最前線で戦い、負傷し、野戦病院に担ぎ込まれ。。。元気になって、また戦う。

イエスを信じて生きる、というのは、損得勘定で言うと、得もあるし、損もあるよなあ、と思う。

まあ、どんなに損(Loss)が多くても、得(Gain)のほうは「無限の祝福」であるわけだからねー。

なので「損 vs 得」の計算をした結果、つねに無限である得の圧倒的勝利にしかならないんだけど。。。

得とは何ぞやというと、端的に言えば、神を得る、ということが、それだ。

永遠で無限の祝福に満ちた神ご自身

もっとみる
GOD BLESS YOU !
8

デスマッチを戦い、倒れながら、勝利者イエスの完コピを目指す。

生きていると、心のなかで戦いを経験するよね。良心と衝動との戦いだ。

良心 vs 衝動

他人の目があれば、ありがたいことにそれが抑止的な環境になってくれる。ありがとう、他人。。。

もちろん、心のなかでは良心と衝動との戦いがある。にもかかわらず、他人の前ではそんなの微塵もない風に正しくふるまう、というか、ふるまえてしまえる。

でも、他人の目が無ければ、ぜんぜん抑止にならないから、ほんとうの自分

もっとみる
神様の祝福がありますように!
6

「津波てんでんこ」と現代のネット社会

津波てんでんこ

「津波てんでんこ」という言葉をご存知でしょうか。
この言葉は、津波から避難する事についての古くからの教えの言葉です。

海の近くにいて、大きな揺れがあったら、必ず津波が来る。
人のことは気にしないで、てんでばらばらに逃げなさい。

「てんでばらばら」とは、各人が別個に、思い思いにするさまなどを意味しています。
つまり、周りに構わず、各自で逃げなさい、自分の命は自分で守りなさいとい

もっとみる
見てくれてありがとうございます。嬉しいです🙇‍♂️
13

このYouTubeのような人の良心が伝わるものだけを観て暮らしたいです。

赤ちゃんはまだ世界を理解していない。補聴器が挿入されるこの瞬間までは
https://youtu.be/0PxcvfGguo8

ノイローゼ気味なんでしょうか。
不覚にもめっちゃ泣いてしまいました。

↓YouTubeの説明欄より引用させて頂いております。

難聴を持って生まれた赤ちゃん。家族が見守る中、今日初めて補聴器を試します。赤ちゃんの驚きの反応に、家族は感動で涙が止まりませんでした。

もっとみる

また読んでください!
13

承認欲求が前提の多様性だから辛い

みんな違ってみんないい、という詩人の金子みすずの言葉は周知のとおりで、そこにはのどかでどこかノスタルジックな寛容さがあったように思う。昔にも、現代でいう多様性の受容というのはやはりあったのだろう。それが今これだけ声高に多様性と言われるのは、なんだか半ば強制されているようだし、まるで世の中が不寛容な空気で満ちているみたいにさえ思える。

周囲が認めてくれないと自分や個人の存在とは許しては駄目なのだろ

もっとみる
おおきに!

難解なんじゃない、想像するしかない

先日、天神のアニキから薦められ、Amazonで即ポチった遠藤周作『海と毒薬』(1958)が届いたので、一気に読みました。本日はその感想です。一気に読んで一気に感想まで書きあげたもので、誤字脱字以外はなおすつもりがありません。我ながら大層猛々しい文章を書けたものだなと思っています。

感想なので筋をいちいち追うつもりはありませんが、ネタバレも当然のごとくでてきます。ネタバレが苦手な方は、ここで一旦手

もっとみる
ありがとうございます!
15

誰も独りでは生きていけない

生涯の友とする友人がいるか。人は、独りきりでは生きていけない。助けられたり、助けたり、持ちつ持たれつ相互扶助がある中で、調和が保たれていく。自分のことは自分で出来るから誰の助けもいらない、独りでも生きていける。そのことは誰も咎めることはでいない。しかし、本当に自分独りで生きていくことができるだろうか。まずは、親や兄弟、家族がいる以上、その縁を蔑ろにすることは出来ない。自分勝手に無視をして、自分だけ

もっとみる
有難う御座います!!!
4

「一国民の九割強は一生良心を持たぬものである」(芥川龍之介『侏儒の言葉』)――「日本の政権を支配している政治家の10割は金輪際良心を持たぬものである」(『凡人のつぶやき』)

良心をもたない人たちへの対処法

良心が欠如した社会病質(ソシオパシー)の人は、

口が上手いうえに、一見すると魅力的な人に見える。

普通の人は、会社で昇給や昇進などを動機として競争するが、

ソシオパスの競争行動や動機は、人を貶め、支配することだけを目的にして競い合う。

ソシオパスを正確に見抜くのは難しい。

教師や医師、聖職者などには、大勢の人に対して対人関係の影響力がある。

更に疑われにくいのでソシオパスが集まりやすい

もっとみる
スキありがとうございます。あなたが幸せでありますように!

良心と思いやりをもつ人間であるか

「仕事とは、地道に努力していけば精通していくものだが、気を緩めると荒れてしまう」と言われるが、何事においてもこれは当てはまる。

もし大いなる楽しみと喜びの気持ちをもって事業に携わっていくなら、いかに忙しく、いかにわずらわしくとも、飽きてしまったり嫌になってしまうような苦痛を感じるはずもないだろう。

ところがこれとは反対に、まったく楽しさを感じず、イヤイヤながら仕事をする場合だとどうだろう。

もっとみる
スキありがとうございます!!