小島 雄一郎

モヤモヤしたらパワーポイント。本業は若者研究。著書は「広告のやりかたで就活をやってみた」。プライベートでは人間関係に名前をつけないリレーションシップアナーキーやポリアモリーを。日経COMEMOのオピニオンリーダーをやっていますが、クビになる可能性もあります。自宅の1階は酒屋です。
    • 日経COMEMO

      日経COMEMO

      • 9557本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • 「結婚」は手段か?目的か?

      「結婚」は手段か?目的か?

      • 19本

      いろんなモヤモヤを「それは手段か?目的か?」で考えます。

    • 「誠実なクズ」としてのポリアモリー

      「誠実なクズ」としてのポリアモリー

      • 44本

      お互い合意の上で複数の人と同時に恋人的な関係を持つ「ポリアモリー」をパワポを使って紐解いています。

    • パワポで考えるセックス

      パワポで考えるセックス

      • 5本

      テクニックでもなく、スピリチュアルでもなく、これまでになかった視点でセックスについて考えるマガジンです。

    • エッセイのようなもの

      エッセイのようなもの

      • 3本
固定された記事

「ロマンティック・ラブ・イデオロギー」と「リレーションシップ・アナーキー」はバンド名じゃないけど、パンクロックな気がする…

ポリアモリーを知ってから色んな価値観がひっくり返された。 でも、ひっくり返った価値観で生活をしてみると「むしろ、こっちが表だったじゃないか」と思うことがよくある…

+2

「お酒飲めない=かわいそう」という差別を反省します。

自宅の1階に酒屋さんが入って3ヶ月。 僕の突拍子もない提案を拾ってくれた専務も、よくお店に顔を出してくれる。そんな専務が、ある日突然こんなことを言い出した。 「…

+8

高校1年生の数学で「結婚の意味」に挑んでみた話。

昨日は誕生日だった。 年齢を重ねるごとに「祝われる」という行為が恥ずかしくなって、最近はひっそり過ごしている。 そんな10月26日。 「お祝いする」or「お祝いしない…

+4

今さらですが。PRとプロモーションの話。

「PRの相談をしたい」 「プロモーションの相談をしたい」 一般的にはほぼ同じ意味に聞こえるが、広告を生業にしている私のような人間にとって、この2つはだいぶ異なる意味…

+9

ミッション・ビジョン・バリューってむずかしいから、勝手につくり直してみた。

経営やブランディングの世界でMVVと言うと「ミッション・ビジョン・バリュー」の略で、ちゃんとした会社なら決めておくべき3つのコトのように言われている。 このMVVは「…

+1

「肩書きなんかクソだ!」という肩書きに支配されたクソみたいな話。

僕が連載する日経COMEMOの紹介文には、こんなことが書いてある。 様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサー…