蔡國強

25.いわきからの贈り物 2004年・カナダ編

■廃船組立て打合せ

2006.06.04  

ホテルのオーナーの好意で車で送られて美術館へ行くが、休みのため中へ入れない。帰りは歩いてホテルへ戻る。きれいな町だ。行きあう町の人々は目が会うと誰もがニコッとほほえむ。とても良い感じだ。

川の脇を歩くとカヌーを楽しむ人、カップルでローラースケートをする人、家族でサイクリングをする人、カナダの6月の天気を満喫している。

ホテルまで歩いて40分間

もっとみる

24.いわきからの贈り物 2004年・カナダ編

■いわきの廃船、カナダでよみがえる


引き上げられた廃船はワシントンD.Cスミソニアン美術館へ送られた Photo:Yoshio.Kanno

2004年3月、いわき市の海岸から1隻の廃船を掘り起こした。世界的現代美術アーテイスト蔡國強氏からの依頼によるものだった。廃船を引き上げ、蔡氏に贈るためにプロジェクトチームが結成される。

チーム名は「いわきからの贈り物プロジェクト」。十数年前、蔡氏が

もっとみる

34.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(11)

■プロジェクトを終えて

苦労の末仕上がった作品「いわきからの贈り物」

■いわきチームからのお礼の手紙

蔡國強様 呉様 蔡スタジオスタッフ様

ニースでは大変お世話になりました。蔡さんや奥さんの呉さん、蔡スタジオスタッフ様のお陰で、今回も楽しく有意義な時間を過ごす事ができました。日本時間の13日(日曜日)午前7時頃成田空港に到着し、いわきへは午前11時ころ全員無事帰りました。(真木さんは東京で

もっとみる

33.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(10)

■最後はいつもうまくいく!!

美術館の屋上は円形になっていた    

屋上からの夜景


2010. 06.11

蔡さんの個展当日である。

前夜遅くまで苦戦して組み上げた廃船の前に立ってみる。そこには昨日、遅くまでかけて皆で作り上げた苦労の影も、腰の痛みを我慢して積み上げながらも何度も何度も崩れたあのセラミックの山の様子は感じられず、完成された一つの作品として、私たちの前にそびえ立って

もっとみる

32.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(9)

■蔡さんと呉さんが言い争う?

「水夫はいつもご飯を待っている・・・」と書いて
昼食を待つ我々を笑わせる蔡さん

2010. 06.10

明日はいよいよ蔡さんの個展のオープニングの日である。

「いわきからの贈り物」の写真が入った大ポスターは、美術館の壁面を覆い、ポスターもパンフレットも全ていわきの船一色である。そして新聞にも載った。

今日1日が大事だ。朝8時にホテルを出発する。いわきチーム全

もっとみる

31.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(8)

大工さんが来ない!なぜ?どうして??

館長(右)に我々いわきチームの意向を厳しく伝える呉さん

■2010. 06.09

今日は、廃船の組立ても終わり大工さんがセラミックを乗せるステージを制作する日である。私たちいわきチームは、その進行状態を管理し間違わないようにすれば良いので、昨日までの廃船組立て作業とは違って久しぶりに気楽な気分で美術館に向かう。

朝一番に昨日の夕方我々が貼ったステージの

もっとみる

99,000分の1本の桜を植えにいわきに行きたくなりました。

川内有緒さん「空をゆく巨人」読みました。たぶん昨年カルカルの「未知の細道」イベントに参加した際にサイン本を購入したのですが読みきれてませんでした。

素晴らしいアートエンターテイメント

結論から言ってノンフィクションとは思えないアートエンターテイメントでした!個人的には原田マハさん著「楽園のカンヴァス」に匹敵するほどのインパクトでした。第16回開高健ノンフィクション賞というのを受賞してるのですか

もっとみる
感謝しまーす!

30.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(7)

■いわきチームがニースの新聞に載った!!

2010. 06.08

朝、いつものようにホテルのフロントに部屋の鍵を渡し、美術館へ出掛けようとすると、ホテルの人に話しかけられる。
彼はフランス語の新聞を見せながら「これあなたたちだろう」と言っているようだ。新聞を見るとそこには、結構大きな写真が載っており、蔡さんといわきチームの全員が載っているではないか。

ニースの新聞Art欄にいわきチームが掲載

もっとみる

29.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(6)

■夕食は自炊で

2010. 06.07

ホテルの朝食は毎日同じ

私達の宿泊しているホテルは、美術館まで歩いて10分。途中にスーパーがあり、かなり便利。もう一つこのホテルの良いところは、近代的なホテルではなく天井が高く、エアコンがない事。必然的に昼間は天井まである窓を開放して涼しくするようになる。この様子から「これならテラスでガスコンロが使えるのでは・・」という考えが私の頭に浮かんだのだった。

もっとみる

28.A Gift From IWAKI いわきからの贈り物(5)

■蔡さんと呉さん

2010. 06.06

今回ニースには、蔡さんの奥さん・呉さん、長女・文悠ちゃん、次女・メイメイちゃんが一緒に来ている。蔡さんと同じように呉さんとも長い付き合いになる。
我々いわきチームがニースに到着した際にも呉さんが空港で出迎えてくれた。私は半年ぶりの呉さんの顔を見つけてホッとした。彼女は二人の子供の母親でもあるが、蔡さんのよき理解者であり、本当に良きパートナーだと思う。

もっとみる