共同通信・大阪支社

近畿・中国・四国地方の15府県で記者約100人が取材中。「顔が見えるアカウント」を目指…

共同通信・大阪支社

近畿・中国・四国地方の15府県で記者約100人が取材中。「顔が見えるアカウント」を目指し、ニュースに補助線を引くようなコンテンツをお届けします。記事末尾の「ご意見・ご感想」からコメント募集中。X@kyodonewsosaka, Instagram @kyodonewsosaka

マガジン

  • 万博パビリオンの歩き方

    「2025年の大阪・関西万博って、どんなパビリオンができるの?」 このマガジンは、そんなあなたの疑問を“少しだけ”解消するために作られました。 開幕は2025年4月。海外の国や日本の企業などがパビリオンの準備を進めていますが、完成はまだまだ先のこと…。 そこで!実際に取材した担当記者たちが先取りして、いろんなパビリオンの特徴を 400字前後ですっきりとわかりやすく、時にはユーモアも交えながらまとめていきます。 この「歩き方」で万博の予習をしちゃいましょう!

  • 万博建設現場の展望日誌

    大阪社会部記者の小林知史(とその同僚)が2025年大阪・関西万博の建設現場を、大阪府咲洲庁舎展望台「コスモタワー」から生暖かく見守る日記です。万博を応援したい人もそうでない人も何か申したい人も、とりあえずみんな集まれ!

  • 47エディターズ

    共同通信が配信しているインターネット向けの記事「47リポーターズ」を、編集を担ったデスクが紹介します。取材の裏話からデスクの思いまで、映画の副音声のように、記事と合わせて楽しんでいただければ幸いです

  • 「私が書いた理由」共同通信・47リポーターズ

    共同通信が配信している深掘り記事「47リポーターズ」について、執筆記者が取材の経緯や記事に込めた思いを語ります。

  • 塀の「ナカ」と「ソト」

    共同通信の記者がこれまでに書いた、非行少年の更生や受刑者の社会復帰に関するnoteを中心にまとめています。

最近の記事

  • 固定された記事

いいことずくめのうまい話なんて…あった!漁師の新たな選択肢「完全受注漁」とは

こんにちは。大阪経済部の我妻美侑です。 私は岡山支局員だった昨年の夏、新たな漁業の形を生み出したご夫婦を紹介する新聞用の記事を書きました。そこでは書き切れなかった話を盛り込んだ「47リポーターズ」が、今年1月に公開されました。 記事はこちらです。 皆さんは普段、魚を食べていますか?私はお寿司や海鮮丼が大好きですし、定食屋さんの焼き魚、煮魚も大好きです。一方、さばいたり調理したりを面倒に思う気持ちから、自宅で食べることはほとんどありません。周りでもそういう人は増えている感

    • 「生まれ変わり」を体験、大阪ヘルスケアパビリオン

      大阪府と大阪市は2050年の都市生活を体験できる「大阪ヘルスケアパビリオン」を出展します。テーマは「生まれ変わり」を意味する「REBORN(リボーン)」。健康や医療分野の最先端技術に触れることができます。*冒頭のイメージは提供:(公社)大阪パビリオン 場所は、会場最寄りの地下鉄・夢洲駅を降りてすぐの好立地です。メインの「体験ルート」では、来場者はまず心血管や筋骨格などの健康データを測定。データから予想される25年後の姿をした自分のアバター(分身)と対面します。そして、協賛企

      • 2024年5月30日

        晴 風 南西 3.2m/s 気温 22.9度  湿度 56% アメダス大阪・午後5時現在

        • 【47エディターズ】5月も万博、赤字路線から「不適切」教育まで読み放題。イノシシに後藤田知事も登場します

          共同通信では、注目ニュースの背景や、知られていなかった秘話、身の回りの素朴な疑問などを深掘りしたインターネット向けの記事「47リポーターズ」を随時配信しています。 当コーナー【47エディターズ】では、現場の記者が書いた記事の最初の読者であり、その狙いや内容を精査し、時に議論を交わして編集を重ねたデスクが、5月の47リポーターズ計6本をご紹介します。 ◆「壊すものを造って、批判を浴びとる。万博は、もっと夢があるもんやと思ってた」工事業者が語った「士気の上がらない現場」 リン

        • 固定された記事

        いいことずくめのうまい話なんて…あった!漁師の新たな選択肢「完全受注漁」とは

        マガジン

        • 万博パビリオンの歩き方
          26本
        • 万博建設現場の展望日誌
          7本
        • 47エディターズ
          10本
        • 「私が書いた理由」共同通信・47リポーターズ
          29本
        • 塀の「ナカ」と「ソト」
          11本
        • ある行旅死亡人の物語
          5本

        記事

          【47エディターズ】サンダーバードから紅こうじ、働き方改革、万博、地域おこしまで「今」読みたい記事がここに

          共同通信では、注目ニュースの背景や、知られていなかった秘話、身の回りの素朴な疑問などを深掘りしたインターネット向けの記事「47リポーターズ」を随時配信しています。 当コーナー【47エディターズ】では、現場の記者が書いた記事の最初の読者であり、その狙いや内容を精査し、時に議論を交わして編集を重ねたデスクが、4月の47リポーターズ計8本をご紹介します ◆ 金沢発最終のサンダーバードに乗ったら…粋な車内アナウンスに涙腺がゆるんだ 北陸新幹線延伸開業に伴い、金沢―敦賀間から姿を消

          【47エディターズ】サンダーバードから紅こうじ、働き方改革、万博、地域おこしまで「今」読みたい記事がここに

          「北陸新幹線“敦賀要塞”完全攻略マニュアル」切符買い方から乗り換えまで

          北陸新幹線が今年3月に福井県の敦賀駅に延伸開業しました。所要時間は短縮された一方、関西・中京方面から福井・金沢に向かう直通の特急列車は廃止され、新たに敦賀駅での乗り換えが必要に。「値段も上がって使いにくくなった」と感じる人も多いのでは? みどりの窓口も次々に廃止されていて切符の販売は予約サイトが中心になりました。操作が難しいところもあります。駅や券売機で割引のない切符をしぶしぶ買っている人も多いのではと思います。 そこで、、、、 損せずに切符を買える方法をJR西日本に聞きま

          「北陸新幹線“敦賀要塞”完全攻略マニュアル」切符買い方から乗り換えまで

          帆船モチーフ、白い幕で包まれたカタールパビリオン (隈研吾さん設計!)

          カタールはアラビア半島にある中東の国です。首都ドーハは、日本のサッカーファンには「ドーハの悲劇」(さらには「ドーハの歓喜」)でおなじみです。 木造の建物全体を真っ白な幕で包むデザインのカタールパビリオンは、ダウ船と呼ばれるカタールの伝統的な帆船がモチーフです。設計したのは東京の国立競技場を考案した建築家隈研吾さん。隈さんは「ペルシャ湾に面したカタールは、日本と同じ海に近い国。両国を象徴する船をモチーフにした」と4月に行われた起工式で話しました。 パビリオンは池に囲まれ、ま

          帆船モチーフ、白い幕で包まれたカタールパビリオン (隈研吾さん設計!)

          赤い糸が結ぶ「愛の賛歌」~フランスパビリオン~

          ボンジュール! 今回お届けするのは愛と美食の国、フランスパビリオンです。(冒頭画像は©Coldefy & Carlo Ratti Associati)。 パビリオン紹介の前に、ちょっとした豆知識をご紹介。みなさんはフランスの一大観光名所であるエッフェル塔が、万博をきっかけに作られたということをご存知でしょうか。 フランスで初めて万博が開催されたのは第1回のロンドン万博から4年後の1855年。そして、フランス革命100年を祝う年である1889年のパリ万博に向けて建築されたの

          赤い糸が結ぶ「愛の賛歌」~フランスパビリオン~

          砂漠に覆われた「神秘」の国がもたらす出会い~トルクメニスタン館~

          中央アジアに位置するトルクメニスタンは旧ソビエト連邦を構成していた国の一つです。 パビリオンは3階建てで、黄色や緑の電飾が華やかに外装を彩ります。国土のほとんどを覆うカラクム砂漠の自然をイメージしています。大きな白馬をあしらったがデザインが印象的です。 国力を支えるのは豊富な天然ガス。首都アシガバートにもパビリオンさながらの白亜の大理石建造物が建ち並んでいます。荘厳な街並みは、近未来SFのようです。 大統領による強権的な国家運営で「中央アジアの北朝鮮」と呼ばれることもあ

          砂漠に覆われた「神秘」の国がもたらす出会い~トルクメニスタン館~

          巨大スクリーンでK-POP鑑賞も~韓国パビリオン~

          今回紹介するのは、日本でもなじみ深い韓国のパビリオン。最近は文化や料理だけでなく、音楽(K-POP)やファッションの分野でも注目が高く、旅行先としても大人気ですよね。 筆者の私も実は大の韓国オタク。落ち込んだときには弘大(홍대、韓国・弘益大学)近くのライブカメラを動画サイトでぼーっと見るのが習慣になっているほどです。交換留学の経験もあり、新型コロナウイルス禍の前は何十回(!)も現地を訪れていました。 あのピリ辛の韓国風屋台おでん、特大サイズのアイスアメリカーノ、学生街のフ

          巨大スクリーンでK-POP鑑賞も~韓国パビリオン~

          【47エディターズ】別れと始まりの3月から「今」読んでほしい記事を紹介します

          共同通信では、注目ニュースの背景や、知られていなかった秘話、身の回りの素朴な疑問などを深掘りしたインターネット向けの記事「47リポーターズ」を随時配信しています。 当コーナー【47エディターズ】では、現場の記者が書いた記事の最初の読者であり、その狙いや内容を精査し、時に議論を交わして編集を重ねたデスクが、3月に出した47リポーターズ計19本を2回に分けてご紹介します。 ■ 犯罪を繰り返した58歳の知的障害者が「ぼく、やっぱり戻りたい」と語る支援施設 近隣は反対、行政は圧力

          【47エディターズ】別れと始まりの3月から「今」読んでほしい記事を紹介します

          バズり記事の裏側は? ダメ出し続けたデスクの真意

          ネットニュースの世界は目まぐるしい。私たちが丹精込めて取材し、執筆した記事は、ヒットすれば瞬間風速的に読まれるものの、数日もすれば読まれなくなるのがほとんどです。「そういう世界だ、仕方ない」と考えるものの、少し寂しい思いを抱いてしまうのも、確かです。 そこで今回は、共同通信大阪社会部が送り出した過去のバズり記事を振り返って紹介したいと思います。 記事のジャンルや方向性はさまざまですが、記者が書いた最初の原稿は必ず「デスク」と呼ばれるエディター(編集者)が客観的な視点で筆を

          バズり記事の裏側は? ダメ出し続けたデスクの真意

          【47エディターズ】能登地震からウクライナ侵攻までデスクが語る!今知っておきたい注目ニュースも

          共同通信では、注目ニュースの背景や、知られていなかった秘話、身の回りの素朴な疑問などを深掘りしたインターネット向けの記事「47リポーターズ」を随時配信しています。 当コーナー【47エディターズ】では、現場の記者が書いた記事の最初の読者であり、その狙いや内容を精査し、時に議論を交わして編集を重ねたデスクが、3月に出した47リポーターズ計19本を2回に分けてご紹介します。 ■ 「普通の家族に戻る。それだけで2年もかかった」ウクライナ避難民のダンサーが語る「祖国が戦場になる」と

          【47エディターズ】能登地震からウクライナ侵攻までデスクが語る!今知っておきたい注目ニュースも

          万博に参加する動機は「どろどろを覗きたい」? 福島県の30代若手建築家が考える「自分事」と「コミュニケーション」とは

          こんにちは。大阪社会部の木村直登です。2025年大阪・関西万博の開幕まで1年を切りました。今回は「建築家に聞く大阪・関西万博シリーズ」第4弾をお送りします。 会いに行ったのは、福島県大玉村を拠点に活動する佐藤研吾さん。 2020年、古民家に建築設計事務所を開設しました。第1弾で取り上げた米澤隆さん※1 と同じく、日本国際博覧会協会(万博協会)の審査で選ばれた若手建築家の一人です。遠く福島から「大阪・関西万博に参加すること」の意味を考え続けていると言います。参加の動機を聞く

          万博に参加する動機は「どろどろを覗きたい」? 福島県の30代若手建築家が考える「自分事」と「コミュニケーション」とは

          【密着】知られざる本音に迫る!刑務官の新人研修

          こんにちは。高松支局の広川隆秀です。 僕は2023年9月中旬から11月の約2カ月半、香川県の矯正研修支所で行われた新人刑務官の「初等科研修」に密着取材する機会を得ました。 全国各地の刑務所や拘置所で働く刑務官。 あまり身近な存在ではなく、近寄りがたいといったイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。 このnoteでは「刑務官ってどんな人?」、「新人研修って何をするの?」といった疑問に答えるべく、全ての刑務官が経験する新人研修を紹介したいと思います。 ◆刑務官の登竜門「

          【密着】知られざる本音に迫る!刑務官の新人研修

          ともに並び、肩を組んで歌って踊ろう!~アイルランドパビリオン~

          アイルランド。名前を聞いたことはあっても、行ったことがある方は少ないのではないでしょうか。私もその1人です。そんな私のアイルランドの原体験は、何と言っても2019年のラグビーW杯日本大会! 国花のシャムロックをあしらった緑色の衣装に身を包み、欧州からはるばるやってきた大勢のアイルランドファンを日本の各地で見かけました。スタジアムではハイネケンのビールを文字通り底なしに飲み、代表チームのために作られた特別な歌「アイルランズ・コール」を熱唱する彼ら。あのとき同じスタジアムにいた私

          ともに並び、肩を組んで歌って踊ろう!~アイルランドパビリオン~