精神分析124

旅が好きです。それに意味や価値を感じています。でも考え直しました。

旅が好きなのと衝動的に旅に出るのとは別の話です。モノからの満足感の再現を求めているのです、衝動の方は。

幼い頃に風景に感動して満足したのです。その満足をまた得たくて衝動がわくのです。しかし、はじめての衝撃はもうおきません。だから求め続ける。そしてその感覚はノスタルジー。でもそれはモノからの満足感だし、それ以前の別の何かの代替え

もっとみる
ありがとうございます。
2

精神分析に行ったら脳の挙動が安定した

怪獣歌会の2019年は、週1更新で12月を守る企画が走ります。
毎日更新は面白かった(去年のまとめ参照)けど、大変だった。それでも何かをやりたかったんだよね。
 一人大体1記事ぐらいにはなりますが、ぜひお付き合いください。RTとかいっぱい押してほしい。

こんにちは、企画トップバッターのとりいです。
今年は仮テーマで2019年に得た知見の話をしようということになってます。

みんな精神分析って受け

もっとみる

心のINFP 第三回 同情のふりをした拒絶

心のINFPは、北欧の恵まれINFPから学ぶシリーズの一つです。シリーズでは、北欧の哲学者から一般の人まで、INFP恵まれループが起こした奇跡について綴っていきたいと思います。

今回は、INFP日本のつまづきへの理解を前提に、INFP北欧ならつまづきをどう克服するのかを学んでいきます。段階的に、北欧の恵まれINFPループにのれるように、簡単な課題を付けてあります。少しずつ、取り組んでみてください

もっとみる

意味を研ぐ

今朝ちょっと読んだラカン入門書がまだ効いている。意味に関してだ。 意味なんてほとんどないというか。それの意味って、ずいぶん無意味な部分も含んじゃってるっていう感じかなと。

そりゃぁ誤解もするよ。なんでそんな解釈になるんだようってぶつかるよ。自分は正しいって言い張るよ。

その人にとって道理でも、メチャクチャだな、成り立ってないじゃない、と閉口することちょいちょいある。でもその人は正しいと思えてい

もっとみる
ありがとうございます。

正気

今朝起きて、知識にはプラスとマイナスがあると思った。というか、知識を知恵にできるかどうか、とかかもしれないけど。 そして朝コーヒータイムに、ラカン入門書を見ていてマッチする話があった。

ちょうど良すぎ。こういうのが最近とても多い。 というか、気になっている事を、考えると同時に関係しそうなことを調べているから、同時にくるだけだろうけど。

話は戻る。僕はこう思っていた。頭が悪いと人生苦労すると。 

もっとみる
ありがとうございます。
1

精神分析の本 の感想の一部

まだ20ページも読んでいないのに、あれこれ思い浮かんできたので書いてみる。というかまず、精神分析の本をあまり読んでいなかった。意外な気がした。この前フロイトの入門書を読んで、今回はラカンの入門書。

精神分析は治療だそうだが、フロイトもラカンも哲学として語られていることが多い。別にいいけど。治療なの?哲学なの?哲学で治療する感じかもしれない。

僕は、心の問題の相談を受けるときにこう思う。元に戻る

もっとみる
ありがとうございます。

やらなくてもいいことをやると忙しくなるし、やりたくないことをやると時間が減るし、必要以上に欲しがると無駄に焦れるし。←。全体的に、忙しさ問題じゃなくて慌て問題の方が強いと思うが。周囲よりも内面というかな。

ありがとうございます。

今日のひびき

精神分析は医学よりも哲学思想や宗教に親和性があるらしく。精神の問題は、生き方、倫理観、世界観とかと関係している?そのあたりのミスマッチみたいなもの。ということだろうか??????

だとしたら。なるほどと。僕が興味あるはずだ。

「世界から誤解をなくしたい」と考えるようになった僕に合う。それ、「より現実へ」だったりする。世界の問題の正体は、あまり現実的でない空振りだったりする。と見ることもできる。

もっとみる
ありがとうございます。
5

雑記:尻尾と幻滅、または少しずつのがっかりについて、北山修たちとともに

ἰὼ γενεαὶ βροτῶν,
ὡς ὑμᾶς ἴσα καὶ τὸ μηδὲν ζώσας ἐναριθμῶ.
τίς γάρ, τίς ἀνὴρ πλέον
τᾶς εὐδαιμονίας φέρει
ἢ τοσοῦτον ὅσον δοκεῖν
καὶ δόξαντ᾽ ἀποκλῖναι;
おお、めぐりうつる人の世よ、おまえたちが生きるその生はなんと物のかずにも入らぬ。似て非なる仕合せを

もっとみる
و(˙꒳˙)٩
8