民主主義下のジャーナリズム下の下の下

エンターキーを押すと、彼の肩はストンと落ちた。崩れ落ちるわけでもなく、一切の音を立てずに「ストン」と。いやまて、この「ストン」は擬音語なのではないのか?だとすれば「音を立てずにストン」はおかしい。手元の三省堂国語辞典によれば[まっすぐ下に・急に落ちる様子]とある。記述はないものの、それが擬音語でないと言われると日本語話者としては腑に落ちないところがある。

何はともあれ、重要なのは彼の肩が落ちたこ

もっとみる

Daily Select News[20.9.2020]

9月20日(日)のデイリー・セレクト・ニュース|休日版
表紙画像:Mücahit DumanによるPixabayからの画像

[今日の翻訳記事:休日版]
 香港に対する統制の強化や,ウイグル人に対する弾圧など,中国政府に対する人権についての懸念が,世界的に高まりつつある.だが,権利について最も関心を持っている筈の欧州連合(EU)は,対中対応では結束を欠いている.それは何故なのか? その要因の一つ

もっとみる
私が薦めたい格言:Plvs Vltra(もっと先へ)
3

自由民主主義vs共産主義 or 自由民主主義≒共産主義 or 自由民主主義⊃共産主義

9月14日に自由民主党の総裁選が行われた。
前任者の意向を反映するため、(そして前任者の犯罪疑惑に蓋をするため)、主要派閥により議員票が取りまとめられたの事だ。

これは自由で民主的な事だろうか。

 自由民主主義とは、民主主義とは、何だろう。

 実は、民主主義には定義などないのに近く、
民とは誰か、また民が何を望むかどうかによって真逆に近い位の意味がある。

ソクラテスを殺したのも、ヒトラーを

もっとみる
ありがとう!
41

【1分だけ哲学】見えない搾取

知らないままだと、気付かない間に飲み込まれますよ。
なので今、知りましょう。

今回のニュースはこれ

日本のスーパーシティ構想に対する警戒の声が上がり始めています。

スーパーシティって何?

まず、2年ほど前から注目され始めた「スマートシティ」とは何かを知っておく必要があります。スマートシティとは、ある特定分野のスマート化を目指している地域です。例えばスペイン・バルセロナでは、「交通インフラ」

もっとみる
とても嬉しいです!ありがとうございます!
5

有罪デモクラシー③

民主主義の重大な欠点は「確固たる物差しの欠落」である。前回の話では民主主義を一生懸命肯定したが、何かを肯定するのに一生懸命にならなければならないのが民主主義のルールにおける厄介なところである。議論の前提は聞き手のコンセンサスがとれていないといけないものだが、多様な価値観を認めてしまうことはその前提を否定することをも認めてしまうことである。些か極端な例えではあるが、前提を共有しないまま議論ができない

もっとみる

『いまを生きる手習い塾』Vol.2始まります!

第一期を終えて

初めての試みとして、6月〜8月にかけて開催した『いまを生きる手習い塾』、参加者のみなさんには楽しんでいただけたようで何よりでした。
私自身もみなさんとの対話がとても楽しく、充実して、勉強になる時間でした。日本語って、母国語だけど、おとなになると難しく感じるものなんだな、とか、ジャーナリズムって、ジャーナリストだけが知っていればいいことではなく、民主主義社会に生きる私たちみんなが知

もっとみる
ありがとう〜!これで明日からも楽しい一日になります!
13

どうやって気候変動を食い止めるのか、僕なりの答えを #GoodCall で語ってきました。

小田真人です。兵庫県神戸市のKiP(起業プラザ)でやっている「アイデアをシェアして参加者で共感を広げる」ことをテーマにしたイベントGood Call、記念すべき13回目に出てきました。

気候危機、大変ですよね。
気候は肌感覚としても日々おかしくなり、日本では台風も目に見えて大きくなってきました。

これは、私自身の起業の動機にもなっているのですが、環境問題はいよいよ大変になる。一人一人が環境にい

もっとみる
ありがとう、今からギターをかき鳴らします(^^)
1

安倍政権の終焉と、これからの未来に向けて

「自分のことだけを考えるんじゃなくて、みんなのことを考えた方が良い」の"みんな"を、国までしかイメージ出来ない人と、世界全体までイメージ出来る人がいる。

「恐らくほとんどの人は国までしかイメージ出来ないので、結局は国家主義的規範でまとまるしかないのだ」という人を見下したある種の諦観に20代の僕は囚われていた。

「どんなに素晴らしい理想だろうと、『バカの壁』に阻まれてしまうのならその『バカの壁』

もっとみる