”君の名は”をみた感想(※ネタバレ注意)

どうも、Napoptosisです。今回は久しぶりに映画ネタでいきたいと思います。今記事で紹介するのは以前世間を大きく賑わした”君の名は”という映画について、自分自身が思ったことや良かった点、足りなかった点など記事にしていけたらと思います。
 なぜ今頃この映画?と思う方も多いと思いますが、個人的に結構いろいろな意味で衝撃を受けたため記事にしてみようと思いました。
 自分が観たのは、映画が公開されて数

もっとみる
この記事を「スキ」していただきありがとうございます!!
10

彗星と隕石と、記憶喪失

ここ2~3週間ほど、ネオワイズ彗星が見ごろを迎えていたそうです。肉眼でも見えるのを聞いて、毎晩北西の空で探してみました。北斗七星さえ見えていれば、その下にネオワイズも見えるはずでした。今まで一度も彗星を見たことがなかったし、この彗星が地球に接近するのは約6800年に一度だけだということもあり、見ておかないと!という気もちでした。

この期間、ネオワイズの写真を色々見かけました。彗星の尾は、まっすぐ

もっとみる
ありがとうございます!(^_^)/

僕の名は。

おはようございます。さあ夏本番8月に突入です。8月も暑さに負けず頑張っていきましょう!

ん?タイトル?はい、君の名は。のオマージュです。

僕のnoteでの名はたまごまるです。とても気に入っている名前です。

これまで生きてきた中でたまごまると同じくらい思い出深いあだ名をいくつかいただいてきました。

そんな僕の名を紹介していきます。

🐣

◉きーれん

これは僕がたまごまるになる前に、ネッ

もっとみる
大好きです
83

「君の名は。」解説【含ネタバレ】

「物語」は、人間集団のDNAのようなもので、時代を超えて、かたちを変えて生き続けます。変形しながら反復強化される、と言ってもよいです。DNAは紐の一種ですから、物語も紐の一種かもしれません。

「君の名は。」の、元の物語は古事記、日本書紀です。

アマテラスとスサノオ

三葉はアマテラスです。

瀧はスサノオです。

アマテラスが年上です。スサノオは暴れん坊で喧嘩っ早いので、だから最初、瀧は頬に傷

もっとみる
ありがとうございます
5

眠りたい日

急に眠くなる日がある。まさしく今日がそう。仕事の合間、いつもはそんなことないのに急に眠くなる。10分くらいうつらうつらして、いつも通りに戻る。

ああなんか疲れてんのかなって思うけど、そんなこともない。何のための眠りたい日なのかよくわからないけど、まあ生理的に必要だから身体が求めてるんだろうね。寝るのは好きなんだけど、寝るよりは起きてる時間を楽しみたいので、1日が30時間くらいあればいいなあって思

もっとみる
I'm very happy!!
2

結婚式行きたくねえな。

失恋した。

一年前の今日、
失恋した。

高校の時から好きだった。

大学五年生だった。

自分と向き合おうとしていた。
いい加減。

一年前の今日、
飲みに行った。

一年前の今日、
僕は、失恋した。

「彼女できた。」

彼の口から、初めて聞いた。

あの、シーブリーズの匂いも、
あの、夏の御苑の暑さも、
あの、草枕のカレーの味も、
あの、ひんやりとしたピカデリーの冷房も、
あの、カラオケの

もっとみる