ユーチューブでも上げています

ユーチューブでも応援してね

今日は憲法を勉強しまあす

被選挙権の性格とは、

まずは15条無しでは語れない

参政権があります

参政権は選挙権の表裏一体の関係である

43条 両議院の選挙、代表

全国の代表である

生存権の権利性

国家は国民一般に対し概括的に責務を負担し国政上の任務としたのであるけれども個々の国民に具体的現実的に義務を有するのではない

25条には単なるポログラム規定で

もっとみる

受益権

国に対して正当に特定の何かを要求できる権利。
つまり、国に求める権利を受益権という。いくつかある。

請願権(16条)

公務員の罷免や法律の制定改廃などに関して希望を述べる権利の保障。

国家賠償請求権(17条)

公務員の不法行為により損害が生じた場合、国または公共団体に対して、その賠償を求めることができる。

裁判を受ける権利(32条)

裁判所に裁判を求めることができる権利。

刑事補償請

もっとみる
感謝です!
1

通信制大学生向け書籍(憲法)

通信制大学生向けに、「憲法」のレポート作成や試験対策に適した書籍(入門書、基本書、演習書、副読本、試験対策本)を出版年月の新しい方からリスト化しています。不足分の追加・入れ替え等は随時行っていきます。

■現代憲法25講 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2020/5/8
片上 孝洋 (編著)

■高橋 和之『立憲主義と日本国憲法 〔第5版〕』有斐閣 (2020/4/15)

■岡田 正則

もっとみる
スキありがとうございます(^^)b
3

#62 自分の憲法

社会人1年目の日記 62日目

こんばんは。だつをです。

あなたの憲法は?

突然ですが、あなたは自分の中に憲法を持っているだろうか。

憲法というものは絶対的なもので、破ってはいけない。どんな状況であっても、相手が誰であろうと自分の憲法は適応される。

つまり憲法とは自分の中の「ブレない軸」となるものである。

自分の憲法を持たなければ、その人は周りの出来事に振り回され、気分の起伏が激しかった

もっとみる
これからも頑張ります!
3

参政権と社会権

憲法で保障される権利シリーズ。

選挙権

公務員を選定し、これを罷免することは、国民固有の権利である。

一定年齢に達した国民全員が平等な1票を持って自由に候補者に投票できるってこと。

明文化されていないが「立候補の自由」も認めらており、「在外選挙制度」と言って以前日本人だった人は外国に住んでいても国政選挙に投票できる。

生存権

すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有す

もっとみる
生きる活力になりました!!
2

会社法

〇6条適用の有無
 取締役会設置会社の取締役が会取締役会の承認が必要であるが当該取締役が
 一人株主である場合でも 取締役の初認が必要か。
 取締役が一人の時は必要でない。株主を害さないではないか。

もっとみる

憲法

憲法〇13条は個人の尊重原理である。〇京都府学連事件は現に犯罪が行われている場合は犯罪の性質、態様から緊急に証拠保全する必要性があると13条違反ではないといっている〇外国人指紋押捺事件指紋自体が私生活や内心の情報ではないがプライバシーの侵害の危険性があり国民の私生活上の事由と関連があるとした。〇13条のどぶろく裁判も自己消費目的の酒類製造の事由が制約されても立法府の裁量権を逸脱し著しく不合理である

もっとみる

法の下の平等

すべての国民は、法のもとに平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

憲法14条1項で、このようにして「法の下の平等」が規定されている。

ちなみに門地とは家柄の昔の言い方。

面白いのは、平等というのが絶対基準の平等ではなく、相対的な平等を意味するようで、合理的な理由で区別する結果不平等が生じるのは許される。

補足として、こ

もっとみる

幸福追求権の保障

全ての国民は、個人として尊重される、生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

これが憲法13条に規定される幸福追求権の保障。

人間が人間らしく生きることを人格的生存と呼ぶが、それを守るために必要な権利が新しい人権であり、幸福追求権に関して実生活に直結する権利はこの後から生まれた「新しい人権」の方。

新しい人

もっとみる
感謝です!
2

特殊事例の人権

人権とは、人が生まれながらに持っている人間として幸せに生きていくための権利。

外国人の人権

外国人の場合、権利の性質上日本国民のみを対象と判断できるものを除き、他は等しく憲法の人権保障が及ぶ。

法人の人権

法人は人間ではないため、権利の性質上可能な限り、憲法の人権保障は法人にも適用される。

公務員の人権

一般国民とは異なる制約を受ける。例えば、公務員は政治的な行為ができない、など。

もっとみる