ファンシーキュットン

画家/タロット占い師によるパラレルワールド・ノンフィクション。 絵はすべて私の作品です。 http://birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com

ファンシーキュットン

画家/タロット占い師によるパラレルワールド・ノンフィクション。 絵はすべて私の作品です。 http://birthday-cake-twinkle.mystrikingly.com

    最近の記事

    • 固定された記事

    魂の目覚めの段階

    魂が目覚めていく過程には段階がある。 段階というと、まるで上下や優劣があるように聞こえてしまうかもしれないが、決してそういうことではない。 そういうことではないのだが、「段階がある」ということは明らかな事実なのである。  目覚めの段階は、大まかに次のように進んでいく。 ①疑問  人生のあるタイミングに来ると、あれ?自分の人生ってこうだったっけ?という疑問が生まれる。 それは、もしかしたら順風満帆な時かもしれないし、つまづきが起きた時かもしれない。 ②違和感  

      • パラレルワールド「恵A」

        パラレルワールドの話を書いてみる。 2023年の最初のnoteには、ちょうどいいかもしれない。 ネット上には、パラレルワールドを体験した人の話がちらほら存在する。その中のどれくらいが本当で、どれくらいが創作なのかはわからない。 個人的には読み物として面白ければどちらでもいいと思っている。 今日は、たまたまそんなパラレルワールドを扱った動画をYouTubeで観た。 その動画は、朝起きたらパラレルワールドへ移行してしまっていた人のお話だったのだが、元いた世界とは漢字が少しずつ違

        • スピリチュアル・ハラスメント

          もう何年もはてなブログにて、スピリチュアルをなるべく論理的に説明したり、見えない世界について私見を綴るブログを続けてきた。 今見返すと、ものすごいエネルギー量で書いていたなぁと感心してしまうくらい、たくさんの記事を書いてきた。 ハイペースで更新していた頃は息を吐くように書いていたので、決して「頑張って」書いていたわけではないのだが、今の自分が同じことをできるとは思えない熱量がそこにある。 何度か「スピリチュアル・ハラスメント」について書いたことがある。 私は見えない世界を可

          • 3つの魂と直感

            直感をうまく使えない理由のひとつに、「直感とはインスピレーションのこと」という思い込みがあるかもしれない。 これはあくまでもひとつのモノの見方として捉えてもらえたら有難い。 あくまでも私見である。 古今東西、私たち人間は様々なモノの見方で人間を分析してきた。 例えばBODY,MIND,SPIRITの3つに分けて捉えたりしている。 一見同じように感じるかもしれないが、古代西洋魔女はハイヤーセルフ、ミドルセルフ、ロウアーセルフに分けて捉えた。 ハイヤーセルフとは、超越した大

            コンシャスネス

            台風が来ている。何もかもを洗い流し、浄化する雨だ。 風は木々をなぎ倒し、偽りを剥ぎ取っていく。初めから濡れていたものは証拠をなくし、嘘を消し去ってゆく。 AM8:28 私は今ここにいる。 物質という陰に隠れて、時空間鬼ごっこをしているのかもしれない。 距離なき距離を嘆き、アンチコンシャスネスを演じる 本当はすべてわかっているのに、わからないふり 本当はすべて気づいているのに、気づかないふり これは実験だ。愛を知るための実習なのだ。 すべてを愛することが、できるだろうか?

            夏至のタイムリープ

            夏至の数日前に、以前から取りたいと思っていたアクセス・バーズの資格を取った。ファシリテーターのユキちゃんには何年も前から受講したいことを伝えていたけど、私のタイミングが整わなかったため、数年の時を経て実現した。 中3の息子も一緒に講座を受けて資格を取ったので、もしかしたら息子の成長待ちだったのかも知れない。 アクセス・バーズは脳の思考や情報を断捨離するもので「自分のものじゃない」情報や価値観、感情、思い込みなどから解放される。 「本来の自分」とは羽のように軽くて気楽な存在だ

            石のスピリット

            去年見つけた穴場の川べりは、谷あいになっていて日陰が多いからか、陰の気が強くて秋が似合う場所だ。 去年初めて行った時、ストーンヘンジで感じたドルイド(ケルトの僧侶、賢人)に似たエネルギーをその場一体に感じた。 苔むした大きな岩があったのでその上でしばらく瞑想してみると、妖精や精霊、妖怪のような存在が周りに寄ってきたので、どうしてこんなにドルイドのエネルギーを感じるのか、瞑想を通して尋ねてみた。 「あなた達はドルイドと何か関係があるのですか」と。 その答えは「ドルイドと

            無限のあの子 無限のわたし

            勝手口の扉にしばらく貼っていた、月と地球のポスターを剥がした。 息子が4年生の時に学校からもらって帰ってきたカレンダーの写真だ。 宇宙の写真が大きく載っているカレンダーは教室で使われていたもので、その月が終わるたびに息子が先生からもらっていた、コレクションの中の一枚だ。 現在、息子は中学2年生。当然ながら、もう学校からカレンダーをもらって帰ってきたりはしない。宇宙の写真にも、以前ほど興味はない。 何年も貼ったままだった月と地球は、さすがにもう古くなっていたので剥がすこ

            オリジナル

            物心ついた時からずっと「いつかあの場所に還りたい」と漠然と思っていた「森」がある。 幼い頃は過去世の概念なんて知らなかったけど、自分の人生は「これよりもっと前からある」と感じていたし、その「森」は幼い私が行ったことのあるどの森とも違った。 タロットやリーディングの仕方は最初から知っていたと書いたことがあるけど、ここ最近、古代西洋魔術の本を読んでいたら、やはり知ってる内容がたくさん書かれていることに気づいた。 数年前にストーンヘンジに導かれたのも、イギリスに行ってすべてが

            夢の話 [フクロウ]

            夢の中で息子とバスに乗っていると、大きな籠を持った見知らぬ男性が乗り込んできた。 どうやら中には弱ったフクロウが入っているらしく、チラリと覗き込むと確かに元気のなさそうなフクロウがいる。 「弱ってるからもう捨てるんですよ」 という男性の言葉にバスの乗客がみんな困惑した空気になったのだが、 「あの」 と息子が一歩前に出て言った。 「捨てるなら、僕が引き取ってもいいですよね?」 男性は「え、ああ…」と曖昧な笑みを浮かべながらあっさり籠を息子に寄越し、バスを降りていっ

            プレゼント

            心当たりのない荷物が届いた。品名を見るとシャンプーだった。 よくよく宛先を見ると、住所が途中で終わっている上に苗字が間違っている。 だけど大まかな住所は合っているし、名前は私の名前だ。 その間違っている苗字はこの辺にはいないため、誤配送ではなく、ほぼ私宛ての荷物だと思って間違いない。 そうなると購入してもいない品物が届いたということになる。 送り主の会社のHPや口コミを検索してみると、定期購入の販売スタイルで、なかなか解約できない会社だということがわかった。 面倒

            End and Play〜死神の優しさ〜

            先月、庭のパンジーやビオラを「切り戻し」した。 春になり背が高く伸びきったビオラ達は、このままでは地面に倒れてしまうからだ。 私はすべての花を刈り取った。 花たちはいくつものビンに分けて、家のあちこちに生けた。 庭は少し寂しくなったけど、家の中が華やかになったのでよしとした。 さて、星の流れや地球の流れ、様々なシフトの中で今「終わらせる」流れが来ているように感じる。 価値があると思って費やしてきた時間、感情、エネルギー、お金、体。 「そうしなければいけない」と思

            死ぬときの感覚

            「今際の際で見てきたこと」という記事を書いてから時間が経って、さらにあの体験を噛み砕いて消化できた気がするので、前回書ききれなかったことも含めて書いてみようと思う。 人は自分の死期が近づくとわかる、ということは度々耳にする。 映画やドラマで瀕死の人が「俺はもうダメだ」と言うシーンは何度も観たことがある。 実際、私の父も昏睡状態に入ってから一度だけ、私が横にいる時に少し意識を取り戻したことがあり 「もうだめだ。(母)を頼むな。さよなら」 と、振り絞るように言い、また別

            そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

            時々、夢で入り込む「この世の舞台裏」みたいな場所がある。 そこは「色鮮やかな例の世界」とは違い、色彩は三次元より少し薄めな感じで、ほぼリアルでの知り合いしか出てこないのだが、みんな三次元での「役」をやってない状態なのだ。 だから三次元ではライバル的な人がハグしてくれて「ここ(舞台裏)で私と繋がっちゃった方が話が早いよ♪」とアドバイスしてくれたりする。 あるいは、その時起きてる問題について関係者が出てきて「これは長引くから時間かかると思ってて」と運行スケジュールを教えてく

            今際の際で見てきたこと

            息子が中学生になり、赤ちゃんだった日々が遥か遠くへ行ってしまったなと、懐かしく思うことがある。 そのせいか、近頃は赤ちゃんを見かけると未知の生き物みたいに感じる。 謎だらけで、ピカピカ光っていて、体がぐにゃぐにゃと柔らかい姿は、人間の形はしているものの、神様とか精霊の仲間に見える。 生と死は表裏一体だから、赤ちゃんとお年寄りは天国に近い存在だと聞く。 私はコロナ関連のニュースを見るたびにあの時のことを思い出している。 もうダメかもしれないと感じた時の感覚は「この体に

            In the Cocoon〜吊るされている理由〜

            身動きが取れない時に出るタロットのメッセージはざっくり分けると三種類ある。 一つ目は、自分の思い込みや恐怖から動き出せない時。過去の経験から気遅れしていたり、自信の無さからその選択ができない状態だ。 その場合カードは「自分を癒し、古い価値観を壊し、勇気を出して進もう」というメッセージを見せてくる。 二つ目はタイミング。今は休息が必要だから身動きが取れなかったり、他のことが動かないと進まなかったり、単純にもっと準備した方がいい時だったり。 すべては天・地・人(天の声・地