わたしのための部屋

引越して3ヶ月ちょっと。
やっと本棚を置いた。

今まで使っていたものは、色もサイズも息子の部屋にぴったりだったのであげてしまった。

しばらく悩んで買ったのは、当初の予定より少し大きい本棚。
夕方、息子が寝てしまったので、ひとりで組み立てた。ひとりでも意外とできるもんだな。

漫画と小説は実家に置いてきたのでまだ入りそうだけど、色々並べたらガチャガチャした。

部屋には、自分で選んで自分で組み立

もっとみる

もうすぐ26歳になる自分へ

皆様今日も生きてますか?きっと去年の今頃はやれフジロックだやれ夏休みだと叫んでいた思い出があります。今年は生きることが勝ち組になれると確信しておりますひーびです。明日も生きよう。

さて僕は来月の8月25日に26歳の誕生日を迎える。

26歳も25歳も変わらないとは思います。きっとそうでしょう?

そこで26歳になる前に一つやりたいことがある。

ピアノを買いたい。電子ピアノ。

部屋に置いて弾き

もっとみる
スキありがとうございます‼︎
7

色が今日をきめる

好きな色はなんですか?

服やモノなど、気がつくと似たような色を選んでいませんか。

ちなみに僕は、白、ダークブラウン、紺、ダークグリーンが好きです。

この4色が落ちつくんです。

あるときそれに気づいて、この4色に黒を足した5色を自分の基本カラーにしようと決めました。

基本カラーが決まっていれば、モノ選びが楽になります。

服やモノや部屋に色の統一感が出るんですね。

ただ他の色はいっさい排

もっとみる
スキ、どうもありがとうございます^ ^ すごくうれしいです✨
16

マンションが取り壊しになった話

ある日、1本の電話が。
「年末で当物件は取り壊しになります」

ええええええー!!??
電話口で目を見開いて、心の底から驚いた。

そりゃないでしょ‥。と思った。
なぜなら、入居して半年しか経っていなかったからだ。

とても気に入っていた部屋だから、事の顛末を忘れないように記録しておくことにした。

■この部屋に入居する前

この大好きな部屋に入居する前、私は問題大有りな物件を借りていた。

その

もっとみる
ありがとうございます🤭
3

わたしが白い部屋を好む理由

今日は、私の願望と
ちょっと深い?「白色」のお話です。


いま私は生まれ育った故郷の実家に住んでおります🤔
一人暮らしはしたことがなくて
したことあると言えば東京に1ヶ月間、
マンスリーマンションで生活をしていたことくらい。。。

そのマンスリーマンションの
お部屋がまぁなんとシンプルなのを
よく覚えています笑

白い壁に白いベッドに白くないデス

もっとみる
ごちそうさまです!
4

タグの光

不精な性格で、いつも衣替えが遅い。
着るものは夏物なのに、いつまでも冬物をしまえない。
つい最近、在宅でいる時間も増えたので重い腰を上げて衣装ケースを4箱買い、大規模な押入れ改革を行った。

その時に1枚のヒートテックを見つけた。
随分長く着てるため、ボロボロだ。
タグにでっかく「光」と書かれていた。理由は覚えている。

まだ実家に住んでいた大学生の頃、授業に遅刻しそうになり焦っていた。
急いで着

もっとみる
あなたのスキ、受け止めました(キャッチャーミットで)
10

発達障害の特性なのか何なのか、部屋に隙間を作れない。

先日ダンベルとフラットベンチとバーベルを処分した。

家でのトレーニングはチンニングバーとケトルベルで充分だと思ったから。

もちろん部屋は広くなった。

でも何故かしっくりこない。

結局好きなもので埋め尽くされていないと落ち着かないのだ。

ダンベルなどが置かれていたところにはギターや機材が収まることになった。

安かったとはいえ、生活が苦しいのに新たにギター1本と自宅用のアンプが僕の人生に加

もっとみる

住みよい秘密基地づくり

生活スペースを寝室とその他に分けているのだけれど、寝室の横に、居間のローテーブルを移動させた。

 前々から、ベッド横にサイドテーブルがほしかった。以前はそこにおりたたみ式の机を置いていて、ベッドを椅子代わりにして作業ができるようにしていたが、高さが絶妙に悪いこともありすぐに腰が痛くなった。

 休日はベランダでほとんど過ごすようになったのは、この折りたたみの机をベランダに移動させたゆえだ。この机

もっとみる
ありがとうございます!わたしもすきです
6

老け顔/年相応っていつくんの?

今日は悲しい話するよ

よく、若いとき老けてみられる人は

歳取った時、若くみられる→みられがち

って言われないですか?

子供の頃からコレを信じてきたけどさ

いつくんの💢

誰だコレ言ったやつ

でてこい

保育園→小学生

小学高学年→中学生

中学時代→高校生に間違われる

新社会人→大卒と間違われる

まあいい

私が25歳くらいのとき

一人の女性のお部屋を探していた時の話

同い

もっとみる
高校のとき、お父さんにSE○をみられました
45

彼は誰時、廃色の部屋と音楽

まだ夜が明けるか明けないかしている頃、

眠れない僕はカーテンを開けるのは少し身勝手な気がして、まだ仄暗い部屋の中にいてAirPodsで音楽を聞くことが多い。

日頃聞いている音楽はどちらかと言えばその時いる場所、その時身体を取り巻く空気自体が響いているような感覚があるのだけれど、早朝に聞く音楽はもっと身体の内側にあって、それも頭蓋骨の中でだけ反響しているような感覚に思う。 

うすぼんやりとした

もっとみる