生きるためのアウトプット

自分の気持ちを発信する理由

2年前の高校生の自分だったらおそらくnoteを見ている自分が想像出来なかっただろう。1年前の大学に入ったばかりの自分であれば、noteを書いている自分を想像できなかっただろう。

では、なんでそんな人間がnoteに手を出したんだ。。つい先日自分は疑問に思った。

媒体Aと媒体B

よくよく考えたらこれは大学生活のこの1年間を通し得ることが出来た、生きることへのモチベー

もっとみる

鶏が先か卵が先か

鶏が先か、卵が先か

昔から哲学者たちの間でも論議されてきましたが

現在まで結論は出ていません。

だってそんな事、結論があるわけないじゃないですか。

宇宙が始まったから鳥も卵も出来たのですから。

聖書では鶏が先、

けれど同じ宗教でもヒンドゥー教では

「宇宙の卵から世界は生まれた」ので

卵が先と言っているらしいです。

そんな議論になったのは、

やはり、我々はどこから来て、どこへ行く

もっとみる

今の私について

過去の話はちょっとずつしますが…
じゃあ今の私は何をしているのか、どんな状態なのか

まず結論から言うと…
【病んでます】

毎日、ギリギリで生きてます。
時々、大きな波もきます。小さな波なんて日常茶飯事。

ちなみに、これ書いてる今日(6/2)には過呼吸で意識なくして救急搬送されてしまいました。

なんかもうエネルギーを空回りさせてしまっています。

今、私は就労移行支援に通っています。

かな

もっとみる

ふわふわ、ふわふわ

おはようございます、かなこです。

遠いイギリスからはるばる海を越えて、素敵なポストカードが届いた。イギリスの蚤の市の光景を描いたポストカード。

店先に並べられた色とりどりの小物やバッグ、ハンガーにかけられた古着。しゃがみこんでそれを眺めているのは絵の作者自身だろうか。わたしも一緒に眺める。

イギリスのどこの街だろう。ポストカードには描かれていない背景を想像してみる。石畳の路地、日本にはないモ

もっとみる
ありがとう。わたしもスキ❤
8

なぜnoteを書くのか

おはようございます、かなこです。

なぜnoteを書くのか。しかも鬼のように毎朝。それはその時その時の自分の気持ちや考えたことを記録として残したいから。



ブログを書いている。そちらは20年間の結婚生活で夫から受けたモラハラという、精神的なDVの記録とそれでもそんな夫とすっぱりさっぱり別れて新しい人生を歩んでいくのに障害となる自分の中にある執着や葛藤を書いている。

自分で書いていて傷を抉る

もっとみる
ありがとう。また来てね❤
7

人のために何かをしたい。

困ったことに、
私の好きなものは
全て相手がいて成り立っている。

好きなものだけではない。

勉強嫌いの私。
どんなにやらなくては!と思っても
どうにも手につかない。
勉強したいなーと思っても続かない。

けれど、そんな私も
勉強したくなる方法が1つだけあった。

ー友達に教えるために勉強する。

図やイラストにまとめたりすることが
好きだった私は、勉強をしよう!と思って
まとめてたというよりも

もっとみる
嬉しいですっ!
12

お寿司屋さんの猫の話

おはようございます、かなこです。

毎朝、通勤で利用する駅の周りは商店街になっていて賑やかなところです。

夕方、帰りに通ると飲み屋さんがあちこちで店を開けていて、客を呼び込む賑やかな声がする。

「お姉さん、どうですか?飲んでいかない?」

呼びかけられるけど、ひとりで飲んでてもつまんないし、だいいちそんなに飲めないし。いつもスルーして通り過ぎる。ごめんねーと心の中で返事しながら。



駅へ

もっとみる
ありがとう。がんばるね❤
6

外出するのは怖いけど

なるべく家に居ようと思う。出来れば一歩も外に出たくない。コロナに罹ったら一発アウト。トリプルリスクを抱えたわたし。

わたしは高齢者。

今まで自分を高齢者と思ったことはなかった。外で働いている!社会に貢献している!立派な現役世代。そう思っていた。自負していた。

しかし、新型コロナはそんな自負心を打ち砕いた。60過ぎたら、いや、医学的には50を過ぎたら紛れもない高齢者なのだ。

人生100年時代

もっとみる
スキありがとうございます。
19

何を書くか、誰が書くか

何を書くか、自分の伝えたいこと、それがない時は全然手が動かない。

私には文才がない。新聞の紋切り型は理解しているつもりでも、自分がそれを書けるとは別の話だし。たまに、文章によって滲み出る雰囲気というものを感じることがある。

あれは、「誰」が書くかなのだろうか。それとも「何を」書くかなのだろうか。少なくとも、私の文章は雰囲気など出せていないだろうと思う。

インターンシップで模擬取材をすることが

もっとみる
ありがとうございます!頑張れます!
2

私について(就活編)

みなさん、こんにちは。きょうじゅさんです。

今日は、ついこの間まで続けていた就活について振り返ってみようと思います。といっても、直近まで考えていたことだけになりそうです。結論を出したとはいえ、これからまたきっと、思い出しては葛藤してしまうんだろうな、と思うからです。

【同期に相談できなかったこと】

私が就職活動中に一番悩んだこと。贅沢な悩みかもしれないけれど、私にはそれが一番の困難でした。「

もっとみる
ありがとうございます!頑張れます!
5