M&P LEGAL NEWS ALERT #1:日本に上陸した投資仲裁

1. 日本政府に対する初の「投資仲裁」2021年3月、ある香港の投資家が日本政府に対して「投資仲裁」を申し立てた。投資仲裁とは、外国投資家が投資により被った損害の賠償を投資先の国家(投資受入れ国)に対して求める法的手続きである。日本政府にとって投資仲裁の申立てを受けるのは、今回が史上初である。

ここでポイントとなるのは、投資家が政府を訴えているということである。投資仲裁は、日本政府が海外投資家を

もっとみる

条文サーフィン~罪と罰(刑法第二編)の波を乗りこなせ!!~(第4回)脅迫の罪

読み易さは正義!!
「読み」のハードルを下げて、
最速で法律の条文を読んで理解する、帰ってきた「条文サーフィン」です。

「条文サーフィン」は、平面的な条文を立体的に読み込む一つの試みです。

条文サーフィン【刑法】編、はじめました!!

さて今回の罪と罰は、「脅迫の罪」です。

・刑法>「第二編 罪」>「第三十二章 脅迫の罪」(第222条・第223条)

では早速、条文構造を意識して編集した法律

もっとみる
とってもうれしいです。ありがとうございます!!
2

行政書士試験に独学で合格するための戦略

令和元年度行政書士試験に3ヶ月(約500時間)の独学で合格(188/300)した時に考察した内容のまとめ。
主に試験の全体像が分かっていない初学者向け。

■基礎学力
筆者は法律に関してはほぼ初学者の状態で学習に着手した。
ただ、初学者の平均からすると、幾ばくかアドバンテージを持っていたと思う。

①:まとまった勉強時間を捻出できる環境と意思がある(働いていなかった)
②:ある程度の基礎学力と学習

もっとみる

【記事】土壌汚染の報告・調査義務が生じる場合と義務を負う者 – 2019年改正土壌汚染対策法対応

「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士が執筆した「土壌汚染の報告・調査義務が生じる場合と義務を負う者 – 2019年改正土壌汚染対策法対応」と題する記事が掲載されました。

1. 土壌汚染対策法の改正
2. 土壌汚染対策法上の土壌汚染調査・報告義務を負う場合
 (1) 土壌汚染調査・報告義務を負う場合
 (2) 土地の形質変更を行う者による土壌汚染調査・報告義務(土壌汚染対策

もっとみる

【記事】不動産・M&A取引におけるアスベスト・石綿のリスクと実務上の留意点(2020年法改正対応)

弁護士ドットコムのポータルサイト「BUSINESS LAWYERS」において、猿倉健司弁護士が執筆した「不動産・M&A取引におけるアスベスト・石綿のリスクと実務上の留意点(2020年法改正対応)」と題する記事が掲載されました。

1. はじめに

2. アスベストに関する規制

3. 不動産取引・M&A取引におけるアスベスト・石綿のリスクと実務上の留意点

(1) 建物売買時の買主・売主のリスク

もっとみる

なぜ韓国と中国は外交において敵をつくるのか。

最近の国際法の授業で習ったこと。

日本において「国際法」の地位は憲法よりも下、国内法、条例よりも上であり、憲法の次に守らなけらばならない法律とされている。(だいたい)

しかしながら、中国と韓国において、「国際法」の地位は国内法、条例などと同等であり、あまりそこまで重要ではない法律とされている。

例えば、中国による南シナ海不法占拠、韓国による日本政府が韓国の裁判で裁かれた問題。

中国は国際海

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります('ω')
2