近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター

オードリー・タンからカルチャー界隈まで、生活者目線で取材。著書『オードリー・タンの思考…

近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター

オードリー・タンからカルチャー界隈まで、生活者目線で取材。著書『オードリー・タンの思考』『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」』『まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう』『台湾はおばちゃんで回ってる?!』Voicyも👉https://beacons.ai/yaephone

マガジン

  • 有料版「台湾が気になるあなたへ」

    有料記事や、無料マガジン「台湾が気になるあなたへ」の中から、有料マガジンへ移行した記事たちです。生活者として、取材者として、ガイドブックには載らない台湾の話をお届けします。ワンコイン500円で、月に5本程度は更新する予定です。

  • オードリー・タンの父方の祖母・ツァイ・ヤーバオの自伝

    オードリー・タンさんの父方の祖母・ツァイ・ヤーバオ(蔡雅寶)さんの自伝を、ボランティアで翻訳させていただくことになりました。翻訳が終わり次第、五月雨式にはなりますが、少しずつnoteで公開していきます(最後にはひとつのPDFなどにして、無料で公開する予定ですが、きっとまだしばらく時間がかかると思います)。

  • 台湾旅行におすすめ

    二人の子どもと台湾で暮らすライターが日本から台湾旅行に来る方におすすめできると思った自分のnoteをまとめていきます。

  • 台湾が気になるあなたへ

    台湾で生活し、日々取材を重ねるなかで「これは日本に届けたい」と思ったトピックについて、時にインタビューも交えながらお届けする、台湾あちこち見聞録。多様性/教育/ジェンダー/環境/サステナブル/カルチャー/デザイン/マーケティング/デジタル・IT/海外移住/子育て…といった領域が中心になると思います。【一部記事は公開後、随時、有料マガジンへ移行します。個人的にはもっとふくらませたい取材の企画ネタ帳でもあるので、メディアから寄稿ご依頼も大歓迎です】

  • 『心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ』(日経BP)

    2024年5月発売の新刊『心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ』関連の情報をまとめます。

ウィジェット

  • 商品画像

    心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ

    近藤弥生子
  • 商品画像

    台湾はおばちゃんで回ってる?! (だいわ文庫)

    近藤 弥生子
  • 商品画像

    まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう (SB新書)

    オードリー・タン
  • 商品画像

    オードリー・タン 母の手記『成長戦争』 自分、そして世界との和解

    近藤 弥生子
  • 商品画像

    オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと

    近藤 弥生子
  • 商品画像

    心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ

    近藤弥生子
  • 商品画像

    台湾はおばちゃんで回ってる?! (だいわ文庫)

    近藤 弥生子
  • 商品画像

    まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう (SB新書)

    オードリー・タン
  • 商品画像

    オードリー・タン 母の手記『成長戦争』 自分、そして世界との和解

    近藤 弥生子
  • 商品画像

    オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと

    近藤 弥生子

最近の記事

  • 固定された記事

【EQリーダーシップ】続々届いた反響をまとめてみます

本日5/20が『心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ』の発売日続々と「届きました!」「今から読みます」のお声をいただいており、本当に嬉しく思っています(内向的なので心配の気持ちも強いですが…)。 ↓「はじめに」と目次が日経BPさんのサイトで全文公開されています。 フィードバックで幸せを感じるタイプです本を書くことで得られる一番幸せな体験は、フィードバックをいただけることなのかもしれない…と思うほど、グッとくるご感想をいただいておりますので、見つけ次第、こちらのno

    • 第38章 子どもが成長した後 | 追尋 — 鹿港から眷村への歳月

       三男・光義の成長過程において、我が家には大きな変化がありました。  彼が高校三年生の頃、長男の光華と長女の春蘭がそれぞれ一年差で結婚したのです。  ですから、彼が入院した時、我が家には長男の妻、長女の夫がいました。  当時の長男・光華の妻(訳注:リー・ヤーチン、オードリー・タンの母)と長女・春蘭のお腹にはそれぞれ新しい命が宿っていましたが、彼女たちは毎日病院までお見舞いに来てくれました。次女の春芳にも当時は良い彼がおり、彼は三男・光義の手術後、私たちに付き添い、私のこ

      • 夏には「身体を冷やす」作用のある食材を

        夏には「身体を冷やす」作用のある食材を取り入れるのが、台湾暮らし。

        ¥500
        • 【Voicy対談】コラムニストの芳麗さんと、「台湾式EQ」を深めるトーク

          “聴く・書く・話す”コラムニストの芳麗さんと、台湾式EQについて深めるトークライブ、アーカイブの配信をスタートしました!   前半では、職場や友人・夫婦関係の悩みに台湾式EQを取り入れて解決する方法について後半では、台湾式EQチェックシートに書いた、5つの項目で見る、自分の得意・不得意について台湾式EQチェックシートに書いた、5つの項目 ①情動の自己認識 Self-awareness ②情動の管理 Self-regulation ③情動の建設的活用 Motivation

        • 固定された記事

        【EQリーダーシップ】続々届いた反響をまとめてみます

        マガジン

        • 有料版「台湾が気になるあなたへ」
          初月無料 ¥500 / 月
        • オードリー・タンの父方の祖母・ツァイ・ヤーバオの自伝
          49本
        • 台湾旅行におすすめ
          52本
        • 台湾が気になるあなたへ
          210本
        • 『心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ』(日経BP)
          20本
        • 音声プラットフォームVoicy
          43本

        記事

          【Voicy対談】「台湾の歴史に触れる仕事」在台ルポライター田中美帆さん

          春秋社から新しく刊行されたシリーズ〈アジア文芸ライブラリー〉の第4作目として、 台湾の時代小説『大港的女兒』を翻訳中の田中美帆さんと、「台湾の歴史に触れる仕事」についてお話しました。 こんなことをお話ししています ・台湾の時代小説『大港的女兒』、作者の陳柔縉(チェン・ロウジン、通称ローズ)さんとは? ・日本統治時代の台湾を、台湾人作家が描く ・翻訳のプロセス、実際に使っているツールを公開 ・台湾の歴史に触れるということ ローズさんは台湾のカルチャー界においてとても重要な

          【Voicy対談】「台湾の歴史に触れる仕事」在台ルポライター田中美帆さん

          どうにもならない疲れ目がよみがえった、ゴッドハンドの足ツボマッサージ

          「もうダメかも」と諦めかけていた視界が戻ってきた ものすごく久しぶりに、以前通っていた足ツボマッサージのお店に行ってきました。 ここ数ヶ月間、新刊を出版しても息つく暇なく、こもって翻訳作業に追われていましたところ、とうとう目がかすんで見えなくなってきて、夜の寝つきも悪くなってしまったからです。 実はその二日前、「もう老眼が始まっているのに、酷使しすぎた!」と近所のマッサージ店に駆け込んでみましたが、平凡な技術的にあまり改善せず。それでも90分1,500元でした(台北のマ

          どうにもならない疲れ目がよみがえった、ゴッドハンドの足ツボマッサージ

          第37章 三男の大病 | 追尋 — 鹿港から眷村への歳月

           三男の光義と、ご近所で友人の崔樂忠くんは、台北県の蘆洲鄉にある徐匯中学に通うため、老梅から公路局の車で淡水まで行き、さらに淡水川辺の埠頭へ行ってボートで対岸の八里へ渡り、そこからバスに乗ってようやく学校に行くことができました。  道のりは非常に遠く、土曜日の午後に寮から家に帰ってきたかと思うと、日曜の午後にはまた学校へと戻らなければなりませんでした。  将来のためとはいえ、まだ年頃の子どもたちが、三年間過酷な通学をよく乗り越えたものです。高校受験で三男は建国高校の夜間部

          第37章 三男の大病 | 追尋 — 鹿港から眷村への歳月

          【Voicy対談】台南在住作家・翻訳者の大洞敦史さん「台湾人の仕事観」

          台南在住作家・翻訳者の大洞敦史さんと、「台湾人の仕事観」についておしゃべりしました。 雇われる側・雇う側、両方を経験された大洞さんの、本音あふれるトーク、ぜひお楽しみください! 大洞さん、北海道と東京でトークイベントを開催されるそう!実は、日本に向かうフライト直前にお会いしてVoicyを収録させていただきました。 大洞さんのトークイベント① 7/15(三連休最終日)北海道・札幌の俊カフェ 大洞さんのトークイベント② 7月19日(金)12時〜20時 東京・下北沢

          【Voicy対談】台南在住作家・翻訳者の大洞敦史さん「台湾人の仕事観」

          月経に特化した、台湾式の栄養ドリンク

          月経が来て、ここ二日間ほど立ち上がれずにいたのですが、先日Voicyで対談させていただいた「YUEZU」のただまきさんから、台湾でよく売れているという月経ケアドリンクセットをいただいたので、さっそく試してみました。 月経に特化した、台湾式の栄養ドリンク台湾式が特別なのが、成分に多くの植物・生薬エキスが使用されているという点!  こちらにはラズベリー、ブクリョウ、紅花、なつめやケイシ、桑椹、西洋人参、桂圓、羅漢果など、9種類の植物・生薬エキスが配合されています。 ほんのり

          月経に特化した、台湾式の栄養ドリンク

          【Voicy対談】「台湾の産後ケア、月経ケアを日本に広めたい」ただまきさん

          東京で女性の健康・医療機器メーカーでマーケティングや広報をされていた、ただまきさん。 日本と台湾、それぞれの産後ケアを体験し、台湾への子連れ移住がきっかけで、この秋から本格的に台湾の産後ケア・月経ケアを日本に広める事業をされるのだそう! 今回は台湾式の産後ケア、月経ケアについてたくさんお話しました。 数量限定・予約販売で産後・月経ケアアイテムをお届けまた、なんと今回のVoicy収録のために、台湾式の産後、月経、更年期ケアなどのフェムケアアイテムをご用意くださいました​。

          【Voicy対談】「台湾の産後ケア、月経ケアを日本に広めたい」ただまきさん

          ゆるくてポップ!台湾公立小学校の卒業式

          台湾は6月が卒業シーズン。本当にいろんな所で卒業式が行われていました。 我が家の長男も今年、小学校を卒業しました。

          ¥300〜

          ゆるくてポップ!台湾公立小学校の卒業式

          ¥300〜

          第36章 雪中送炭の恩人 | 追尋 — 鹿港から眷村への歳月

           5番目の子ども、三男の光義が小学校を卒業する頃、住んでいた地域では中学校への進学率が低下しており、子どもを進学させたい親たちはよその私立中学を探していました。ただ、学費がとても高いのです。  三男と、彼が仲の良いクラスメイトの崔樂忠くんは担任の先生に言われて、進学について両親と話し合うことにしました。崔くんの家族と我が家は良き隣人でしたから、この重要な議題に対して皆でじっくり相談しました。  子どもたちはまだ小さく、遠い学校に行くためには寮が必要です。  後に、教会の

          第36章 雪中送炭の恩人 | 追尋 — 鹿港から眷村への歳月

          【おすすめZINE】台湾好き3人のユニットによる『台湾 偏愛旅のはじめかた』

          円安・台湾元高・燃油サーチャージ高という逆境にも負けず、「それでも台湾に行きたい!」と台湾好き3人のユニット「台湾小箱」が制作されたZINEが5月末に出版され、私の周辺で局地的に大ヒット中。 台湾小箱はじめてのZINE『台湾 偏愛旅のはじめかた』なんといっても、かゆいところに手が届く網羅性がすごいので、初台湾の方はもちろん、なにせタイトルが「偏愛旅」なので、台湾通の方にもおすすめできる濃度です。    ✔︎ 旅の計画・持ち物 ✔︎ ホテル ✔︎ 食 ✔︎ 買い物 ✔︎ 記録

          【おすすめZINE】台湾好き3人のユニットによる『台湾 偏愛旅のはじめかた』

          【Voicy対談】毎回大好評の、大原扁理さんゲスト回「自分で家事をすることが、自立につながる」

          毎回大好評の、大原扁理さんゲスト回! 今回も、余韻がすごい対話でした。 ✔︎ 嫌いな場所に住んでると、自分を大切にしなくなる ✔︎ 「自分のことを自分でする」は自立のためのチャンス ✔︎ 稲垣えみ子さんと共著の最新刊『シン・ファイヤー』 などなど、新刊のネタバレがないように、でも核心がちょっと見えてきた40分! 百万年書房から7/1に出版された、扁理さんと稲垣えみ子さんの共著『シン・ファイヤー』は、読み始めたところめちゃくちゃ面白くて、今年上半期でいちばん面白いかも、や

          【Voicy対談】毎回大好評の、大原扁理さんゲスト回「自分で家事をすることが、自立につながる」

          上司や先輩の「今忙しいから、話しかけないで」に傷付く若手。どう調整する?

          前回のnote『部下に「この人は自分の味方だ」と思ってもらえるかどうか』に関連して、ちょっと気になったのが、こちらです。 このアンケートは5,000名以上を対象にしたということもあってか、教育現場以外でも当てはまるような生々しい声がたくさん見受けられますので、ぜひご一読いただくと良いかもしれません。 そして… 「今忙しいから、話しかけないで」に傷付く若手「今忙しいから、話しかけないで」に傷付いたという声、これには私もドキッとしました。 仕事をしていても、子育て中でも、

          ¥300〜

          上司や先輩の「今忙しいから、話しかけないで」に傷付く若手。どう調整する?

          ¥300〜

          部下に「この人は自分の味方だ」と思ってもらえるかどうか

          部下との関係に悩む人の多さに驚いた先週末は、版元の日経クロスウーマンさん主催で『心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ』出版記念トークイベントでした。 『心を守りチーム力を高める EQリーダーシップ』の担当編集さんは、日経クロスウーマンの副編集長、小島潤子さん。 小島さんともご相談しながら、イベントではできるだけ事前にお寄せいただいたご質問に回答する時間をしっかり取らせていただきました。 その中で私にとって印象的だったのが、部下との人間関係に悩む方がとても多いとい

          ¥300〜

          部下に「この人は自分の味方だ」と思ってもらえるかどうか

          ¥300〜