救済ヲ求ム

助けて欲しい。

発症以前に時間を戻して欲しい。

それが無理ならば、救って欲しい。

生死は問わないので、私のこの意識を消し去って欲しい。

苦痛はできれば少なくして欲しい。

もう15年以上耐えたんだ。

それくらい贅沢を言ってもよいだろう?

スキありがとうございます!
3

破砕、集積、記録(全16編)

亡びのB(いきつぎ)

 微分、やがて亡び去るものたちへ
 少女性の匂い立つ
 オレハケフイツタイ何人ノ女ヲハヅカシメタノカト問ヘバ

 <すべてを廃棄するまでの>通過点

 嘘ぶる女であり
 処罰のそれ

 愛の代名性
 こころの扉を閉ぢるまへに
 イノルナカレ
 わたしは愛を信じない分だけ
 愛に従順です

 欠落、木を刈る
 父の不在とは何か
 救済の不可能性が希望のひとつの変形として布置さ

もっとみる
うれしいです
1

自戒

おそらく数分前の車に轢かれて頭部を殴打、片方の眼球を前突してしまった猫を道路の真ん中から道の脇へ移動させた。身体を揺らしても反応はなかったが、もしかしたらまだ生きていたのかも知れない。死んでいるのかわからないにも関わらず当たり前のように移動するだけで、心に「もしかして」とよぎっても救護しなかったことを悔やむな。出来る事をしたならそれで、仕方のないことだってある。自分の力だけでこの世は出来ていない。

もっとみる

サブカル=全体主義?

「作品に罪はない」とよく言うが、本当にそうだろうか?

アラン・ブーローという歴史家の『鷲の紋章学 カール大帝からヒトラーまで』(平凡社)を繙くと、実に興味深いことが分かってくる。

今回取り上げるのは、第七章「視覚の罠ーーナチスの鷲」である。

その中に、次のような箇所(p.176)がある。

 

ドイツ表現主義ほど、全体主義の魅惑的な形態への没頭と非合理的な信奉の収斂を示す文化運動はほかにな

もっとみる

橋本治「90s」 これを忘れた近代はただ“酷い”だけです

たとえば、今や日本人は結構金持ちになってしまったので、貧乏な人を見ると、平気で無関心です。「誰かがお金をあげればいい」と、こうです。貧乏というものがどういうものか分からなくなってしまっているので、貧乏な人に接するということ自体がよく分からないんですね。たとえば、東京には結構路上で寝ている人たちがいます。当たり前なことと言えば当たり前ですが、ちょっと考えてほしいんです。今から20数年前の東京は、今よ

もっとみる

お守り代わりのスリーブレス

簡単に言うと、クレームと言う負の感情の塊を真正面から受け、上司から大したフォローなくけちょんけちょんに言われ、結果自信がボロクソになってしまった私が、FRAMEのスリーブレスの歌詞を見てドチャクソに泣き、SideMにまた人生を救われてしまった、そんなお話。

1・ぶつかり

今の仕事に就いてから一年。コロナ禍を受けて春先はとにかく仕事がなかったが、ようやく最近じわじわと仕事が忙しくなってきた。

もっとみる

「誰かを救いたい」は自分には重荷だった

仕事への思い

個人であっても法人であっても、何かの事業を興す「動機」というのがあると思う。

なんの理由もなく始める人もいるかもしれないし、自分の意思とは関係なく事業を任される場合もあるかもしれない。

そうだとしても、どこかのタイミングで「なんでこれをやっているのだろう?」みたいな動機というか理由にぶち当たる時が来る。

私もあった。

自分なりに探ってみてもよくわからない時は、周りの人を参考

もっとみる
よい人生を!
9

「偏差値が30異なると会話できない」ってほんと?

8月2週目くらいのメモです。

偏差値30違うと会話できないという言説があるが、思考/知能レベルの違いによる理解力や言語力の差によるというよりも、社会階級や生きている領域が違う分、趣味や価値観が異なるから、共通するものが少なくて会話するのが難しいってのもある。現に、偏差値が低くとも、彼らのコミュニティは当たり前なように会話が成り立ってるじゃん。

SNSは家にいながら世界が常に回っていること、友達

もっとみる
えりぽよぽよぽよ~うれしいぽよ~読んで頂きありがとうございます
5

衒いなく「僕愛されていたんだ」と
云えるあなたがだいじなの今日

やさしさが沁みます…ありがとうございます。
4

【見捨てず救い、高めるということ】

かつて、私は、『自ら高まろうとしない人間』に対しては切り捨てるようにしてきました

しかし、今は、
『放っておくが、見捨てず距離を置いて見守る』
ようにしています

切り捨てることと、距離を置いて見守ることは大きく違います

後者は本人が這い上がってくることを信じて待ち続ける ということです

執着心が強く、救って欲しい想いが強い人は、自分を高めることなどまだできません

まずは、その執着を満たす

もっとみる