近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター

《著書》📚『オードリー・タンの思考』『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」』『オードリー・タン まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう』2011年より台湾在住。台湾で編プロ経営。シングルマザー⇒再婚、二児の母。Voicyも始めました!👉yaephone.taplink.ws

近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター

《著書》📚『オードリー・タンの思考』『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」』『オードリー・タン まだ誰も見たことのない「未来」の話をしよう』2011年より台湾在住。台湾で編プロ経営。シングルマザー⇒再婚、二児の母。Voicyも始めました!👉yaephone.taplink.ws

    マガジン

    • 台湾のデジタル大臣オードリー・タン氏についての書籍

      2021年2月にブックマン社さんから出版した書籍『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと(Amazonのリンク→https://amzn.to/3oJVRQU)』に続き、オードリー・タンさんについての書籍を3冊、出版することが決まりました(①台湾で出版され、すでに絶版になっているオードリーさんのお母様・李雅卿さんの手記『成長戦争』を日本語で、日本に向けてご紹介する本 ②オードリーさんと未来について考える日本語の新書 ③台湾の出版社から中国語で台湾向けに出す本)。こちらのマガジンでは、引き続き関連情報を公開していきたいと思います。

    • 離婚、シングルマザー、そして再婚。「離婚して大正解」の経験談

      こんにちは。台湾在住の編集・ライター、近藤弥生子と申します。 長男が二歳になる頃に離婚して、親戚もいない台湾で約六年間シングルマザーとして過ごし、約三年前に台湾人と再婚し、次男を出産しました。再婚して丸二年が経過した今、私がそれらの問題についてどのように考え、再婚した今、どのように振り返っているのかをいったんまとめてみたいと思います。

    • 台湾ものがたり

      台湾の台北で暮らしている、編集・ライターの近藤弥生子です。 現在は雑誌『&Premium』や『Pen』、Web『天然生活』で、台湾について連載させていただいております。 私が台湾で暮らし、取材やリサーチで出合ったけれど、雑誌ではご紹介しきれなかったさまざまな「台湾ものがたり」を、ここでお伝えできたらと思っています。

    最近の記事

    固定された記事

    【期間限定で公開】第一章 オードリー・タンの母、李雅卿(リー・ヤーチン)の手記『成長戦争』

    「私たちが過去に受けた苦難を、誰かがもう一度味わうことがありませんように」ーー 母親によって描かれた、これまで誰も見たことのないオードリーの横顔、そして家族の物語。 2021年秋冬に、オードリー・タンの母、李雅卿(リー・ヤーチン)によって書かれた『成長戦争』を日本に向けてご紹介する書籍をKADOKAWAさんから出版すべく、現在執筆を続けております。 現在、というか昨日の夜に本編の草稿を書き終えたところで、これから引き続きコラムの執筆に入ります。 どんな本になっていくのか、

    スキ
    38
      • 台湾のジェンダー平等施策、なかでも「ITで男女比を公開する仕組み」についての報告資料を公開します。

        最近、ボランティア案件で台湾のジェンダー平等施策、なかでも「ITで男女比を公開する仕組み」について、30分で報告するための資料を作成しました。 お相手の方からご了承をいただきましたので、簡単なものではありますが資料を公開させていただきます。台湾政府がネット上で公開しているものを粗訳しただけですが、どなたかの参考になれば幸いです。 (誤訳や、もっとこうした方がいい、入れるべき項目が抜けている等ございましたら、ぜひご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。) アジアでト

        スキ
        15
        • 【成長戦争】担当編集・川戸崇央さん(雑誌『ダ・ヴィンチ』編集長)をインタビュー。

          新著『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」 自分、そして世界との和解』(KADOKAWA)2021年11月18日、無事発売されております。 ご購入いただいた皆さま、読んでくださった皆さま、興味をお持ちいただいた皆さま、本当にありがとうございます。 駆け出しの無名で、しかも海外在住ですから、刊行記念のイベントも何から何まで手弁当でございます。 それをいいことに、自分がやりたいことをやらせてもらえるという自由を謳歌したいと思います! というわけで、担当編集の川戸崇央(かわと

          スキ
          28
          • 青木由香さんと、出版記念インスタライブ行います!11/17(水)夜、お時間ください!

            日本で11月18日に出版される拙著『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」 自分、そして世界との和解』の出版を記念して、完全手作りの出版記念インスタライブを行うことになりました! 「やろうよ!」と言ってくださったのは、青木由香様。 出版前日の11/17(水) ・日本時間21:00〜 ・台湾時間20:00〜 場所は青木さんのセレクトショップ、 「你好我好(現在セール実施中)」から、配信は私のインスタアカウントで行います。 アーカイブは残すかどうか、当日終わってから決めたいと

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 台湾のデジタル大臣オードリー・タン氏についての書籍
            近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター
          • 離婚、シングルマザー、そして再婚。「離婚して大正解」の経験談
            近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター
          • 台湾ものがたり
            近藤弥生子 | 台湾在住ノンフィクションライター

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【成長戦争】ついに、書影が解禁になりました!

            新著『オードリー・タン 母の手記「成長戦争」 自分、そして世界との和解』(KADOKAWA)がようやく校了いたしまして、11月18日に紙と電子書籍が同時発売されます。 それに伴い、表紙が解禁になりました! ◎ 編集:川戸崇央さん(雑誌『ダ・ヴィンチ』編集部) ◎ 装画:平井利和さん ◎ 監修:片倉佳史さん ◎ 翻訳協力:高譽真さん ◎ 装丁:渋井史生さん ◎ 校閲:向山美紗子さん ◎ 地図制作:尾黒ケンジさん ◎ DTP:小川卓也さん(木蔭屋) 「私たちが過去に受けた苦

            スキ
            13

            【成長戦争】台湾人夫に聞いてみた。『成長戦争』ってどんな本?

            子どもたちを抱えて過ごすコロナ禍と本の執筆が重なったことで、家族とシッターさん以外の誰とも会わずに過ごす日々が続いていました。 それがようやく、原稿がひと段落したこと、まだまだ気は抜けませんがコロナの警戒レベルが下がったことで、少しだけ会えるようになってきました。 執筆のゴールが見えてきたことを友人たちは自分のことのように喜んでくれるのですが、 「『成長戦争』ってどんな本? 美しい成功の物語?」 「子どもがいる人のための本?」 「オードリーさんファンのための本?」

            スキ
            33

            2022年春、SBクリエイティブさんから、オードリー・タンさんの新書を出版することが決まりました。

            2021年はずっとオードリーさん関連の書籍を書いています。 先日、以下のnoteでお知らせしたように、手元には日本向けの『成長戦争』にまつわる書籍と、台湾向けに中国語の書籍執筆があるのですが、 夏前ごろに決まりまして、日本のSBクリエイティブさんから、“新書”という形でオードリーさんの書籍を出版することが決まりました。同社の〈SB新書〉は、読者の関心事を分かりやすく伝える書籍を多数手がけられています。 今回は変化が激しく、先行きの見えないこの世界で、いったいオードリーさ

            スキ
            16

            2021年末を目指し、オードリー・タンさんについての書籍を2冊、出版することが決まりました。

            拙著『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』が発売から3カ月経たずして第4刷が決定いたしました。 これも本当に、拙著を読んでレビューやコメントをくださったり、シェアしてくださったり、読書会やイベントを企画してくださったり、取材してくださった皆様のおかげです。 (それと、コロナ禍で制限されている中でも、版元の営業さんが最大限の動きをしてくださったり、書店さんが店内で展開してくださったおかげです。) ありがとうございます。 そして、オードリー・タンさんについての書籍

            スキ
            14

            3.子連れ離婚した時に気をつけたこと

            こんにちは。台湾在住の編集・ライター、近藤弥生子と申します。 下記のnoteでも書かせていただいたように、私の個人的な離婚、シングルマザー、そして再婚事情について、何回かに分けて有料記事を書いています。 なぜ有料記事にしたのかといった理由は、下記のnoteに記載しております。もし購入に迷われたらご参考ください(特に何かのルールがあるわけではないので、読まなくても大丈夫です!)。 今回の記事のテーマは「子連れ離婚した時に気をつけたこと」。 今からまさに子連れ離婚しようとさ

            スキ
            14
            有料
            180

            【オードリー・タンの思考】「小唐鳳でありたい」拙著のインスピレーションになった、ひとつのツイート。

            拙著『オードリー・タンの思考』が2月18日に発売になってから、まもなく1カ月が過ぎようとしています。 おかげさまでたいへん好評のようで、Amazonは初日で完売し、書店さんでも在庫無しの状態が続いておりました。 発売後6日目にして重版が決定し、3月8日に2刷が刷り上がり、ここ数日で書店さんにまた並び始めているようです。Amazonにも在庫が反映され、無事にご予約くださった皆さまへ発送され始めたとのこと。これでやっと、ホッとすることができました。 執筆はとても孤独な作業でした

            スキ
            48

            2.子連れ離婚時につらかったこと・嬉しかったこと

            こんにちは。台湾在住の編集・ライター、近藤弥生子と申します。 下記のnoteでも書かせていただいたように、私の個人的な離婚、シングルマザー、そして再婚事情について、何回かに分けて有料記事を書いています。 なぜ有料記事にしたのかといった理由は、下記のnoteに記載しております。もし購入に迷われたらご参考ください(特に何かのルールがあるわけではないので、読まなくても大丈夫です!)。 今回の記事のテーマは「離婚時につらかったこと・嬉しかったこと」。 離婚に踏み切るか悩んでいる

            スキ
            13
            有料
            180

            1. どうして離婚した? 離婚して良かった?

            こんにちは。台湾在住の編集・ライター、近藤弥生子と申します。 下記のnoteでも書かせていただいたように、私の個人的な離婚、シングルマザー、そして再婚事情について、書いてみようと思います。 なぜ有料記事にしたのかといった理由は、下記のnoteに記載しております。もし購入に迷われたらご参考ください(特に何かのルールがあるわけではないので、読まなくても大丈夫です!)。 今回の記事のテーマは「どうして離婚した? 離婚して良かった?」。 これまで、一番よく聞かれた質問です。

            スキ
            25
            有料
            180

            おすそ分け付き【台湾ものがたり】在庫限り数量限定:縁起の良いモチーフの「野菜型抜き」(台湾製)

            ものすごく好きなものを見つけたので、それについて書いてみたいと思います。それは「福」「壽桃」「ダブルハピネス(囍)」「龍」といった、縁起の良いモチーフの「野菜型抜き」。しかも、稀少なMade in 台湾です。 こんな感じで野菜を型抜きします。 それは中華菓子の型抜きを取材していた時のこと前置きが長くなりますが、それは、私が雑誌『&Premium』さんで連載させていただいている「台湾の日用品探索」コラムのために、中華菓子の型抜きを取材していた時でした。

            スキ
            9
            有料
            350

            note有料記事「台湾ものがたり」を始めます。

            はじめましての方も、そうでない方もこんにちは。 台湾の台北で暮らしている、編集・ライターの近藤弥生子です。 現在は雑誌『&Premium』や『Pen』、Web『天然生活』で、台湾について連載させていただいております。(2021年2月には、初の著書『オードリー・タンの思考』を出版予定です。こちらもどうぞ、ごひいきに!) こちらで、note有料記事「台湾ものがたり」を始めてみることにしました。 ちょっとこの企画を始めようと思った理由について、お話ししてみますね。 私は現在

            スキ
            15

            ご連絡くださるシングルマザー/ファザーの皆さまへ。まず、よくいただく2つのご質問にお返事します。

            台湾に移住してから始めた個人ブログ「心跳台灣」では、台湾での暮らしのあれこれについて書いていたので、海外での妊娠・出産、離婚、仕事、シングルマザー、再婚などについても自然と言及することになり、結果的にたくさんのひとり親の皆さまから、さまざまなご連絡をいただいてきました。 ここnoteでも記事を公開することで、ご連絡をいただくことがあるかもしれません。先に、そのことについての私の考え方を書かせていただきます。 個人ブログでは、プロフィールのページでメールアドレスを公開してい

            スキ
            30

            再婚しました。シングルマザーになって学んだこと、そして台湾での生活を選んだ理由を打ち明けてみます。

            (※2017年12月27日に書いた個人ブログ記事を転載しています。) 前夫・現夫に全文を読んでもらって、承諾を得てこのブログを公開します。 この11月のことですが、5年間のシングルマザー生活を終え、台湾の方と再婚しました。 キューピッド(古い?)になってくれたのは、他でもない息子です。 息子が彼を慕っていること、 三人でいるときも息子が中心でいられること、 そして何より、三人でいる時間でも、息子が心からリラックスし、安心しながら笑っているのを見て、ぐっと心を揺さぶられた

            スキ
            28