マガジンのカバー画像

web仕事文脈

すべてのゆかいな仕事人におくるリトルマガジン『仕事文脈』、noteマガジン版です。紙本に収録した記事や、その拡張版、取材のこぼれ話、イベントレポートなどを配信します。
『仕事文脈』最新号の記事や、バックナンバー収録記事、イベントレポートなどを週2〜3回更新します。月… もっと詳しく
¥400 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

【調査】あの頃、勉強は変だった……/後編(仕事文脈 vol.21)

謎の規則に包まれていた 部活、やっぱり辛いです✏️ 中学生の頃、吹奏楽部で先輩が荷物を持っ…

100
0

【調査】あの頃、勉強は変だった……/前編(仕事文脈 vol.21)

おかしいなとは気づいていた あの頃の特殊なルールたち✏️ 小学3年生の2学期から通い始めたK…

100
0

チサ/さようならアーティスト「愛についてわかったこと、または虹の彼方に。」|虹色…

自転車を壊してしまった。また、だった。チェーンのギアを接続しているアタッチメントがタイヤ…

100
0

nichinichiイシバシアイコ「作ることは生きること、生きることは政治的なこと」|政治…

「なんで装身具屋がブランドのアカウントで政治的な発言をするんですか? 政治をやりたいなら…

100
タバブックス
2週間前
1

惣田紗希「SNSから離れた場所で試みる土台をつくる」|政治×行動=仕事∞(仕事文脈 …

2013年のインターネット選挙運動解禁から、普段の仕事の延長として、投票を促すポスターを個人…

100
タバブックス
2週間前
2

川名潤「私の七年とギロチン」|政治×行動=仕事∞(仕事文脈 vol.21)

自宅から事務所までの通勤ルートのスタートである渋谷区富ヶ谷の交差点にひとつ。それと、ゴー…

100
タバブックス
3週間前
6

公的支援を利用しながら未経験からデザイナーへ E・Nさん/太田明日香(仕事文脈vol.21)

ーー職業訓練については前からご存知だったんですか。 10年ほど前に友人(16号で登場したキャリアカウンセラーの梅山晃佑さん)に教えてもらいました。デザイン関連の訓練に申し込んだのですが、応募者が少なくて開講されませんでした。その時にちょうど梅山さんから前職の求人を紹介されて就職しました。そのおかげで今回の転職のときに気軽に相談できたのだと思います。 ーー前職はどんなお仕事でしたか。 まちづくりコンサルティング会社ですが、基本的には行政からの委託を受けて仕事を受注する流れ

有料
100

中国語の時間/山本ぽてと(仕事文脈vol.21)

渋谷駅から道玄坂の方に向かって五分ほど歩くと、人びとが列をなしているのが見える。大学生ら…

100
タバブックス
1か月前
0

安倍晋三という政治家が力を持った時代、女性や家族、性的マイノリティをめぐる政策は…

9月27日、安倍晋三元首相の「国葬」における「追悼の辞」で岸田首相が述べた「国内にあっては…

100
タバブックス
1か月前
1

仕事回文 文・杉野あずさ 絵・みりんとおさとう(仕事文脈vol.21)

そーだ!おじい政治オーバーだぞ!おじいだらけの政治は、そろそろ潮時じゃない?

100
タバブックス
1か月前
3

アンケート「勉強する理由」【後編】 〜私たちが勉強する時、そこにはどんな理由があ…

私たちが勉強する時、そこにはどんな理由があるだろう。興味関心のため、仕事で役立つから、新…

100
タバブックス
1か月前
0

アンケート「勉強する理由」【前編】 〜私たちが勉強する時、そこにはどんな理由があ…

私たちが勉強する時、そこにはどんな理由があるだろう。興味関心のため、仕事で役立つから、新…

100
タバブックス
1か月前
3

「政治をめぐる文化そのものを変えていく」岸本聡子杉並区長インタビュー【後編】(仕…

分断を煽る文化や風潮を問い直す「政治のフェミナイゼーション」 ──著書『私がつかんだコモ…

100
タバブックス
2か月前
1

「政治をめぐる文化そのものを変えていく」岸本聡子杉並区長インタビュー【前編】(仕事文脈vol.21)

2022年6月19日に行われた杉並区長選挙にて、現職区長をわずか187票差で破って当選した岸本聡子さん。私も在住歴10年以上の区民として固唾を呑んで選挙の行方を見守り、杉並区初の女性区長が誕生した瞬間は思わず叫んでしまうほどの歓喜だった。応援していた候補の当選は素直にうれしい。でも、「選挙に勝った! わーい」で終わらせてはいけないよな……とも思う。これからの杉並区はどうなっていくのか。暮らしと政治をつなげていくためには何をすればいいのか。そんな思いを携えて岸本区長に話をうかが

有料
100