解雇が「無効」ってどういうこと?

解雇が「無効」ってどういうこと?

 おはようございます。弁護士の檜山洋子です。  先週ひねった首の痛みが未だに続き、右腕もジンジンと痛みます。  首を傾けると少し楽なのですが、ずっと傾けていると今度は背中が張ってくる・・・  体って全体的に繋がっているなぁと実感しつつ、とにかく早く治って欲しい気持ちでいっぱいです。  さて、首といえば「クビ」。  ということで、今日は、解雇が無効になるとはどういうことか、についてです。  私の首の痛みも無効になればいいのに・・・ 解雇の要件 期間の定めのない労働

スキ
5
【炎上・メディア対応法務】いい対応・悪い対応

【炎上・メディア対応法務】いい対応・悪い対応

今日は割とざくっとした話。 エンターテインメントにかかわっていると必然的に炎上してしまった案件の対応をすることがあります。会社さんでも個人さんでも悪い悪くないにかかわらず炎上ということが起きてしまうこともしばしば・・・。 炎上については、初期で鎮火できるものもあれば、長々と燃え続け最後になってもくすぶり続けるものまで本当に様々。 その中でも燃えているといえるであろう記事というのがこれ。 こういった記事からの 当事者の釈明のような投稿(釈明といえるかもちょっと微妙です

スキ
1
苗字について④

苗字について④

ベーグル法律事務所の弁護士の林正和です。 こんにちは。第4回、よく続いたとホッとしています。 今回で苗字については一区切りとなります。これまで以上に実用性のない豆知識的なものですが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。 さて、前回、「佐藤」から「佐藤」に苗字を変更するという説明をしました。こんな変な変更が必要なのは、法律で同じ苗字と言える場合が決まっているからです。 法律では、同じ苗字だと言えるのは、 ①夫婦 ②親子 この2つの場合だけなのです。 同じ苗字だけど

遺言を残そうと思ったら-13(遺言能力)

遺言を残そうと思ったら-13(遺言能力)

【 自己紹介 】 プロフィールページはこちら このブログでは、弁護士である僕が、もし仮に自分が紛争・トラブルの「当事者」となった場合に、「自分だったこうするだろうな」ということをお伝えしてしています。 僕自身、これまでの人生で大きな紛争・トラブルの当事者となったことがなく、今この瞬間、紛争・トラブルに直面されている方の苦しみや不安を代弁できるような立場にはないのかもしれません。 ただ、自分が紛争の当事者となった際の対処法を弁護士目線でお伝えできれば、それが、ご覧になった

スキ
1
『総会屋を退治する人じゃなくて、総会屋が来たのかと思った』久保利英明×堀威夫
+21

『総会屋を退治する人じゃなくて、総会屋が来たのかと思った』久保利英明×堀威夫

久保利英明×堀威夫(ホリプロファウンダー) 2021年2月対談 vol.2 堀「自分の仕事人生の中で、株式を上場して、非上場にするってこと、同じ人間が2回やったって、そうたくさんはいないと思うんですよね」 久保利「しかも失敗してないのにね。つぶれそうだから非上場とか、つぶれて非上場はあるけれど。そうじゃないですからね。自ら」 堀「どう考えてもね、あの、我が社のような会社は、設備投資はあんまりないんですね」 久保利「うんうん」 堀「まあ、工場なんかはないんでね」 久保利「確

『運て、何なんだ』久保利英明×堀威夫
+11

『運て、何なんだ』久保利英明×堀威夫

久保利英明×堀威夫(ホリプロファウンダー) 2021年2月対談 vol.1 『元気でうらやましい』 久保利「元気でうらやましいなぁ、堀さんみたいな生き方っていうのがね」堀「うらやましがられる立場ではないんですけど、たまたまですね、家内もね、米寿なんですよ」 久保利「堀さんは僕がなんかある度に、氣の話をされましたよね」 堀「僕ね、合氣道、80歳から始めたんですね」 久保利「80から始められたんですか」 堀「相手の氣を呼び込む、プレイングみたいなもんですから、合氣道って」

懲戒処分の通知方法

懲戒処分の通知方法

 おはようございます。弁護士の檜山洋子です。  最近は、手紙を書くことがすっかり減り、何か連絡をしようとするとメールやラインで、ということが増えてきました。  ビジネスの場ではChatworkやSlackの利用を求められることもあり、連絡手段は次から次へと進化しています。  そうした中、タカラジェンヌへの連絡(?)は、個人的な知り合いでなければ、基本的に「お手紙」です(「手紙」に「お」を付けるのも宝塚歌劇団)。  ちょっとしたことを伝えたい時でも、お手紙を書かなくては

スキ
3
UC Berkeley LLM生が受講できるMBA科目

UC Berkeley LLM生が受講できるMBA科目

UC Berkeleyのロースクール生は、UC BerkeleyのMBA(Haas School of Business)のコースを、Haasから許可を得ることで履修することができます(一部科目は不要)。私も、2021年春学期にMBA科目のFundamentals of Businessを履修しました。 Berkeley Lawにいながら、実際にどのようなMBA科目を履修できるか記事にしたいと思います。 ※私がUC Berkeleyに在学していた2021年春学期時点での経

スキ
4
遺言を残そうと思ったら-12(公証人は多分ミスしません)

遺言を残そうと思ったら-12(公証人は多分ミスしません)

【 自己紹介 】 プロフィールページはこちら このブログでは、弁護士である僕が、もし仮に自分が紛争・トラブルの「当事者」となった場合に、「自分だったこうするだろうな」ということをお伝えしてしています。 僕自身、これまでの人生で大きな紛争・トラブルの当事者となったことがなく、今この瞬間、紛争・トラブルに直面されている方の苦しみや不安を代弁できるような立場にはないのかもしれません。 ただ、自分が紛争の当事者となった際の対処法を弁護士目線でお伝えできれば、それが、ご覧になった

スキ
2
契約書の一般条項を理解する〜合意管轄〜

契約書の一般条項を理解する〜合意管轄〜

以前、企業法務を始めたばかりのスタッフから合意管轄について質問を受けました。あれこれ教えてみたものの、わかりやすく伝えることはとても難しいですね。 いざ教えてみると自分の理解が不十分であったことに気付かされ、備忘のために記事を書いてみます。 契約条項の具体例 契約書でよくみかける合意管轄は、万が一、契約書に関して紛争が起こった場合に訴訟を提起する裁判所について合意する条項です。たとえば、以下のような条文です。 第XX条(合意管轄) 本契約に関する甲乙間の訴訟の第一審の専