消滅可能性都市

クラウドファウンディング初体験

クラウドファウンディング初体験

前に記事として投稿した、『高中そば』 高中は、消滅可能性都市。 なのでその村の方が、クラウドファウンディングを募っていた。 若い世代にも田舎体験をしてもらいたいと、体験施設などの設備のためのクラウドファウンディング。 やってみた。 そして、リターンきた! かなりの野菜、フルーツに、ニヤニヤ止まらず((o(^∇^)o)) 素晴らしく美味しく、無添加なんだろうと思う。 あの場所へ行きたくなるなぁ。 お蕎麦を食べに。 村の人たちに会いに。 美味しいリターンの御礼を伝え

スキ
2
かなたより|髙山文彦

かなたより|髙山文彦

文・髙山文彦(作家) 故郷の仲間たちと『かなたのひと』という記録文芸誌をつくりはじめて2年目になる。いずれ田んぼの畦道とか梢の陰に隠れてしまうであろう山の者たちの泣き笑いの声を、紙の上(いずれ電子版も)に残しておきたいと思ったのだ。 九州山地の中央部、宮崎県高千穂町の仕事場に、4人の編集部は校了期に集まって作業をする。みんな仕事をかかえているし、素人だし、発行は年1回とゆるくしている。 今年3月末の発行で、やっと2号目なのである。去年の創刊号は初版1000部が数カ月で完

スキ
7
ルポ・地方は消滅しない【最終回】 東京都豊島区雑司ヶ谷

ルポ・地方は消滅しない【最終回】 東京都豊島区雑司ヶ谷

地方自治ジャーナリストの葉上太郎さんが全国津々浦々を旅し、地元で力強く生きる人たちの姿をルポします。地方は決して消滅しない―― イラストレーション:溝川なつみ ミミズクの棲む異世界 このところの再開発で高層ビル化が進む東京都豊島区の池袋。地上に目を下ろせば、ごみごみとした繁華街が広がり、5月に人口1400万人を超えた東京都らしい街だ。区の人口密度は日本一で、7月1日時点では2万2233人だった。 だが、繁華街に面した法明寺(ほうみようじ)の墓地の角を折れ、細い路地を抜

スキ
12
東京都豊島区のSDGsへの取り組み

東京都豊島区のSDGsへの取り組み

持続可能なまちづくりや地方創生に資する、地方自治体によるSDGsの達成に向けた取り組みを支援し、成功事例を増やしていく目的で、2018年から行われている「SDGs未来都市」の選定が今年度も実施され、33都市が「SDGs未来都市」に選ばれ、このうち10都市が「SDGsモデル事業」となった。

スキ
5
【記事掲載】2020年6月24日「アーバンライフメトロ」(メディア・ヴァーグ)

【記事掲載】2020年6月24日「アーバンライフメトロ」(メディア・ヴァーグ)

“人口1400万人突破で「ひとり勝ち」状態の東京 一方、消滅可能性都市と呼ばれた豊島区は今”(取材・文・写真)

この街の未来をつくるのは、私

この街の未来をつくるのは、私

自分の住む街を、みんなどのように決めるのだろう。 好きな街は、色々ある。例えば、私は京都が好きだ。でも私にとっては、住みたい、ではなく訪れたい街である。 高松はここに住もう!という強い意志を持っているというよりは、色々あってここに流れついて、悪くないから住んでいる、というのが正直なところだ。 コンパクトな街は自転車で大体の場所に行けて、電車もバスも街を網羅し、仕事でも遊びでも困らない。行きたいところに思いのままに行ける、というのは本当にいい暮らしだ。お店の選択肢は正直少な

スキ
30
日本の田舎で「1%の革命」が起きている…!

日本の田舎で「1%の革命」が起きている…!

「マジでか…😨」 2014年に「増田レポート」を読んだ時の衝撃は忘れもしません。 元・岩手県知事の増田寛也氏が座長を務め、各界の有識者が集った日本創成会議が発表したものでした。 2040年までに、全国約1800市町村のうち約半数にあたる896市町村が消滅する恐れがある、と。 これを「消滅可能性都市(※)」として、具体的な自治体名までリストアップされていました。 2010年から2040年にかけて、20〜39歳の若年女性人口が 50%以下に減少する、人口が1万人以下の市

スキ
121
田舎に住むメリデメを考えてみた(後編)
−「地方の果て」から愛を込めて

田舎に住むメリデメを考えてみた(後編) −「地方の果て」から愛を込めて

こんにちは、チバヒロユキです。 (前編 ―「真綿で絞められた」あの日) 「田舎で自然を楽しみながら、人生を充実させる」という、ささやかな希望を打ち砕かれ、半ば転がり込むようにして実家に出戻り早二年。  バイト先と予備校を(時折サボりながら)行き来する毎日を経て、どうにかこうにかウチの市では、「全う」と呼ばれる職場に拾われることになった。  我が地元は九州の中でも一二を争う地味な県庁所在地「大分市」  職業柄、というか「職種柄」というのか、福利厚生はそれなりに整い、過

スキ
5
読本レポート「地域創生大全」

読本レポート「地域創生大全」

愛知で地域の取り組みを進める中で、自分の失敗起因も含めて、それはもういろいろなことで心が折れそうになります。 どう打開していいかをうんうん悩み、時間ばかりが過ぎ、惰性で物事が進んでしまうこともあります。 と、そんなことで、自分へのインプットとして読んでいる本から、得たことを自分の体験とも照らしてまとめます。 今回は、AIA木下さんの著書「地方創生大全」です。 ◆補助金依存ではなく事業としてやる 課題の解決が一過性のモノゴトで終わるわけはなく、継続できる必要がある。

スキ
7