TAKESUMI 飾り竹炭「苔庭 (スモールセダム、ちりめん青)」

まいど、株式会社TAKESUMIの代表取締役社長の小松です。

当社では、「竹害」から日本の里山を守るため、ソーシャルビジネスとして、日本の最高級の竹炭を用いたD2Cブランド・竹炭インテリア「TAKESUMI」を展開する竹炭インテリア事業を行っています。

本日も、まずは、竹炭インテリア「TAKESUMI」の商品ジャンルについても、ご説明をしたいと思います。

1.祝い竹炭  胡蝶蘭など祝い花のよ

もっとみる
スキありがとうございます。TAKESUMIは竹害から里山を守ります。
1

Rootsの店内、カナダすぎ、可愛すぎ。
加の大自然🏞️にやられた米人が作ったらしい、カナダの国民的なスウェットメインの服屋さん。

ちなみにこのビーバーは売り物😍

無印の壁につけられるフック

こんばんは。

北欧スタイルに憧れる私です。

私が重宝している無印良品の壁につけられるシリーズのフックをご紹介します。

色は木目の色が感じられるオークとシックな色合いのウォルナットがあり、私はオークにしました。

ピンで金具を固定して、木のフックをかけると完成。

あっという間にカバンや服をかけられるフックがつけられます。

私は部屋に入ってすぐの壁に取り付けて、洋服をかけています。

ネット

もっとみる
やったー!
1

子沢山でもきれいな家

続きです😄

写真は我が家。

なかなか楽しくおしゃれに片付いてきています。

②おしゃれな家にするためにひとつ買い足すとしたら観葉植物

我が家はなんとなく白、茶、ワンポイントに赤を入れています。

大体3色をテーマカラーに決めて統一感を出すとしゃれて見えると聞いて決めている色。

観葉植物の緑はどんな色にも合うことから3色+1で特別に入れてあげていいようです。

で、我が家にもパキラというや

もっとみる
ありがとうございます😊またいつでも読んでください❤️
6

#ふすま屋さんなのに

【和室がない‼︎‼︎】
自宅は和室がないんです。
実家がモロ和風家屋なので、小学生の頃から洋風の出窓がある家に憧れてました。
その反動で1部屋だけあった和室をリフォームでなくしてしまったのはもう10年以上前…
(今も自宅に出窓はありません笑)

【40代に足を踏み入れた現在】
仕事で素敵なふすまや障子を目にすることも多いのも影響してか、だんだん、和風っていいな…と思い出しました。

【これもらって

もっとみる

#インテリアと向き合う

【新しいブランドを立ち上げよう】
社長からの提案で手探りで動き出してから2ヶ月弱が経ちました。

前職のアパレルで店作りや商品に関わってはきたものの、イチから立ち上げるという難しさに直面することに。

今まで経験したことをどこでどう活かせるのかもわからないままスタートを切りました。

【好きなところを10以上言える】
販売をはじめた頃、はじめに教わったこと。
何年か後、商品を考える側になってそれが

もっとみる

お金のこと。 《お店ができるまで02》

実際にお店を経営して行くにはお金が大事です。また、ビジネスの世界では「お金=信用」です。

次の後継者にはこれまでの流れを伝えて、銀行さんとの付き合い方も知っていて欲しい。

ありがとう!
1

フリーランスだと引越しができないと思ってたけど、どうにかできて新居で暮らしはじめたよ

引っ越したら酒置き場を作れた。前は部屋中に瓶が転がってたから、きちんと片付けられるだけで幸せを感じる。

少し前、引っ越したくて不動産屋に行ったものの「個人事業主の方はちょっと厳しいかもしれません」と言われ、引っ越せなかったことがあった。

社会的信用がない現実を叩きつけられて、自分の努力でどうにかできる問題でもなくて「あっ、そう、そうなんだ。へぇ〜〜」って涙目で負け惜しむしかなかった。

フリー

もっとみる
フォローもお願いします!
24

花瓶の話をはじめます。 #3 シリンダー花器編

家に花瓶が無い方や、花瓶はあるけど何だかイマイチ、なんて感じている方に、朗報です。
気がついたら手にとってしまう。花瓶の合わせに迷ったら、まずはこれに入れておいて・・・
よく分からない(失礼)デザインの花瓶や、後々使い勝手の良くないサイズ感のものに惑わされる前に、とにかくこの シリンダータイプ を、おひとつどうぞ。

前回の記事の終わりで触れたように、私が買ってよかった花瓶 No.1。
シリンダー

もっとみる
スキありがとうございます!
5

マンガにでてくるホテルシーン その2

世界のおわりにラグジュアリー 

セクシーボイスアンドロボ / 黒田硫黄

数年前、とあるグループワークで「今日世界が終わるなら最期に何をする?」との話題になりました。当然三代欲求から連想される行動がメジャーコースを占めましたが、同時にお気に入りのホテルのスイートで1日じゅうボーッとできたらいいなとも僕は答えました。何人か賛同者もいました。

物語の主人公ニコは自分の命日を悟って、その舞台としてラ

もっとみる