収縮

収縮期間?停滞期?蛹の時期?冬眠?アイデンティティの再構築?

いろんなことができるけど
なにができるのかわからない。
.
やりたいことはあるけれど
できればなにもやりたくない。
.
このままでいたいけれど
このままではいたくない。
.
言いたいことはたくさんあるのに
伝える言葉が浮かばない。
.
自分のことしか分からないのに
自分の形がわからない。
.
.
今の私は、なんかそんな感じかなぁとおもう。
なんだろう、収縮期間?停滞期?蛹の時期?
冬眠?アイデンテ

もっとみる

(残り2日)IABPが”怖い”

感じたことはありませんか?

IABPが”怖い”

それは何故ですか?

たまにしか見ないから!?

経験不足だから!?

いや、違うのでは・・・

周りの人が自分よりIABPに詳しいと思って一歩引いてないですか?

IABPに対する恐怖と、あの人の方が出来るからという空気の読み合い

そんなこと考えてたら、いつあなたは成長できるのですか?

このセミナーでは、IABP”怖い”から”得意”になって

もっとみる
いいことがありますように❤️絶対ある!!谷口総志より
1

感情のストレッチ

長く座っていると背伸びしたくなります。適度なストレッチは体のコリをほぐしてくれます。追いつかないことも多いですが(笑)

筋肉はゴムのように伸縮しない
筋肉をゴムのようなものだと思っているとすれば、それは間違いです。筋肉は縮むことしかできません。腕の「力こぶ」をイメージするとわかりやすいかもしれません。

反対に、伸ばす仕組みはどうなっているのでしょうか。曲げるときに縮まった筋肉が緩み、拮抗筋(き

もっとみる
ありがとうございます。良き一日を!
4

知覚心理学②奥行きの知覚

おはようございます。fanfanです。
色彩とアクセサリーのアトリエを営んでいます。

私が心の問題に目を向けるようになったのは、
イメージコンサルタントとして活動しながら、クライアントの皆様がパーソナルカラー診断を受けに来る際に、「変わりたい!」という想いの根底に「人生を変えたい!」という想いを強く感じたからです。

おしゃれはもちろん健康に効果がありますが、やはり本当の意味で人生を向上させよう

もっとみる
Thanks a million!!
4

ストレッチと遠心性収縮とトレーニング

今回はオーストラリアのEdith Cowan大学の運動科学部門ディレクターである、野坂和則教授が来日された際に大阪で行われた講演会でお聞きした内容と、私自身の日々の業務との共通点、そして当店で行うパーソナルセッションの考え方などを絡めてまとめたいと思います

Edith Cowan大学は運動科学などの分野で世界的にも有名な大学で、野坂教授は日本生まれ日本育ちの日本人ですが、東京学芸大や横浜市立大、

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアお願いします😄

緊張しながら動けない

緊張と緩和をバランスとりながら
身体はあなたを支えて動いています。

ただ
部分的に強い緊張が継続し
それが当たり前になってしまうと
自力で緩むことができずバランスが崩れます。

緊張している状態というのは
壁がぴちぴちに迫っている部屋に閉じ込められているような感じ。

すきまがないんです
ゆとりがないんです
余裕がないんです

その状態で
新しいことをしよう
前に進もう
変化したいと思っても

もっとみる

膨張と収縮の繰り返しが宇宙的原理ならば、増えたモノを断捨離して、また増えて、
また断捨離するのも自然の摂理。

モノが呼んでいる。モノが集まってくる。
そして、モノとの別れ。新たな出会い。

あなたに幸あれ❣️私も嬉しいです😆
4

暑い時は、弛緩して表面積を大きくすることで、熱を放出し温度を下げる。

寒い時は、収縮して表面積を小さくすることで熱の放出を抑え温度の低下を抑える。

ものスゴく絶妙な温度調節を実施しているわけだ。

ホント~によく出来たメカニズムだと思う。

あ、これキンタマの話ね。

あはん💖ズキュン! パタリ。
56
ありがとう(*^-^*)今日のあなたに良いことがありますように!
19

膨張と収縮が宇宙の摂理なら、
人の心が閉じたり開いたりするのも、
至極当然なのだ。

ありがとうございます。あなたに愛と平和を❤️
4