1995年に私は香川の小学校に転校した。2年の途中から3年まで香川で小学生をした。急に制服になりものさしを使い「わからん」という言葉が使われていて驚いた。私はとても弱い存在だった。体育の授業では劣等感を抱いた。背の高い可愛い女子がいたが、遠い存在だった。3年が終わると転校した。

日本に来て受けたトラウマ

人は誰でも一つのトラウマを持っているはず。

ワタシも例外ではありません。

10歳になるまでブラジルのサンパウロに住んでいました。

現在は40歳で、もう日本での生活の方が長いです。

1990年に日本へ来た時は小学校4年生として転校しました。

今では外国人が転校してくるのは珍しくないが、当時は珍しいどころか、ワタシが初めて海外から来た「ガイジン」でした。

見た目は完全に日本人だが、まったく

もっとみる

転勤族の子どもたちへのメンタルケア

我が家は転勤族です。
それも、定期的ではなく突然遠方に飛ばされたり、引っ越したばかりなのに辞令が来たりする、かなりヤバめの転勤族。子供はふたり。

詳しくは前記事をご参照ください。
https://note.com/takeiteasy_s/n/nbf2a0f5dfb00

上の子は現在小学生。保育園1ヶ所、幼稚園1ヶ所、小学校は3ヶ所。
『生まれた瞬間から人見知り』と言っても過言ではないほどの引

もっとみる

内気な昔の僕と社交的な今の僕

どうも!

今回は僕の人生について書かせてもらいたいと思います

僕は小さいときはとても内気な性格でした
あまり友達を欲しがろうとはしていませんでした
友達が少なくても満足していたからだと思います
人前に出ることは恥ずかしくて全くできませんでした
更に自分から話しかけに行くことがとても苦手でした

小4の時、僕は人生で初めて転校をしました
その時までずっと勝手に友達ができていたので全く
友達作りに

もっとみる

多動力🌸#8

毎日ブログを書くことを決めた割に3日くらいサボって、また奮い立たせられた本日でございます。

「いい大学に行くための勉強」はしなくなったものの、今はわたしは自分の好きな事を学べているように感じれる大学に通っています。'感じれる'というのは実際にはどうか、というモヤモヤが生じているからです。

服飾学生は憧れでした。実際に今は憧れていた服飾学生になっています。授業は制作ばかりやるかと言ったらそうでは

もっとみる
ありがとうございます!!感謝感謝🌻
5

脚本25「転校生は遠藤君」

《こんな転校生は嫌だ》

●登場人物
◯千丈(せんじょう)
◯花笠(はながさ)
◯遠藤ティーレックス

●花笠は教室で机に座っている。朝のホームルームが始まる。千丈先生が入る。

千丈「みんなおはよう!」

●勢いよく開けたドアが戻ってきて千丈が見えなくなる。

千丈「みんなおはよう! 今日も朝から元気に行こう!」
花笠「言い直したよ!」
千丈「今日は新しいお友達を紹介するぞぉ」
花笠「幼稚園みた

もっとみる
ぃやっほ~う!
22

転勤って何が大変なのか?という話

我が家は転勤族です。
赴任先は日本全国、だいたいが便利ではないド田舎が中心で、ごくごくごく稀に海外に行くこともあります。

そんな夫と結婚してから、帯同した先は約5ヶ所。住んだ家は約6ヶ所。つなぎで住まざるを得なかった仮の住まいはそれに加えて3ヶ所。
最短3〜4ヶ月というありえないスピードで転勤することもあれば、数年単位で住む場合もあるので、何年に一度…という固定スパンではありません。

子どもた

もっとみる

多感な時期に挑戦する意義🌸#7

人間は大人になるにつれて、感情の豊かさが減っていくそうです。
子供の頃は何にでも好奇心を働かせる事ができ、あれこれ考えずになんでもtryする事ができます。
しかし、特別なことをしない限り、歳をとるにつれて感動を子供ほどは得られなくなるそうです。

私は19歳ですが、その事は痛感しています。

17歳だった時の自分からの手紙を最近読みました。物凄くエネルギーに満ち溢れていて、ハッピーすぎる言葉の数々

もっとみる
ありがとうございます!!感謝感謝🌻
6

今日の本 26

新潮文庫

神様のボート
作:江國 香織
¥438(税抜¥481)

自分自身、生まれてからずっとそのまま同じ街に住み続けています(ほぼ変わらない様な引越しは一度だけした)。小中高と転校生を迎え入れ送り出す側の人間をしていました。簡単に言ってしまえば、何も変化のない日常を繰り返すことが当たり前で、それ以外の世界を知らない生活を送ってきていたのだなあとこの本を読んで思いました。同時に、今まで転校して

もっとみる

今やりたいことは今やることに意味がある🌼#6

高2で全日制高校から通信制高校に変え、ファッションと美容を学べるサポート校に同時転校しました。そのおかげで自分に使える時間が増えたものの、それまでの生活が多忙すぎたため、時間を持て余してしまっていました。
東京にはまだ友達もいなかったので、友達とお出かけなんて事も出来ませんでした。

そこで、東京に来てからやりたかったことを箇条書きで書き、全て実行することを決めました。

一番は発展途上国へのボラ

もっとみる
ありがとうございます!!感謝感謝🌻
4