田口佳史(TAGUCHI, Yoshifumi) / 東洋思想研究家

「人生を豊かに、愉快にする『東洋思想』の知見と言葉」  皆様に、新しい時代の生き方をガイドします!
固定された記事

「東洋と西洋の知の融合」への扉を開け、一緒に歩んで行きましょう!

世界のトップリーダーたちは、今、こぞって「東洋思想」を学んでいます。 それはなぜでしょうか? 単なる教養として学んでいるのではありません。 時代を読み解くための切り…

『君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る』

「論語」の言葉です。 立派な人は義によって行動するが、小人、それ程でも無い人は、利の為に行動する。 義とは何か。 人道や公共の為に行動することをいいます。 多くの…

『君子は器(うつわ)ならず』

「論語」に出てくる言葉です。 「器」とは、特定の役割を持って存在しているものです。 ご飯茶碗に焼き魚を盛る人はいないし、皿に味噌汁をよそう人は多分いないでしょう…

『宇宙無双日(むそうじつ)乾坤(けんこん)只一人』

禅の言葉。 宇宙に太陽は二つない。 乾坤とは天と地。 天と地の間に自分は一人しかいない。 つまり、自分は自分。 何で他人と比(くら)べるのだ。 更に自分には自分の唯…

『行雲流水(こううんりゅうすい)』

禅の言葉です。 私も若い頃は悩みの多い小心者でしたから、しばしば助けられたものです。 何も気にすることは無い。 雲はただ行くばかり。 川の水もただ流れるばかり。 そ…

『百尺竿頭(ひゃくしゃくかんとう)一歩を進む』

禅の「伝灯録」の言葉。 百尺もある長い釣り竿(さお)の先、つまり目標として目指しているところという意味。 そこに達して終るのではなく、更に「一歩を進む」もう一歩…