どうした 課題、多すぎるぞ…!

大学は講義の最終課題がぞくぞく提示されています。

そろそろ最終レポートに終われる頃かな、とひそかに怯えています笑

本当は計画的にできたら良いのですが……

今はこの状況で大学に通えず、実家からオンラインで講義を受けている状態ですが、なかなか実家だと課題に手をつける気になりません!笑

大学生になってから、かなり余裕を持って課題に取り組むようになったと思ったのに、実家に帰った途端、この様ではまっ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
2

理想的な宿題の形を考える

こんにちは、すうじょうです。ここ数日、忙しいために解説系の記事を出せておらず、今日もその流れ上私の意見について伝える記事になりました。さて、今回は理想的な宿題の形というものを考えていきたいと思います。こういったテーマには、答えは一つに定まらないと思うので、様々な考え方があっていいと思います。なので、ここからは、あくまで私個人(私は先生ではありませんので、どちらかというと生徒視点です)の意見と思って

もっとみる
スキ、とても嬉しいです
2

宿題/課題が多すぎてやる気が出ない 富雄 学習塾 個別指導

個別指導塾 Dr,RISE 富雄教室 koboriです。

やり遂げたい課題や目標が大きすぎる(多すぎる)と、やる気がどうしても出ない時ってありませんか?私もテスト前のドリルの課題がとても膨大で一気にやろうとしても結局ギリギリになってしまったことが何度もありました。

というわけで今回は膨大な量の課題の取り組み方についていくつか方法や注意する点をご紹介したいと思います。

その1 ざっと試験範囲を

もっとみる

ALS女性委託殺人事件についての短大レポート書いてみた

短大の宿題で「憲法に関するニュースもしくは課題」について、概要をまとめ法学的に検討して、コメントを加えなさい。A4一枚程度。というものが出たので、今話題のALS女性委託殺人事件に触れながら書き進めたものを投稿します。

後半では、レポートの規定から飛び出し、安楽死について私の主観的意見をちょことだけお話しします。

「憲法と現代社会における安楽死について」

皆様はALSの女性患者が医師により殺

もっとみる

異例の短い夏休みへ 「まずは宿題」「出かける用事ない」

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う春先の臨時休校で、石巻地方の小中高校では本年度、夏休みが大幅に短縮された。石巻市と東松島市の小中学校はあす7日にようやく1学期の終業式を迎える。とは言え、夏休み期間も例年の3分の1のわずか12日間。コロナ禍で出かけることもはばかられる中、過ごし方の選択肢は広がりに欠く。【近江瞬】

 女川小4年の阿部紅葉さんは「感染の危険が少ないところなら遊びに行きたい気持ち

もっとみる

今年の読書感想文教室について。

こんにちは。
愛知で独自の緊急事態宣言が発令され、少しバタバタしている猿渡です。

夏休み限定で読書感想文教室を開講しているのですが、今年はこのような状況下なのでリアルでの開催は行わないことにしました。
※お話いただいていた方もいたのですが、本当に申し訳ございません。

私の読書感想文教室で大切にしているのは、「賞を取れる、先生に褒められる作文を書く」よりも「思ったことや感想を素直に書く」こと。

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます。
2

おやこくらぶ8/18(火)開催のオンライン講座をご紹介します!

おやこくらぶは、マザーズコーチングスクール(MCS)認定マザーズティーチャーの有志、約30名による団体です。月に一度、第3週目をおやこくらぶweekとし、楽しみながらコーチングを体感していただける子育てなどをテーマとした講座を開催しています。

8月は夏休みスペシャル!

一番のお勧めマザーズティーチャーならではのコーチング講座『夏休みに育む会話』や、お子さんがおうちにいながら楽しめる『おやこくら

もっとみる

『「約束の夏」~あの頃思い描いていたボクたちの今、そしてこれから~』

※「図書室のない学校」シリーズにおいて主要人物である桧木春音が大人になった物語です。大人になった秋音物語を受けて書いた、つまり続きの物語です。

 「ねぇ、春音。昨日は急に帰っちゃって、どうしたの?昨日の春音、なんかおかしかったよ?」
心夏からそんなことを言われて、すぐにピンと来た。秋音くん…。またボクになりすましたんだ、きっと。
「ゴメン、ゴメン、ちょっと疲れてたんだよ。ほらレポートとバイトに追

もっとみる
ありがとうございます!
5

学び方が選べるなら楽しく学べた方がいい。

「なんで宿題やらなきゃいけないの」

「勉強なんてつまんない」

ぶつぶつ言いながら宿題の足し算引き算のプリントをやる小1息子。
プリントが終わると「やっとおわった〜」とタブレットで遊びだす。

画面を覗き込むと、やっているのは足し算引き算のゲームアプリ。

さっきまでさんざんめんどくさい、やりたくない、と足し算引き算をしていたのに、息子はそのゲームアプリでなぜか大量の計算問題を自主的に解いている

もっとみる
よかったらフォローもどうぞ♪
3