あなたに会えて今がある 9.嫉妬

「カナデは優秀ですよ。他のスタッフとはやる気も全然違います。覚えるのも早いですから」カナデは新人の女の子。イツキさんがアタシ以外の子を楽しそうに褒めている「そうですか。良かったですね」無愛想に返事をした「僕がやめてもカナデがいれば安心です」「え?イツキさん、やめちゃうんですか?!」動揺を隠せなかった「いつか自分でお店を出したいとは思っています」「びっくりさせないでください」「うるさい先輩がいなくな

もっとみる

ライバルでもあり、仲間でもある関係。

同じ学校を目指す受験生同士。
そして、彼らは仲の良い友人同士。

Aくんが過去問に挑戦し、
結果は目標点には届きませんでした。

そこで、Bくんに
「教えてあげぇや」
と、ボクは促してみました。

Bくんは一生懸命に自分なりに工夫しながら、
Aくんに教えていたのが、年末のこと。

年が明け、Aくんが過去問に再アタックした時、
前の点数よりも大幅にアップして嬉しいそうに
Bくんに報告していました。

もっとみる
やったーーー!
15

よきライバルを探せ #241

おはようございます。
おまわりさんごっこでずっと逮捕されてる森下です。
------------------------------------

競争心をつけて、競技力を伸ばしてうえでライバルの存在は大きいなと感じます。

他人との比較というのは外発的な刺激なので、相手がいないとモチベーションは上がらなくなるということはありますが、それでもそのエネルギーたるや大きいものがあります。

僕も現役時

もっとみる

主人公を一番成長させるのは「師匠」ではなく「敵(ライバル)」

「センセイのおかげ」
「君が成長する一番の原因は私ではないよ」
「じゃあ誰?」
「敵(ライバル)だ」
(ある師匠と弟子の日常)

こんばんは、LearnTernのAkiです。

今日LearnTernの更新はありませんが、「メタ認知」の記事をちょっとリライトしました。よければ。

別に全体で見ればサボっているわけではないですが、最近は記事の更新が微妙です。もうすぐ100記事なのに。

理由を考えて

もっとみる
嬉しいです!
10

業界2トップ対決! おーいお茶vs伊右衛門「にごりバトル」、チョコモナカジャンボvsエッセルスーパーカップ「巨大化レース」とは?

経済バラエティ『がっちりマンデー!!』(毎週日曜あさ7時30分~放送中/ TBS系)をもっと深く楽しめる、『がっちりスクール!!』。 お金やビジネスについて、一緒に学んでいきましょう!

『がっちりスク―ル!!』では、"読むがっちりマンデー!!”ということで、放送した番組の‟書き起こし”をすぐにお届け。前日の放送を見ていただいた方も見逃した方も、最新の儲かりビジネスやアイデア情報を、仕事のヒントに

もっとみる
スキ嬉しい!
9

赤/緑以来にポケモンやったら感動した話

※この記事にはポケットモンスター ソード/シールドに関するストーリー(序盤)のネタバレが含まれます。これからプレイ予定の方、プレイの予定はなくても絶対にネタバレされたくない方は絶対に読まないでください。

私がはじめてやったポケモンは厳密に言うと赤でも緑でもなく兄が持っていた青で、兄はすでに緑を持っていたので色は違えどさすがに同じゲームは2個出来ないということで私に貸してくれた。コロコロコミックの

もっとみる

しょうらい

浜村凡平です。

某駅の某口の某タリーで子供たちの将来の夢みたいなのが飾られていました。

昔からの「おいしゃさん」や「やきゅうのせんしゅ」、現代っぽい「ゆーちゅーばー」、「これいじょうかぞくのしりょくがわるくならないように」という家族思いやり特化型、色々な夢がある中で見つけました。

いいぞ。普通はM-1で名を馳せて芸能界に飛び込んでいくイメージですが、この子は売れてからM-1を獲るというビジョ

もっとみる
ありがとうございます。架空味噌(小さじ1)、受け取って下さい。
13

ただ、ただ やり続けろ!

みなさんがやろうとしている事。
人気の事や、ライバルが多い事を
やっていれば
もちろん 結果はでにくい。
.
だから
結果がでにくいからこそ
続ければライバルが減っていって
.
そして
いずれは、結果がでやすくなる。
.
.
自分が好きでやっているなら
やり続けることをお勧めします。
.
.
.
#人生 #チャンス #やる気 #成功者 #習慣
#スキルアップ #成長
#sns頑張るよグラム #個

もっとみる

彼を誘惑する女、現る。恋敵に勝つため、本命彼女がとるべき行動とは

世の中には、彼女がいても(時には妻がいても)お構いなしの女性が存在するみたいです。

そう、言わずと知れた名作『NANA』のサチコみたいな女です!(お若い方、知ってますかね?笑)

「...ワザとだよ?」

ってあのセリフ。初めて読んだ時、私震えました。

当時20歳そこそこだった私は、こんなあざとい女に彼の周りをうろちょろされたらたまったもんじゃない!!!!と、漫画だってわかっていながら苛々した

もっとみる