石黒太一

キャリア心理研究家 人と組織の成長をテーマに仕事をしています。 就職、転職、人事、採…

石黒太一

キャリア心理研究家 人と組織の成長をテーマに仕事をしています。 就職、転職、人事、採用、組織開発、マインドフルネス、キャリアについて思ったことについて発信しています。 愛知/名古屋 個別化/戦略性/成長促進/ポジティブ/最上思考

最近の記事

  • 固定された記事

豊かな人がやっていること

どの仕事も人に喜んでもらうためにある。仕事に対する対価として給与という形で報酬を受け取ることができるのは、誰かのために役に立っているからです。タレントやアイドル、アーティストで経済的な成功をしている人は、人を喜ばせているからです。例えば、明石家さんまさんは今も第一線で活躍をされています。経験が長いから活躍し続けているだけではなく、トークや場の作り方、人を楽しませる技術が飛び抜けているからこそ、人気であり続けることがわかります。タレントだから人を喜ばせるのは当たり前だと思うかも

    • 自分の態度を選択する重要性

      私たちの日常生活において、感情は強力な影響力を持っています。喜び、悲しみ、怒り、恐怖など、様々な感情が私たちの行動や思考に影響を与えます。しかし、どんなに強い感情を抱えていても、それがそのまま私たちの態度や行動に直結する必要はありません。実際、自分の態度を選択することで、感情に支配されることなく、冷静かつ建設的な対応を取ることが可能です。 例えば、怒りを感じている時、その怒りを直接的に表現することで、一時的にはスッキリするかもしれません。しかし、その結果として人間関係が悪化

      • チャンスを掴む

        「はい」「Yes」「喜んで」と言うことは、自分の意思を無視し、受け身になることを意味するわけではありません。それはむしろ、目の前に現れた機会を積極的に掴む姿勢を表しています。主体的に行動することの重要性を強調するものです。この姿勢は、ビジネスや日常生活において非常に有効であり、成功や成長に繋がる多くのチャンスをもたらします。 まず、「はい」と答えることの意義について考えてみましょう。これは単に承諾の意思を示すだけでなく、相手に対する信頼と協力の意志を表しています。例えば、上

        • 他人を認める

          他人を認めることは、自分を認めることにつながります。これは一見矛盾しているように思えるかもしれませんが、実際には非常に深い意味を持っています。他人を認めることで、私たちは自分自身の存在や価値を確認することができます。 他人を認めることは、他人の存在や努力、成果を尊重することを意味します。これには、他人の意見を聞くこと、他人の感情を理解しようとすること、そして他人の成功を祝福することが含まれます。これを行うことで、私たちは他人と深い絆を築くことができ、互いに支え合う関係を築く

        • 固定された記事

        豊かな人がやっていること

          行動を起こすきっかけは自分で作る

          行動を起こすためには、明確なきっかけが必要です。しかし、多くの場合、そのきっかけは外部から与えられるものではなく、自分自身で作り出すものです。 明確な目標設定とビジョンの構築 自分が何を達成したいのか、具体的な目標を設定しましょう。目標はSMART(具体的、測定可能、達成可能、現実的、期限付き)であることが望ましいです。例えば、「6ヶ月以内に10キロの減量を達成する」「1年以内に新しいスキルを習得してキャリアアップする」など、具体的な目標を持つことで行動のモチベーションが

          行動を起こすきっかけは自分で作る

          人事制度は誰のものか?

          人事制度は企業が策定するものであり、経営戦略の一環としての人事戦略を具現化したものです。これは、企業が目指すべき方向性や達成すべき目標をサポートするための枠組みであり、労働者の能力を最大限に引き出すことを目的としています。しかし、ここで重要な問いが浮かび上がります。人事制度は本当に企業だけのものなのでしょうか?従業員はただ受け身でその制度に従うだけでいいのでしょうか? 人事制度の役割と従業員の関与 人事制度は、従業員の働き方やキャリアパスに直接影響を与えるものであり、従業

          人事制度は誰のものか?

          仕事を任せる

          仕事を任せることは、組織の効率を上げ、個々の成長を促進する重要なスキルです。しかし、任せる側も任される側も特定の能力と準備が必要です。まず、任せる側には信頼の構築が求められます。信頼は時間をかけて築かれるものであり、日々のコミュニケーションや実績から生まれます。信頼関係があることで、任せる側は安心して仕事を任せることができ、任される側も自信を持って取り組むことができます。 次に、適切な仕事の選定が重要です。任される人のスキルや経験に応じた仕事を選ぶことで、彼らが成功しやすく

          仕事を任せる

          ストーリーで伝える

          人の心を動かす文章を書くためには、何よりもストーリーを重視することが重要です。ストーリーには人を引き込む力があり、読者に感情的なつながりを持たせることができます。 まず、ストーリーの中核となる要素を見つけることが大切です。それは、人々が共感できるテーマや経験です。例えば、困難を乗り越える話や、日常生活の中で感じる喜びや悲しみなど、誰もが共感できる内容を選びましょう。こうしたテーマは、読者に強い感情を引き起こし、文章の中に引き込む効果があります。 次に、ストーリーの主人公を

          ストーリーで伝える

          自分の価値とは

          人の価値について考えるとき、その定義は多岐にわたります。自分の価値とは、他者に対する影響力や社会への貢献度、自身の能力や特性、内面的な満足感など、さまざまな要素が組み合わさって形成されるものです。 まず、自分の価値を見つけるためには自己認識が重要です。自己認識とは、自分の強みや弱み、興味や価値観を理解することです。自己認識を深めるためには、自己分析や他者からのフィードバックを活用することが有効です。例えば、自己分析ツールを用いたり、信頼できる友人や同僚に意見を求めたりするこ

          自分の価値とは

          原因を見つける

          嫌だなと思うことがあるとき、それを無視するのではなく、その原因を見つけて改善することが重要です。 自分が何に対して嫌な感情を抱いているのかを明確にすることから始めます。例えば、仕事に対する不満、人間関係のストレス、日常生活の中で感じる不便さなど、さまざまな要因が考えられます。具体的な状況を特定することで、原因を突き止める手がかりになります。 次に、その嫌な感情の原因を分析します。原因を特定するためには、自分自身に問いかけることが必要です。例えば、「なぜこの状況が嫌なのか?

          原因を見つける

          従業員は本当に思っていることを言えるのだろうか

          企業の人事部門として、従業員が本当に思っていることを自由に表現できる環境を整えることは、組織の健全性と生産性に直結する重要な課題です。しかし、現実には従業員が率直な意見を述べることに対して躊躇する要因がいくつか存在します。 従業員が本音を言えない最大の理由の一つは、心理的安全性の欠如です。心理的安全性とは、個人が意見やアイデアを表明しても、否定されたり罰せられたりしないと感じる安心感を指します。リーダーシップが従業員の意見を尊重し、オープンなコミュニケーションを奨励する文化

          従業員は本当に思っていることを言えるのだろうか

          チームを強くする

          ストレングスファインダーは、自分の強みを発見し、それを最大限に活かすための自己評価ツールです。Gallup社が開発したこのツールは、34の異なる強み(テーマ)の中から自分に最も当てはまるものを特定します。これにより、個人が自分の強みを深く理解し、それを仕事や日常生活でどのように活かすかを具体的に考えることができます。例えば、「達成欲」という強みを持つ人は、常に目標達成を目指して努力する傾向があります。これを理解することで、仕事の進め方やプロジェクトの取り組み方を改善し、より効

          チームを強くする

          緑に囲まれる

          緑に囲まれた環境で深呼吸をする機会を作ることは、現代のストレスフルな生活において非常に重要です。自然の中で深呼吸をすることで、私たちは日常の喧騒から解放され、心身ともにリフレッシュすることができます。これは単なるリラックス効果だけでなく、健康全般に多大なメリットをもたらします。 緑に囲まれることで視覚的な癒しが得られます。緑色は自然の色であり、目に優しく、視覚的な疲労を軽減します。都市部で生活していると、ビルや車、看板などの人工的な景色に囲まれがちですが、自然の中で過ごすこ

          緑に囲まれる

          キャリアを描く

          キャリアを戦略的に描くことは、長期的な成功と自己満足を得るための重要なステップです。単に日々の業務をこなすだけではなく、将来の目標に向かって計画的に行動することで、キャリアを効果的に発展させることができます。まず、自己分析を行うことが重要です。自分の強み、弱み、興味、価値観を明確にすることで、自分に適したキャリアパスを見つける手助けとなります。例えば、リーダーシップに長けている場合は管理職を目指す、技術に強い場合は専門職でのキャリアを追求するなど、自分の特性に合った道を選ぶこ

          キャリアを描く

          定着のためには人事制度

          人の定着には効果的な仕組みが不可欠です。その中でも特に重要なのが人事制度です。人事制度には評価制度、等級制度、報酬制度という三つの大きな柱があります。これらの制度は相互に連携し、人事制度を構築します。一つの制度だけでは十分ではなく、三つが相互に作用することで初めて機能します。 評価制度は社員のパフォーマンスを客観的に評価し、その成果を反映させる仕組みです。適正な評価が行われることで、社員は自分の努力や成果が正当に認められていると感じ、モチベーションが向上します。評価制度は、

          定着のためには人事制度

          人を動かす

          人の心を動かすことは、人間関係やコミュニケーションにおいて非常に重要なスキルです。これは、他者に感情的な影響を与え、行動や思考を変える力を持つことを意味します。このスキルは、リーダーシップ、マーケティング、教育、カウンセリングなど、さまざまな分野で求められます。 人の心を動かすためには、相手の立場や感情を理解することが不可欠です。共感力を持ち、相手の気持ちに寄り添うことで、信頼関係を築くことができます。この信頼関係が、相手の心を動かす基盤となります。 次に、効果的なコミュ

          人を動かす