エキゾチックマイタイ

マイタイ

ホワイトラムをベースにホワイトキュラソー、レモン果汁、パインジュース、オレンジジュース、ダークラムを材料に使います。
ダークラム以外をシェイクしてクラッシュアイスを詰めたグラスに注ぎ最後にダークラムを上からフロート、フルーツとストローを添えて完成

パインツリーブレスのオリジナルカクテル「エキゾチックマイタイ」はグァバジュース、マンゴージュース、パッションジュースを使いマイタイよりフル

もっとみる

そこそこ簡単に作れるお家カクテル

書き出して4回目。

いくつかリクエストを頂いたので、今回はその1つにお応えして、今更ながらお家カクテルをご紹介しようと思います。

しかも、超簡単に出来るカクテルではなく、そこそこ簡単に出来るカクテル(笑)

既製品で出来る簡単カクテルよりも、素から作って頂き、カクテル製作の楽しさを少しでも味わって頂けたらと思います。

ただ、手順はめちゃくちゃ簡略化しました。
ちょっとお時間があれば簡単に出来

もっとみる

嫌われ者

「気持ち悪い」
「ウザいんだけど」
「とにかく、無理」
「生理的に」

基本的にそういうことを言う人間は他人の事をどうも思っていない。

毎日すれ違う知らない人間を、自分が傷付けている可能性だってある。

僕はもう、聞き慣れた。
いかに言葉を避けるかなんて、勝手に慣れた。

大きい会社ほど、他人に残酷だったりする。
一概には言えないが。
それは「気付かない」から。

相手に気付かれなければいいのか

もっとみる
ジンのカクテルで世界一飲まれているのはネグローニ🍊
3

キラキラ輝くオレンジのスプリッツ

太陽の日差しが強くなり、夏を感じる時期になると飲みたくなるのが、オレンジがほんのり香り、シュワッとしたアペロールスプリッツ (Aperol Spritz)。ベネチア生まれのカクテルは、ヨーロッパでも人気で夏の定番の食前酒としてよく飲まれようです。

初めて飲んだのは、新婚旅行でベネチアを訪れた時。水の都の夏は、世界中の観光客で賑わい活気に満ち溢れていました。歩いているだけで時間を忘れそうなる世界遺

もっとみる
スキ嬉しいです😆
18

「ドリンクの可能性」

シェフの方が新しい素材に出会うと新しい料理を思いつくというのを聞いたことがあるけれど、コーヒーで作るドリンクは素材が制限されているようで(コーヒーを使ったカクテルやモクテルはたくさんあるけれど、まだまだ非日常的)中々新しいものが思い浮かばなかったりします。

今回は手作りのマカダミアナッツミルクが手に入ったので、何かできないか考えていて、ふと前に飲んだティーコーヒーを思い出して、試作。


もっとみる

コロナアフターの妄想です

こんにちは、たつお・シンフォニーです。
緊急事態宣言解除後の飲食店はどうなるのか?これはすべて妄想です。
三密を避けるのはスタンダードになっていますね、加えてテレワークに備えて無線LANルーターないしホームルーターの設置は必要でしょうね。
パパのテレワークランチセットとか。口開けで入店のパパは13:00くらいまではコーヒー飲んでテレワーク、13:00からランチ。その後はもう一杯のコーヒーで15:0

もっとみる

【スピリッツ入門編】お酒の文化や歴史に触れてみる。

僕がこの記事を通して皆さんに伝えたいことは1つです。

知識を蓄えると、お酒の味が変わります。

いやいやありえない嘘でしょ(笑)って思った方もいるかもしれませんが

これ、本当のことなんです。

もちろん科学的に、味覚が変化することが証明されているとかそういうことではありません。

味が変わることに関して何も根拠はないのですが

そのお酒がどうやって生まれ、どのようにして広まって今自分の手の上に

もっとみる
楽しんでいただけて何よりです!!
6

Hungry to be better

ああ、お腹が減った。
何故人間はお腹が減るのだろう。
食べては出る。食べては、出る。出るのに、食べる。
なぜだろう。
お腹が減ったら、どんなに不味そうなものも、美味しそうに見える。
この現象に名前は付いているのだろうか?動物の本能。付いてないなら、私が付けよう。既に付いてそうだけど。

どうでもいいことを考えながら、立ち上がって部屋を出る。
そして、観音開きの冷蔵庫を開けた。
ウスターソース、ケチ

もっとみる
現代のキリッとしたビール🍺はチェコで生まれました🇨🇿
6