巡り合わせ

巡り合わせの年

東京にきて3年目の2019年、そして令和元年。もうすぐ終わろうとしている。色々とひと段落して、1人で少し向き合うこの時間。お香を焚いて、部屋を少しだけ掃除した。

夏が終わってから、とてもあっという間だった。いつも毎年、夏以降が異様に早く感じるのは私だけだろうか。

少し前に友達と今年を一文字で表すなら何?という話をした。みんな考えて思いつかなかったけど、私は「巡」だなと思った。

2018

もっとみる
スキありがとうございます。少しでも心に響いたのなら嬉しいです。
9

巡り合わせ

2年ぶりに会う先輩と川越にて。

3年前に亡くなった上司とよく行ったお店で、会うなり、止めどなく、話し続け…

10年以上、一緒に働いた仲間とは本当にかけがいないもので、会わないブランクなんて関係のないものだった。

6時に待ち合わせして、

3時間くらいして、次のお店へ。初めて入るそのお店はとてもおいしくて、食べたり、飲んだり、カウンターでこじんまりして。

1時間くらいして入ってきたお客さんは

もっとみる

出会いそして…

2019年12月
出会ってから1年経ったと言うことで
今日はある方の事を書こうと思います。
長くなると思うので
何回かに分けてお送りする予定です。
では、ごゆっくりお読みください┏○ペコ

ちょうど1年くらい前に
私は初めてその人に会いました。
それまで私は全く存在すら知らなかった
では何故会う事になったのか…

その数ヶ月前くらいに友達から
その人の話を聞かされ
YouTubeを見せてもらい

もっとみる
これからもよろしくおねがいします♬
4

今日のテーマ『お金について』

ちょっと浮かれ気分です、ご了承ください( ≖ᴗ≖​)

お金は使えば使うほど巡り回って又自分の所に戻ってくるとか、よく言いますよね?

私基本ケチで、無闇やたらに他人に奢ったりしないし、何か買う時でもちょっとでも安い方を選んだりする。そのくせ欲しいものは結構躊躇せず買ったり、特に洋服関係はちょくちょく買ってはタンスの肥やしになってたり 笑 (流行りすたりがあるじゃない?ねぇ 笑)

それでも私なり

もっとみる
わーいわーいわーいヽ( ˙▽˙ )ノ
4

悪口・陰口は誰の得にもならない

よく平気で人の悪口や陰口を言う人いますよね。
でも、何の得にもならないと思うのです。
私が得にならないと思う理由は以下の通りです。

・不平不満が本人に直接伝わらないので結局何の解決にもなっていない。
・悪口を言われた人はどこかの噂でそのことを知り(だいたいそういうことは漏れるもの)、不信感を抱き、健全な人間関係を築けない。
・特に、同じ職場やチームで活動している仲間内の場合、パフォーマンスが低

もっとみる

#28 「思い入れのある作品」偶然は必然...

今週のお題は

今まで生きてきて、何に影響を受けて、何に感動したり、何に熱くなったのか?

もちろん生きていく中でそれは場面、場面で沢山ありました。

漫画は「スラムダンク」にハマって、これは人生のバイブルだと思うし、各選手の名言は未だに忘れられない。

安西先生の「諦めたらそこで試合終了だよ...」は一生自分に言い続ける名言。

音楽も高校の時にDJにハマって、スーパーでバイトしながらお金を貯め

もっとみる
コメントまで書かれたら、ほれてまうやろ~
19

週5で運動してんなぁ

どーーもーーーバァン
どーーもーーーイェイ

どーも!神保町クラッシャーさぶことさぶです。梅雨がもうすぐそこにせまっている。

起床

 気持ちのいい睡眠から解き放たれると、そこはちょうど正午を回った世界だった。うん。午前中もったいないね。このいつも無駄になってしまっている時間をいかに取り戻すのか。これが今年の通年の課題である。はやく寝てはやく起きるんだ!わい!俺!私!

午後

 適当に木曜日唯

もっとみる

優しさの巡り合わせ

ちょっとした
優しさ

そのちょっとした
優しさは

あなたに伝わり

あなたは誰かに伝え

誰かから私に伝わってくる

優しさを送り
その優しさが 巡りあう

思いが届いてうれしいです(^-^)
1

彗星

あなたには運命の人がいるだろうか?
これが運命だと嘆いたり、この人は運命の人かもしれないとときめいたり、とかくドラマのセリフや曲の歌詞に用いられる。

wikiによれば「運命」とは

人の意思をこえて幸・不幸を与える力、元から定められている巡り合わせ

のことを指すのだという。人生はわりと運で決まってしまう要素が多いためこれをすんなりと受け入れる人の方が多いのかもしれない。

でも、私は違うと思う

もっとみる

椰月美智子(2017)『消えてなくなっても』角川文庫

不思議と親しみを覚えるような人って、なんなのだろう。運命とか、偶然にも巡りあったとか、そういった嬉しい奇跡みたいなことがたくさん起きたらいいのになと思わせる一冊。

憑き物が落ちたみたいにとか昔から言うけれど、そんなふうに人間って変わりうるし、良いことがあっても悪いことがあっても、すぐそこに死があって、それで生にも気付くことが出来る。そんなきっかけになるかもしれない。

もっとみる