マガジンのカバー画像

web仕事文脈

すべてのゆかいな仕事人におくるリトルマガジン『仕事文脈』、noteマガジン版です。紙本に収録した記事や、その拡張版、取材のこぼれ話、イベントレポートなどを配信します。
『仕事文脈』最新号の記事や、バックナンバー収録記事、イベントレポートなどを週2〜3回更新します。月… もっと詳しく
¥400 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

40歳、韓国でオンマになりました 第3回:初めての妊娠はコロナ禍とともに/木下美絵(…

「何としてでも感染しない。ただもうそれだけ。」 妊娠中に日記がてら投稿していたSNSを見返…

100
23時間前

小説 スイミング・スクール/兼桝綾(仕事文脈vol.19)

 東京に五輪が来た夏、私は生まれ育った町に帰省していた。  本当ならば父親が、初めて上京…

100

わたしの好きな公共・3(仕事文脈vol.19)

公共施設、パブリックアートなど「公共」と名がつくものでも、気づけばただ行政に管理されてい…

100

わたしの好きな公共・2(仕事文脈vol.19)

公共施設、パブリックアートなど「公共」と名がつくものでも、気づけばただ行政に管理されてい…

100

わたしの好きな公共・1(仕事文脈vol.19)

公共施設、パブリックアートなど「公共」と名がつくものでも、気づけばただ行政に管理されてい…

100

グレーでいていいと言える大人もいる  /宮川真紀(仕事文脈vol.19)

コロナ禍になって4号目の仕事文脈、まさか今またアベノマスクの話をすることになるとは、誰が…

100
2週間前

グレーな酒がいちばんうまい/酒の穴(仕事文脈vol.19)

パリッコ:グレーね〜。そもそも我々「酒の穴」自体がグレーもグレーですよね。 スズキナオ:そうですね。「飲酒ユニット」ってなんなんだという。というか、お酒自体がグレーでしょう。いい面と悪い面があるし。 パリ:はい。そもそも酒って、本当に合法でいいのだろうか? みたいな。考えだすとわからなくなりますよ。 ナオ:健康面とか、コロナ禍の今だとリスクもあるし、マナーやモラルの問題もあるし。ただ、10年後はわからないけど、今はまだお酒が日常のなかにある。居酒屋はどこにでもあって、コンビニ

スキ
3
有料
100

東京五輪に関わった人たち CASE-04(仕事文脈vol.19)

開会の約2週間前に無観客での開催が決まり、東京五輪は多くの人にとってテレビなどメディアを…

100
1か月前

東京五輪に関わった人たち CASE-03(仕事文脈vol.19)

開会の約2週間前に無観客での開催が決まり、東京五輪は多くの人にとってテレビなどメディアを…

100
1か月前

東京五輪に関わった人たち CASE-02(仕事文脈vol.19)

開会の約2週間前に無観客での開催が決まり、東京五輪は多くの人にとってテレビなどメディアを…

100
1か月前

東京五輪に関わった人たち CASE-01(仕事文脈vol.19)

開会の約2週間前に無観客での開催が決まり、東京五輪は多くの人にとってテレビなどメディアを…

100
1か月前

グレーな闘争とトーンポリシング/堅田香緒里(仕事文脈vol.19)

跡地に建つコロナ病棟  この原稿に何を書こうかとぼんやり考えていた頃、友人が入院すること…

100
1か月前

仕事回文 文・杉野あずさ 絵・みりんとおさとう(仕事文脈vol.19)

たぶん、、、正解かい?全部だ。 目に見えない不安が大きくなると、 正しいとか間違っている…

100
1か月前

ホントに何も言わないな/武田砂鉄(仕事文脈vol.19)

 東京オリンピック・パラリンピックは開催すべきではなかった。やるべきではなかったものが結果的に開催されてしまったとしても、こちらの考えを変える必要はない。なんだかんだ観ちゃったよねという声がある。自分もなんだかんだ観た。でも、やるべきではなかったという考えを変える必要はない。  この1年間、繰り返し、オリンピック開催に反対する原稿を書いてきた。担当しているラジオでも意識的に言及してきた。近づくにつれて大々的に反対を表明する人が少なくなるだろうという見込みがあった。案の定、そ

スキ
2
有料
100