nokiba

佐々木正悟。作家、心理学ジャーナリスト。 大橋悦夫さんの「タスクシュート」で仕事を管理する。2019年から倉園佳三さんの「グッドバイブス」を普及させるべく活動中。著書に『スピードハックス』『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』『不安ゼロで生きる技術』など約50タイトル以上。
  • 読むセラピー 1: 心理学ジャーナリストが選ぶ「癒やされる」10冊 (グッドバイブス eBooks)

    佐々木正悟
  • 人生100年時代 不安ゼロで生きる技術: 「安心力」が手に入る10の話 (知的生きかた文庫)

    佳三, 倉園
  • 佐々木さん、記録って何の役に立つんですか? (ごりゅごcast)

    佐々木正悟
  • なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか? ~「時間ない病」の特効薬!タスクシュート時間術

    佐々木 正悟
  • グッドバイブスな人生相談 第31話「怒ら…
    • のきばマガジン
      のきばマガジン
      • ¥500 / 月

      かなりプライベートなことや、半生をふり返って、いちおうの「情報」と考えられることを書いていきます。

    • グッドバイブス日記
      グッドバイブス日記
      • 2本
    • マンガレビュー
      マンガレビュー
      • 4本
    • 『読むセラピー』
      『読むセラピー』
      • 4本
    • 趣味としてのライフハック
      趣味としてのライフハック
      • 65本
    • すべてのマガジンを表示

グッドバイブスとタスクシュートの「共存」について

今日、たまたまこんな話になりました。 たしかにグッドバイブスとタスクシュートは「はた目に…

かっこつけない

ものごとを「スマートにやりたい」という欲望はたいしたもので、しかも非常に原始的なものだと…

ライフハックな情報発信は意外と難しい

思い起こすと、かの大橋悦夫さんがGoogle+が始まったばかりのころに 「君はぼくの中では「走…

どうしても許せないことがあったときに許すためのワーク

「自分の悪口を言う人への不満を消そうとすると、自分への不満が湧き上がってきます」というこ…

すべての人の価値が等しいのになぜMax? ミニマムではいけないの?

このご質問には大変驚きました。ありがとうございます。 たしかにタスクシュートにせよグッド…

不満は、ありました

この回には、後半にですが、ワークがありました。あるいは一種のマインドハックと言えるかもし…