計画的偶発性理論

長い目で今を生きる

これは、ある本に書いてあった一言。

読んだ瞬間に、「やられた、そうそうこれがずっと言いたかったんだ」と感じた。

それが「長い目で今を生きる」という言葉である。

つまり、人生は、今の連続である。

「過去」は過ぎ去ったと書くし、「未来」は未だ来ずと書く。

その今を精一杯大切にできる人は、人生を大切にしていることと等しい。

逆に、今をないがしろにしてしまう人は、人生そのものをないがしろにして

もっとみる
あなたの今日が素晴らしい一日になりますように‥‥

デザイナーとして成長するためにやってきた5つのこと

ネタを募集したところ、一番投票数が多かった「デザイナーとして成長するためにやってきたこと」を自分の過去を振り返り5つにまとめてみました。

またそこそこ力つけたデザイナーが伸び悩むみたいな課題もリクエスト頂いたので、自分がやってきたことを踏まえ、なるべく参考になるように具体的なアクションもあわせて書いてみました。
(あまり参考にならなかったらごめんなさい)

デザイナーとして成長するためにやってき

もっとみる
素敵!モチベーションになります!
259

キャリアの8割は偶然で決まる

就活生はとりあえず「計画的偶発性理論」をググれ、という言葉を目にしたので、就活生である私はさっそくググってみることにした。

計画的偶発性理論(Planned Happenstance Theory)とはスタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提案した''キャリア論"に関する考え方であり、個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される、というものだ。

なるほど、、2割

もっとみる

キャリアの8割は偶然?

こんにちは!
株式会社未来20卒内定者の南です!

今週もnoteご覧頂きありがとうございます!

また今週もちょっとだけ就活生の方が気になるようなタイトルを付けてみました。笑

キャリアの8割は偶然?

みなさん、「計画的偶発性理論」という言葉を知ってますか?

計画的偶発性理論は、スタンフォード大学のクランボルツ教授が提案したキャリア理論で、

①個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことに

もっとみる

ラッキーは計画して呼び込む

『計画的偶発性理論』

計画された偶発性理論(英語: Planned Happenstance Theory)とは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提案したキャリア論に関する考え方。
個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え方。
-Wikipedia-

計画的偶発性理論は、はっきり

もっとみる
コメントいただけるともっと喜びます(^^)/

非効率の効率とは?トップ営業が「計画的偶発性理論」を薦めるワケ

あっという間に年末ですね。みなさんにとって2019年はどんな年でしたか?
仕事がうまく行った人もいれば、「同期と比べると結果が残せてない」「営業成績がイマイチで伸び悩んでいる」などモヤモヤしている人もいるかもしれません。
年明けから心機一転頑張ってそのまま会社に残るか、転職して環境を変えるか、なんてことを年末年始休暇の間に考えよう…と思っている人もいるかもしれないですね。

そんなあなたに向けて、

もっとみる
スキありがとうございます!
34

偶然が重なり続けて道ができてゆく

今日は毎月恒例SBCラジオ「伊那谷めぐりあい」の収録でした。

今回は、
アメリカスタンフォード大学クランボルツ教授の「計画的偶発性理論」をお話ししました。
キャリアの大部分(8割)は偶然の出来事によって決定されているというものです。
キャリアの理論の中でも好きな理論で、勉強している時になるほどなぁと思ったのを覚えています。

パーソナリティの井口さんと人生をラグビーボールとジャズのセッションにた

もっとみる

そうそう、空き家探してます

noteを昨日書いてみて、今日何を書こうか頭のどこかで考えていた、ように思う。

誰にも頼まれてないけど。

ただ、何か書きたいこと、あったかなーと思うと。

そうだ

「空き家」

探してます。

宮崎県新富町に引っ越して、早半年。
めっちゃ住みやすい。

普通に便利な生活。

だけど、今だからこそやってみようと思えることにチャレンジしてみよう。

何事も計画通りには行かないけど。
行かないから

もっとみる

計画的偶発性理論とアイデア発想術

「計画的偶発性理論/計画された偶発性理論(Planned Happenstance Theory)」は、キャリア理論の考え方の一つで、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱されました。

簡単に言うと、「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」とし、その偶然を計画的に設計して自分のキャリアを良いものにしていこう、という考え方です。

「こんな歩みで出世

もっとみる
遊びのつくり方1「面白い動詞や形容詞を形にしよう」
20