nokiba

佐々木正悟。作家、心理学ジャーナリスト。 大橋悦夫さんの「タスクシュート」で仕事を管理する。2019年からは倉園佳三さんの「グッドバイブス」を普及させるべく活動中。著書に『スピードハックス』(日本実業出版社)『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(中経出版)など約50タイトル。

時間を湯水のように使ったとしても、できることは少ないかもしれない

まずお断りしておきますが、私はこのツイートを「私への批判だ」とは受け止めておりません。したがって、このツイートに腹を立ててこの記事を書くわけではまったくありませ...

「やったほうがいいこと」とは本当にやったほうがいいのでしょうか?

昨日の記事を受けてご感想をいただきました! ありがとうございます。 本日のリストをつらつら眺めていて思うのですが私の手元にはつきつめると2種類の行動だけがありま...

時間を湯水のようにふんだんに使おう

「湯水のように」は、環境問題が取りざたされている昨今、あまり良くない表現かもしれません。あくまでも「無限にあると思って使う」ための比喩だととらえてください。 そ...

計画を立てた先の未来がいつも明るいのはどういうわけか?

「急に具合が悪くなる」とはいったい何を意味しているのか。 「急に具合が悪くなるかもしれない」と医師が宮野さんに伝えることは、医師の対応としては一〇〇パーセント正...

ネタに困りやすいブロガーさんはネタ帳としてアウトライナーを使ってみよう

なぜアウトライナーかというと、理由は簡単です。 アウトライナーというのは、「全部を見る」ことが意外に容易なうえ、「全部を見て回る習慣」が根付くと、使い勝手が向上...

タスクシュートの強みと弱み

こちらの記事にインスパイアされました。 私としては、以下のくだりには同意しかねますが、記事は簡潔にわかりやすくまとめられているので。タスクシュートに興味ある方は...