タバブックス

出版社タバブックスです。『コロナ禍日記』『ランバーロール 03』『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』『夢を描く女性たち』『仕事文脈 vol.16』『山中カメラ現代音頭集』など http://tababooks.com/
    • web仕事文脈
      web仕事文脈
      • ¥400 / 月
      • 初月無料

      すべてのゆかいな仕事人におくるリトルマガジン『仕事文脈』、noteマガジン版です。紙本に収録した記事や、その拡張版、取材のこぼれ話、イベントレポートなどを配信します。

    • tbスタッフマガジン
      tbスタッフマガジン
      • 35本

      タバブックスのアルバイトスタッフによるコラムです。交代で週2〜3本アップしていきます!

    • くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話
      くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話
      • 4本

      ヤマザキOKコンピュータ『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』をもっと楽しむためのマガジンです!

    • すべてのマガジンを表示
  • 失われた賃金を求めて

    失われた賃金を求めて

    著 イ・ミンギョン訳  小山内園子・すんみ定価 本体1700 円+税四六版変型・並製・216ページISBN 978-4-907053-47-52021年2月16日発売装丁:沼本明希子(direction Q)『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』で日本にも鮮烈な印象を与えたイ・ミンギョン、次は男女の賃金格差に斬り込んだ!男女賃金格差がOECD加盟国中「不動のワースト1位」の韓国の社会事情は、「不動のワースト2位」の日本でも共感必至。賃金差別は存在する!解説:西口想「日本で、女性がもっと受け取れるはずだった賃金の金額を求めよ」目次はじめに 1. 昇進 止まっているエスカレーター 2. 考課 「ふりだしに戻る」と「3つ前へ」 3. 同一職級 傾いた床  4. 与えられた条件 ハイヒールと砂袋 5. 雇用安定性 消えていく女性たち 6. 就職  7. 進路選択  8. 達成度評価  9. 資源   終わり-あるいははじまり 解説 日本で、女性がもっと受け取れるはずだった賃金の金額を求めよ  西口想そろそろ多くの読者が気づいていると思う。この問いは、韓国で賃金労働をする女性に本来支払われるべきだったのに払われず、どこかへ消えてしまったお金 、便宜上「失われた賃金」と呼ぶことにするが、そのお金の金額を求めてみようという試みである。また、やっぱり多くの読者がとっくにわかっていると思うが、この問いは「性別を理由にした賃金格差」は実在する、という問題意識のうえでのみ成り立つ。ガラスの天井とは、女性の昇進を阻む障害物がガラスのように透明で、あたかも存在しないかのように見えないかたちでおかれているという意味からきたものであり、割れば壊れる障害物、という意味ではない。ー本書より
    ¥1,870
  • 【祝文庫化!缶バッチ付】はたらかないで、たらふく食べたい  「生の負債」からの解放宣言

    【祝文庫化!缶バッチ付】はたらかないで、たらふく食べたい  「生の負債」からの解放宣言

    2015年に発売した本書が、2021年2月ちくま文庫となって発売されます。残りわずかの単行本、表紙でおなじみのブタさんカメさんの缶バッチ付きで販売します!*1冊につき缶バッチ1個付きです。絵柄はおまかせくださいはたらかないで、たらふく食べたい  「生の負債」からの解放宣言著 栗原康定価 本体1700円+税四六判変型・228ページISBN978-4-907053-08-6 C00952015年4月結婚や消費で自己実現? ウソだ! 豚小屋に火を放て!やりたいことだけをやってはいけない、 かせがなければいけない、買わなければいけない——負い目を背負って生きることを強いられる「生の負債化」が進行する現代社会。今こそ新自由主義の屈折した労働倫理から解き放たれるとき!笑いながら溜飲が下がる、トンデモなさそうで腑に落ちる、この新しい読み心地は何?『大杉栄伝ー永遠のアナキズム』で第5回「いける本」大賞受賞、気鋭の政治学者による爆笑痛快現代社会論目次キリギリスとアリ ―― はたらくこと馬車馬のごとく、あそぶこと山猿のごとし 切りとれ、この祈る耳を  ―― 耳切り一団 3・11になにをしていたか? ――とうとう江戸の歴史が終わった 豚小屋に火を放て ―― 伊藤野枝の矛盾恋愛論 甘藷の論理 ―― うまい、うますぎる! 地獄へ堕ちろ ―― ヘイトスピーチか、それともスラムの念仏か 他人の迷惑かえりみず ―― 心得としての高野長英 お寺の縁側でタバコをふかす  ―― 大逆事件を旅してみれば 豚の足でもなめやがれ  ―― もののあはれとはなにか?大杉栄との出会い ―― 赤ん坊はけっして泣きやまない ヘソのない人間たち  ―― 夢をみながら現実をあるく 反人間的考察 ―― 歴史教科書としての『イングロリアス・バスターズ』 豚の女はピイピイとわめく  ―― 老荘思想の女性観 だまってトイレをつまらせろ ―― 船本洲治のサボタージュ論栗原康(くりはら・やすし)1979年埼玉県生まれ。東北芸術工科大学非常勤講師。専門はアナキズム研究。著書に『G8 サミット体制とはなにか』(以文社)、『大杉栄伝—永遠のアナキズム』(夜光社)、『学生に賃金を』(新評論)がある。趣味は、ビール、ドラマ観賞、詩 吟。あと、錦糸町の河内音頭が大好きだ。「踊ること野馬のごとく、騒がしきこと山猿に異ならず」。それが人生の目標だ。
    ¥1,870
  • 【B本】栗原セット『はたらかないで、たらふく食べたい』+『菊とギロチン』缶バッジ付き

    【B本】栗原セット『はたらかないで、たらふく食べたい』+『菊とギロチン』缶バッジ付き

    『はたらかないで、たらふく食べたい』文庫化記念!著者栗原康さんの著作2冊セット、缶バッジ2個付きでお届けします。破天荒な栗原文体をぜひお楽しみください!*B本=いったん出荷して戻ってきた本です。カバーや帯に若干汚れ、傷みがありますが、乱丁落丁などはありません。本文に問題がなく、なるべくきれいなものをお出しします。『はたらかないで、たらふく食べたい  「生の負債」からの解放宣言』著 栗原康定価 本体1700円+税四六判変型・228ページISBN978-4-907053-08-6 C00952015年4月結婚や消費で自己実現? ウソだ! 豚小屋に火を放て!やりたいことだけをやってはいけない、 かせがなければいけない、買わなければいけない——負い目を背負って生きることを強いられる「生の負債化」が進行する現代社会。今こそ新自由主義の屈折した労働倫理から解き放たれるとき!笑いながら溜飲が下がる、トンデモなさそうで腑に落ちる、この新しい読み心地は何?『大杉栄伝ー永遠のアナキズム』で第5回「いける本」大賞受賞、気鋭の政治学者による爆笑痛快現代社会論http://tababooks.com/books/hatarakanai『菊とギロチン ―やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ』著 栗原康原作 瀬々敬久・相澤虎之助本体2200円+税四六判・並製・432ページISBN978-4-907053-25-3 C00952018年7月関東大震災直後、急速に不寛容な社会へとむかう時代、女相撲とアナキストが出会った- 鬼才・瀬々敬久、構想三十年の入魂作『菊とギロチン』に、異色の政治学者・栗原康がガブリ寄り!希代の取組による破壊的創作評伝小説誕生。 瀬々敬久による映画の後日談「小説・その後の菊とギロチン」収録■著者・栗原康コメント女はよわいから、男にまもってもらえ? だからなにをされても、妻は夫につくさなきゃいけない? おつとめ、ご奉仕、奴隷かよ。いまからおよそ一〇〇年まえ、女たちが家庭をケトバし、女相撲にとびこんだ。ドスコイ、ドスコイ。女たちがホンキでとりみだす。もうなにが男で女なのか、なにがつよくてよわいのか、なんもかんもわかんなくなるくらい、ぶっとんだことをやりはじめる。そうだ、女力士たちよ、つよさの土俵をふっとばせ。怨念と屈辱にまみれたその身体を熱いダイナマイトにかえて、敵のドテッパラにブチこんでやれ。おら、つよぐなりでえ。爆弾の想像力を生きてゆきたい。パンパーーン!http://tababooks.com/books/kikutoguillotine
    ¥2,145
  • もっとみる

活躍しない仕事 宮川真紀 (仕事文脈 vol.07)

 こんどは「一億総活躍社会」だと? これは近未来SFか、ブラックユーモアなのか。と、耳を疑ったのはわたしだけではあるまい。  思えば安倍政権になって以来、次々繰り…

100

学生以上、社会人未満。20

【2月15日】 本日も無事お仕事を終えました! 今日は、いよいよ明日16日から書店に並ぶ新刊『失われた賃金を求めて』(イ・ミンギョン)を、いろんなところへ送り届けま…

ヤマザキOKコンピュータ×宮川真紀『くそつま本』対談 本を作ること、良いエネルギーをめぐらせること

 ヤマザキOKコンピュータさん(ヤマコンさん)の『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』、通称『くそつま本』。20年6月に本が発売されてから半年以上が…

無職の父と、田舎の未来について 第2回 「田舎の未来」を考える・オープントーク 文/さのかずや(仕事文脈vol.2)

「田舎の未来」ブログには、200件を超えるコメントやメールが寄せられたという。実際に地方の仕事の現場の声も多く届いた。それなら、集まっていろいろな意見を聞いて話し…

100

小説 セクシー・後編/兼桝綾 (仕事文脈vol.13)

 仕切り直しとばかりに宴会は続いたが、松永はキンカを連れて引き上げた。部屋にもどるには、離れの宴会場からサンダルをはいて少し歩かなければならなかった。宴会場の窓…

100

小説 セクシー・前編/兼桝綾 (仕事文脈vol.13)

 「浅羽さんは、男っぽい女じゃん。それって結構セクシーなんだよね。一方、松永は、『男』だから、そこには決定的な違いがあるよね」そう言って、先輩Aが手酌しようとし…

100