【最新版】川上未映子✕読む順番(作品一覧)早見表

川上未映子の小説作品一覧です。

読書体験の参考に役立てて下さいね。

【2007年】わたくし率 イン 歯ー、または世界
【2008年】乳と卵
【2009年】ヘヴン
【2011年】すべて真夜中の恋人たち
【2013年】愛の夢とか
【2015年】あこがれ
【2018年】ウィステリアと三人の女たち
【2019年】夏物語

🔻    🔻   🔻

詳細は以下をご覧下さい♪

もっとみる
心からありがとう( ˙-˙ )❤️
14

きみは赤ちゃん

「果たしてオレの生殖機能ってマトモなんだろか?」

たった35年とはいえ、自分の生殖能力を疑ったのはこの世に生を受けてからはじめて。どうやら35歳を過ぎると男性も身体が老化して、生殖機能もぐっと落ち込んでしまうらしい。お恥ずかしい話、当たり前なんだけど全然自覚してなかった。身体は老いるという事実に。

そんなブライダルチェック真っ最中の病院の待合室で、柄にもなく心配でガタガタと身を震わせながら読ん

もっとみる

「ヘヴン」 川上未映子

2009年に刊行された小説「ヘヴン」。当時放送された川上未映子さんの情熱大陸の中で執筆されていたのがこの小説でした。髪の毛が爆発しているコジマの絵のことをまだ覚えています。発売後すぐ一気に読んだけれどなるべくもう触れたくないという思いが強く、それは良くなかったわけじゃなくてその逆ですごく良かった、でも読むのが辛かった、どこがどう良かったのか考えるために思い出すのがしんどくて、良いと感じた自分の神経

もっとみる
ありがとうございます🎈
8

文体は道具ではない、方法でもない、ただに言葉の選択だけのことでもない。それ以上のものであって、作者の個性に固有な要素ないし特質を生み出すのは、文体なのである。 2020/02/19

 金曜日。意外とゆとりのあるスケジュールかと思いきや色々と呼び出されてて空いてる時間がほぼなくなる。これにて今週も終了。今週は本格的に糖質を抜いているので、四六時中お腹が空いていた。でも2.5キロくらい体重落ちていたので良しとする。

 川上未映子『わたくし率 イン 歯ー、または世界』読了。『すべて真夜中の恋人たち』しか読んでいなかったので、そうか初期はこんなにとんがってたのかということと、大阪出

もっとみる
めちゃ嬉しい、また書くから読んでください
3

一文の威力恐るべし

昨日発売の文藝春秋に芥川賞受賞作品が掲載されていたので、早速購入。

受賞作は、宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』です。
何せ書き出しの一文が凄い。

「推しが燃えた。」

推しがSNSで炎上したらしいです。大変です。この一文でどんどん物語に引き込まれていきます。止まらなくなるやつですね。

最初の一文の凄さで思い出すのは、川上未映子さん『夏物語』

この作品を愛しすぎて本がすっかりボロボロになってし

もっとみる

【心に残る一冊】夏物語(2019年 川上未映子 著)

本や映画などストーリーが存在するものは何でもそうだけれど、感動するポイントとして大きな要因は「共感」にあると思う。たとえばぼくは昔から父と息子の愛情物語に弱いのだけど、それはやはり父と自分を重ねてしまうからだし、今はそこに自分と息子も重ねてしまうからますます感動することになる。

そういう意味において、この作品に対する共感ポイントはゼロに近い。ぼく自身はそれなりに両親の愛情をうけて育った実感があり

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。
2

乳と卵

■書籍名 乳と卵
■著者  川上未映子
 本書で描かれている母子家庭のような親子は現代社会において割とどこにでもいる親子だ。離婚が原因で生活水準が下がり、当座の生活費を稼ぐために母親が水商売に行き着く。生活していくお金は手っ取り早く確保できるが、夕方から夜にかけて母親がいない自宅で子どもが毎日一人で過ごすとは、子どもにとってはどのような心境なのであろう。本書の母子家庭では、母親(巻子)が豊胸手術に

もっとみる

無断で生きてます

「自分の人生の局面を左右する出来事や決心の多くは、いつでもきっと自分の想像を少し超えたところからやってきて、まるで事故に遭うように出会ってしまい、巻き込まれてしまうものです」

これは川上未映子さんのエッセイ『世界クッキー』に出てくる金言だ。ふとしたときに思い出しては腑に落ちる言葉のひとつだ。

人生には地図もカーナビもない。誰もが全容を把握できないまま、とりあえず信じた道を進んでいる。そりゃあ出

もっとみる
見る目ある〜
2

愛の夢とか

川上未映子の「そら頭はでかいです~」を読み終わった。半分面白かって半分何言ってるのかわからなかった。川上未映子は「ヘヴン」「乳と卵」「愛の夢とか」を既に読んでおり初めての小説以外は読んでよかった感あり。

日本の、女性の、小説家は長い間フォローする人がいなかったんだけど川上未映子は引き続き読みたい作家さんで、この人の文章のリズムが独特で偉そうに言うのもアレですがとても独自の文体を持ってる感じがする

もっとみる
スキありがとうございます!
2