まどろみ天使

X (JAPAN)、プラトン、現象学、コーヒー、バッハ、ラヴェル、ミステリを愛する東京…

まどろみ天使

X (JAPAN)、プラトン、現象学、コーヒー、バッハ、ラヴェル、ミステリを愛する東京と沖縄のハーフ。大学院まで古代ギリシア哲学。16から様々な精神的な病気と闘う。セクシュアル・マイノリティ(ややこしくて分類不可能)。個人で行政書士の事務所→体調不良で閉所→甥っ子の家庭教師。

マガジン

  • マガジン追加・コングラボード等お礼のまとめ

    他noterさんがマガジンに追加してくださった記事へのお礼投稿や、コングラボードのまとめです。

  • エッセイ・感想文

    自身のエッセイ(モドキ)、読書感想文・コンサート感想文などをまとめました。

  • テツガクの小部屋

    西洋哲学史の概略を、私見を交えずに、淡々と追うシリーズ。引用に用いる文献のサブタイトルはー理性の運命と可能性ー。哲学は時にとんでもないコトを大真面目に考えたりします。あなたもテツガクしてみませんか。

  • 他noterさんのマガジンに追加された記事

    他noterさまたちよりマガジンに追加していただいた記事をまとめました。

  • 自作の詩まとめ

    16歳から30代前半までに書いた詩をまとめたものに、2023年から再び書き始めた詩を混ぜて発表しています。先入観なく読んでいただきたいため、一切の説明を省くようにしました。記事のカテゴリの中では一番マジメです。

最近の記事

【お礼】マガジン追加と、マガジンフォロー・紹介ありがとうございます!第3弾

7月4日からの分をまとめました。今回は8人のステキなnoterさまたちより、3個のマガジンのフォローと、1個の記事のマガジン追加、および1個の記事の紹介をしていただきました!ありがとうございます。 ①7月4日に、私のマガジン「エッセイ・感想文」と、同じく私のマガジン「自作の詩のまとめ」が、新月下旅舟さまによりフォローされました。ありがとうございます! フォローされた私のマガジンはこちら👇 フォローしてくださったnoterさまのページはこちら👇 ②7月7日に、私のマガジン

    • 【感想文】スメタナとドヴォルザーク@ サントリーホール7.11(前半)

      「芸術に触れよう」という私の2024目標、クラシックコンサートのライナーノーツも3回目だ。今回は2021年末の「第九」以来のサントリーホールで、プラハ放送交響楽団、指揮者はペトル・ポぺルカ。 1926年創設のプラハ放送交響楽団と、1986年生まれのプラハ出身の指揮者に加え、ヴァイオリン協奏曲のソリストは30代初めのようである。また、今回の曲目の作曲家であるスメタナ、ドヴォルザークともにチェコの人であり、今年はスメタナ生誕200周年、ドヴォルザーク没後120年という、チェコ共和

      • 【エッセイ】独白②~自殺未遂~ 

        (過去作) 一度、本気で自殺を図ったことがある。 自室のドアノブにベルトを掛け、首を吊って脱力し、全体重をかけ、自らを放置した。 動機は単純だった。その頃私には、およそ4年間にわたって死神が憑いていて、その真只中にいたからである。 死神は悪魔とは質を全く異にする。(……ここで、死神と悪魔について、その相違点を述べようと思ったが、あまりに気違いじみているので、やめた。) 自殺の勧誘は、無論死神の方の管轄下にある。 死神のとり憑いている間の自殺の決意と、そうでない時の決意

        • 【お礼】コングラボードまとめ第2弾(2024.6.17~)

          みなさまの一つ一つの「スキ」に、感謝申し上げます。 ① 6月17日にいただきました👇対象となった記事はこちら👇 ② 6月17日にいただきました👇 対象となった記事はこちら👇 ③ 6月17日にいただきました👇④ 6月24日に同じ記事・同じハッシュタグで再びいただきました👇⑤ 6月19日にいただきました👇励みになります!⑥ 7月1日にいただきました👇対象になった記事はこちら👇 ⑦ 7月4日にいただきました👇 初めてのサポートです!ありがとうございます😊とても励みになり

        【お礼】マガジン追加と、マガジンフォロー・紹介ありがとうございます!第3弾

        マガジン

        • マガジン追加・コングラボード等お礼のまとめ
          5本
        • エッセイ・感想文
          22本
        • テツガクの小部屋
          20本
        • 他noterさんのマガジンに追加された記事
          8本
        • 自作の詩まとめ
          14本
        • つぶやき・雑記事のまとめ
          15本

        記事

          テツガクの小部屋20 プラトン④

          ・分有説 イデアが存在で、個物は非存在、すなわちイデアの仮象である。しかし不完全ながらも、個物はそれぞれ一定の性質や本性を示している。 例えばこの花は美それ自体ではないが、やはり美しい。このように個物が不完全ながらもそれぞれ一定の性質や本性を示すのは、イデアを分有することによってであるとプラトンは説く。個々の人間がそれぞれ特定の個別性や特殊性を有しながらも人間であるのは、人間それ自体、人間のイデアを分有するがゆえなのである。 これをイデアの方から言うなら、イデアが個物に臨在す

          テツガクの小部屋20 プラトン④

          【お礼】マガジン追加と、マガジンフォローありがとうございます!第2弾

          ① 6月18日に、私の記事「【お礼】マガジンに追加していただきました!」が、aomine ~note発掘隊~さまのマガジン「注目note☆」に追加されました。ありがとうございます! 追加してくださったマガジンはこちら👇 追加された私のマガジンはこちら👇 追加してくださったnoterさまのページはこちら👇 ②6月18日に、HIROYA ISOZAKIさまより、私のマガジン「マガジン追加・コングラボード等お礼のまとめ」をフォローしていただきました。ありがとうございます! マ

          【お礼】マガジン追加と、マガジンフォローありがとうございます!第2弾

          【詩】Dear Cloudy

          Dear cloudy, Cloudy, what a cold pressure you are I can hear you breathe Can you? I am here calling hoarsely in my mind While the sad fact is it’s a tragedy, I know we are on the same stage But this stands between only you and me So if yo

          【詩】Dear Cloudy

          【エッセイ】三島由紀夫は近くて遠い 

          写真は、三島がよく通っていた、熱海の喫茶店ボンネット。その方面に旅行する際はできる限り立ち寄る。三島と深い交流のあったマスターはもう90歳を超えてなお接客をつとめており、彼の話などお聞かせくださる。変わらずお元気だろうか。 三島といえば、高校まで学習院で、同じ学習院の先輩であり、そこに親近感を覚える。実際、彼の作品中には、学習院についての記述も多い。そう、そうだよね、とうなずける場面もある。(最近、全く学習院と無関係の作家が、学習院華族女学校についての本などを参考にして、華

          【エッセイ】三島由紀夫は近くて遠い 

          【エッセイ】独白①~序章に代えて~

          (過去作) 「何処にゆけば苦しみを愛せる」*1 本当の意味で終わりのない終末への旅立ちだった。 死のうと思い始めたのは、しかし、この一節に出会った後からだったと思う。 そして今も、死のうと思っている。 小学生の頃、随筆家になりたいと思っていた。 受験勉強でかなりの量の随筆を読んだ。しかし「これ位なら今の私にも書ける」と常に思っていた。 そのうち小説家になりたいと思った。だがどうしても書けなかった。私は描写が下手であり、最も致命的なことには、物語が作れないのだ。 不登校に

          【エッセイ】独白①~序章に代えて~

          【お礼】コングラボード、これまでのまとめ(~2024.6.10)

          初心者たる私は、最初のうち、その儚さゆえに何度も逃してしまった、コングラボード。そのうち、とりあえずスクリーンショットをするようになるも、みなさんどうやって記事に貼り付けているのかわからず、暫く放置しておりました。 noteを始めてから全てのボードは集められませんでしたが、撮って放置していたものたちを、このたび何とか頑張ってまとめてみました。 みなさまの一つ一つの「スキ」に、改めて感謝申し上げます。

          【お礼】コングラボード、これまでのまとめ(~2024.6.10)

          テツガクの小部屋19 プラトン③

          ・想起説 ・プラトンの知識論・想起説 プラトンは知識(エピステーメ)はイデアに関してのみ可能であり、現象の可視的世界に関しては臆見(ドクサ)があるにすぎないとした。 それゆえ知識は感覚によっては獲得されないとプラトンは主張する。感覚が提示するものは常にこの人間、この三角形、この机といった個物であり、人間一般、三角形一般、机一般といった普遍ではないからである。 知識はしかし、概念的、普遍的性格を有している。例えば三角形の知識は全ての三角形にかかわる普遍でなければならず、この三

          テツガクの小部屋19 プラトン③

          【お礼】マガジンに追加していただきました!

          これまでいくつかの記事を他の投稿者さまのマガジンに追加していただきましたが、始めたばかりで自分の記事にてご報告する方法が分からず、大変申し訳ありませんでした。 このたび6月12日から6月16日までに追加していただいた記事をまとめることができましたのでご報告いたします。 まだできていないのは、私自身の(最初からある)マガジンをフォローして下さった方ヘのお礼リアクション設定と、他の投稿者さまのマガジンに追加していただいた過去の分を見つけられないことです(通知メールはもう消去して

          【お礼】マガジンに追加していただきました!

          【詩】隣人とわたし

          かすかな振動が ほほえみのふるえが 隣人を目覚めさせた わたしは白い陽の中に 堕ちた 隣人のつまびらかな密告によって 誤りに満ちた新月に復讐を宣言する それでも新月はうたう 白い陽を反転させながら うたは近づき やがてわたしの戸を叩く 激しい焦燥の嚥下をしくじり 嘔吐する わたしのまなこは虚空をさまよい 青いくちびるが冷徹に陳述した —こころで見たかっただけなのです— 新月のうたが戸を開けたとき 白目をむいて倒れたわたしを 隣人がどこかへ運び出そうとしていた

          【詩】隣人とわたし

          眠り姫になってしまう稀な症状〜周期性傾眠症とは〜

          5月28日は渋谷のお医者さん(心療内科)へ。二つ聞きたいことがあったし、血液検査もそろそろやってもらわないと、と思い、処方箋もらうだけでなく、診察にした。そういえば、心療内科というのも、比較的最近の呼び方なのか。ひと昔前は「精神科」だった。今でも大学病院などではそう呼ぶのか。ちなみに私が20代の頃入院した大学病院では「精神・神経科」というくくりだった(歌手のコッコさんが同じ時期に入院していた)。 さて一つ目は、眠っているときにたまに体がかゆくて掻いてしまうが、赤くはならない

          眠り姫になってしまう稀な症状〜周期性傾眠症とは〜

          【エッセイ】~impressとexpress~苦しみを愛せるか~

          4月30日投稿「感受性を殺してでも生きるべきか」の続きである。 私が10代後半から30代前半まで苦しかったのは、単純にストレスなどによる抑うつ状態だったからではない。 私は空や雲や風、音楽などの芸術作品、総じて主に美しいものに触れると、味覚を除く五感がめいいっぱい開き、それを自己の中に留めておきたくて、でもそれができずに、体中から、感覚で受け取ったものがあふれ出して、抱えきれないことによって、ずっと苦しんできた。 周りの大人たちは、日記を書け、詩を書け、油絵を描け、と言

          【エッセイ】~impressとexpress~苦しみを愛せるか~

          カップめんのチャルメラ味噌ラーメンを食べました。汁は全部は飲まないし、ナルトがダメなので残します。流しに生ごみが捨ててありました。そこに残りの汁を流してしまいました。にこにこしているたくさんのおじさんの笑顔を、捨ててしまいました。チャルメラおじさんがかわいそうだと思いました。

          カップめんのチャルメラ味噌ラーメンを食べました。汁は全部は飲まないし、ナルトがダメなので残します。流しに生ごみが捨ててありました。そこに残りの汁を流してしまいました。にこにこしているたくさんのおじさんの笑顔を、捨ててしまいました。チャルメラおじさんがかわいそうだと思いました。