「図解 コレ1枚でわかる 最新ITトレンド」(著 斎藤昌義)

最近、「デジタル・トランスフォーメーション」、「5G」、「AI」、「IoT」、(一緒にして良いのかわかりませんが)「ポストコロナ」、「ウィズコロナ」など、デジタル化を推進し、生産性の向上を図ろうという時代の流れをひしひしと感じます。

 7月9日の日経新聞の特集(記事を書くのに3日間もかけてしまいました。既にスピード感ゼロです…)

危機を好機にーポストコロナの海図 変わる世界経済 日本も勝機

もっとみる
スキ!ありがとうございます!!
2

#223 うつ病発症63~69日目・発症後368日目 ~いったん実家から刈谷に戻る~

昨日のブログは少し長すぎたので,今日はさっさと本題に入り,うつ病の経過を記録していきます。(第1回目はこちら。第2回目も大事なのでこちらからどうぞ)

(特に書くネタがないだけとは言えない・・・)

【過去のこと・思い出したこと(発症63~69日目)】

・9月9日㈪:7月22日㈪に実家にとんぼ返りして,この日で50日目です(とんぼ返りした経緯についてはこちら)。この日は午前0時30~8時50分の

もっとみる
スキありがとうございます!
2

ご挨拶

弁護士の若松俊樹と申します。このたびnoteを始めることにしました。

 まずは私の略歴を簡単に。

 福島県いわき市出身,高校までをいわきで過ごし,東京大学法学部,慶応義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)を経て,司法試験に合格。10年ほど前に弁護士になりまして,茨城県での勤務を経て,現在は東京で勤務しております。

 取扱分野は,家事事件(離婚,遺産分割等),損害賠償請求,不貞慰謝料請求,多重

もっとみる

3.原告準備書面(1)その1

準備書面(1)
 平成31年4月11日
熊本地方裁判所 民事第○部○係 御中
 原告訴訟代理人弁護士 □□□□

第1 本件不法行為直後の店内の状況について

1 本件不法行為の現場となったクラブ「●●」の店内は、店内見取り図(甲第1号証)のとおりであった。
 同店における原告の源氏名は「ひろ」であった(甲第2号証)

2 本件不法行為(訴状第2 4記載の事実)直後、原告は、しばらく呆然とした後、

もっとみる

20日で転職を決めた話と退職に3か月かかった話8

前回は私が調べた退職までの流れと、退職の導入までお話しました。退職はいかに自分が法律と就業規則を知っているかが勝負となるので、準備を念入りに行いましょう。

今回は、課長からのトンデモ発言からになります。

前回のあらすじ
退職届を課長に提出しようとしたら、身元保証人に責任不履行で訴えると言われました。

課長からの10のお言葉

日時は2018/10/10(水)でした。私から課長に前回のお話を受

もっとみる
明日も是非いらしてください!
2

トラブルのない相続、財産承継の一手法(死因贈与)

トラブルのない相続、財産承継のための一手法として、
死因贈与についてのコメントです。

いわゆる終活という観点から
財産の整理を進めていく中で、
土地や建物という不動産の整理が必要になることがあり、
売買がよいか、贈与がよいか、
遺言でやるのがよいかといったことを考えていた中で、
事務所にあった、
『死因贈与の法律と実務』という本を手に取りました。

「死因贈与」はこれまであまりなじみがなかったの

もっとみる

前澤友作氏新事業による子どものリスク

だいすけです。

この6月、
養育費(別居親が養育に必要なお金を払う)に関する話題が多い。
森法務大臣の養育費強制徴収の話、

そして、前澤有作氏が新たなビジネスをスタートさせた。

養育費の受け取りを支援する会社。

離婚後、協議や算定表に基づき
別居親から養育費を払わなければならない。

しかし、養育費未払の別居親が多いらしく、
困ったシングルマザー、シングルファザーに対して、
養育費を代わり

もっとみる
ありがとうございます🌱
4

専門家と親をつなげる、子育て新規事業サービス!専門家協力者募集!

ススメ、子育て!エキスパートとともに。

オヤコネクトは、子育てをする親と専門家が繋がり・支え合う為のコミュニティプラットフォームです。

現在は、ユーザーアンケートを中心に機能やサービスのヒアリングを実施し、プロトタイプ開発へ反映していく段階です。

*

*

子育てをしていく中で、確かな答えが見つからず思わず声を荒げてしまうことだってあります。
でも、どんな時だって、子どもにはベストを届けて

もっとみる
あなたの力がパワーになります。°( ´:ω:` )°。💗
9

https://www.elite-network.co.jp/voice/entry-49367.html
「島垣 一誠 氏 / 41歳 東京大学 法学部 卒 京都大学大学院 法学研究科 法曹養成専攻 法科大学院 修了 弁護士(第64期司法修習) TOEIC 880点」、これでこんなに苦労するのだから、40代からはありえない。

https://president.jp/articles/-/31511?page=2
「(右)東大ロースクールの入学式で夫と。」「「当時43歳で新人弁護士」、当時で、東大法→新日鉄→東大ロー→司法試験一回目でこれなのだから、40代から資格で人生取り戻すとかありえないのがよく分かる。