earthbound パブリッシング

カバールによる人口削減と奴隷化を避け、どうやって生き残るかを考えるためのフリーオンラインペーパーです。 主に以下の6種類の記事を掲載しています。 1)海外と日本のニュース 2)旅行記 3)ブッダ・ダルマ 4) 不思議と幸福考える 5)話題の人物 6)つぶやき【閑話】

earthbound パブリッシング

カバールによる人口削減と奴隷化を避け、どうやって生き残るかを考えるためのフリーオンラインペーパーです。 主に以下の6種類の記事を掲載しています。 1)海外と日本のニュース 2)旅行記 3)ブッダ・ダルマ 4) 不思議と幸福考える 5)話題の人物 6)つぶやき【閑話】

マガジン

最近の記事

中国の台頭は世界にとって大きな勝利 - ビルゲイツ

ビル・ゲイツ氏、「中国の台頭」は「世界にとって大きな勝利」と語る ゲイツ氏はまた、中国は世界のガバナンスにおいて「より強い役割」を果たす必要があると述べた。 FOXビジネス Adam SabesPublished January 25, 2023 8:31pm EST FOX BusinessのAshley Websterによると、億万長者のビル・ゲイツがオーストラリアの新興企業を支援しており、牛のメタンガスの排出を止めようとしているとのことです。 マイクロソフトの

    • 【転載】粉末の緑茶、粉末の紅茶、紅茶ティーバッグの3つの溶液で、新型コロナウイルスの感染力価を減少できる!

      *健康に対する脅威という意味で、コロナがインフルとそれほど変わらなくなってきたという。それで以前見たこの記事を再掲しておきたい。    要するに紅茶を常飲して健康を保ちましょう、というもの。 (1)粉末紅茶溶液と紅茶ティーバッグ抽出液は、新型コロナウイルスの感染力価を減少させる、つまり、感染力を持つウイルスの数を10万分の1まで減少させるのにわずか10秒しかかかりません。 (2)20歳~60歳の72人を対象とした臨床試験で、1日3杯の紅茶を12週間継続して飲み続けたところ

      • 【閑話】 なんとか生き延びよう!

        世界中で、超過死亡が激増していたり、ワクチン接種してもコロナ感染が逆に増えたりと不可解なことがたくさん起こっている。 もちろん、日本では政府系のワクチン有害事象報告の網の目に引っかからないワクチン死や後遺症のニュースも多い。 さらに、世界ではワクチン接種を50歳以上とか限定的に再開したり、毎年接種をしようとか、ともかくワクチン接種を絶やさない試みがなされている。 WHOも国際ワクチンパス実施に向けて着実に動いている。 以下のような「コロナワクチン未接種」を国際疾病分類

        • 第五世代戦争(5GW)へようこそ - 戦場は群れとなった人々と自分の心の中にある by ロバート・W・マローン医学博士②

          続き(後半部分) *機械翻訳するとちんぷんかんぷんなので少し手を入れました。まだ難解な箇所が多いのですが、即時性が大事なのでとりあえずリリースします。マローン医師も初学者なので時間が経てばもっと分かりやすい5GW解説をしてくれるでしょう。earthbound 第五世代戦争に抵抗する 再びクレシ博士の話に戻ります。 5GWとの戦いは、密かに起こる反乱に対抗する戦いとして特徴づけることができる。反乱軍は、4GWによって作られたイデオロギー的・民族的認識を清算し、非国家主体

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ニュース(中国)
          earthbound パブリッシング
        • ニュース(ディープステート)
          earthbound パブリッシング
        • ニュース(外国記事全般)
          earthbound パブリッシング
        • これから不思議と幸福について考えてみよう
          earthbound パブリッシング
        • ニュース(COVID-19)
          earthbound パブリッシング
        • 閑話
          earthbound パブリッシング

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【転載】 購買力平価にみる米国の衰退

          購買力平価で米国を超える中国 ドル建てGDPは過去の遺物か (中国30.7兆ドルvs米国25.4兆ドル)https://sputniknews.jp/20230126/gdp-14711169.html スプトニク日本 2023/01/26 中国の国内総生産(GDP)は近年、購買力平価(PPP)では米国を追い抜き、世界一の経済大国となっている。一部の専門家は、ドル建てでのGDP算出はもはや廃れていると指摘している。レバノンメディア「Al Mayadeen」が伝えている。

          中国との激戦で米国は、1週間で長距離弾薬を使い果たす - 調査結果

          https://www.zerohedge.com/geopolitical/study-finds-us-would-run-out-long-range-munitions-1-week-china-hot-war 2023/01/26 ゼロヘッジ DCに拠点を置く戦略国際問題研究所(CSIS)が今週発表した新しい研究によると、アメリカの防衛産業は、中国のような大規模な軍隊を持つ敵との「長引く通常戦争」に対して「十分な備えができていない」と結論づけている。 この結

          【速報】ファイザー社、新ワクチン開発に向けコロナウイルスの "変異 "を研究

          (翻訳ツイート) プロジェクト・ベリタス @Project_Veritas 速報 ファイザー、新ワクチン開発に向けてCOVID-19ウイルスの "変異 "を研究 "これは内緒です・・・リスクがあります・・・あなたが変異させたこのウイルスが何かを生み出さないように、とてもコントロールしなければなりません・・・正直なところ、武漢で始まったウイルスのようなものです。" #ディレクテッドエボリューション 以上

          無茶うけた〜 😂

          Googleに恨みを持つAppleは、スマホ向けサービス(地図、検索、広告)を徐々に強化中

          iPhoneメーカー、iOSの地図、検索、オンライン広告を強化し、ライバルのAndroidシステムに対抗 アップルは、自社のモバイルOSを、グーグルの親会社であるアルファベットが提供するサービス機能から切り離し、独立性を持たせる措置を講じており、地図、検索、広告の分野で前進 FT  2023/01/25 上記の写真 AppleとAndroidのロゴを背景に、iPhoneを操作する女性のモンタージュ。 アップルは、共同創業者のスティーブ・ジョブズがライバルのアンドロ

          ブラックロック - ウクライナ復興に97.5兆円の必要性を見込む

          【翻訳ツイート】 ① デビッド・サックス @DavidSacks "ウクライナの復興には約7500億ドル(97、5兆円)が必要だと、投資会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは先週ダボスで開催された世界経済フォーラムで述べています。" ウクライナ戦争にかかるコストはこれからが本番です。 引用=インテルニュースドットコム: フィッチによると、ウクライナはデフォルトに向かってスパイラルしているという。ウクライナビジネスニュースが1月23日に報じたところによると、フィッチ

          エプスタイン島に36回も足繁く通ったビルゲイツに、日本政府は最高の勲章を渡していた

          エプスタイン島とはこんなところ。 親父が全米弁護士会の会長だったゲイツ。どうやったら訴追を免れるかはお手のもの。 ゲイツに渡した勲章と盾はこんなやつ。 彼らがどういう人たちかお分かりでしょう。 鬼畜といいます。 以上

          日本の人口動態ー対前年比較(2023年1〜11月まで)

          昨年11月までの人口動態速報値が出ました。 それにしても坂道を転げ落ちるように人口が減っていきますね。 どうしてでしょう。偶然ですかね?もしかして、(以下略)。 出生数 前年比      ー38、522人 死亡数 前年比    + 105、383人 ↓ 自然増減 前年比 ー143,905人 以上

          世界的規模の秘密結社の危険性について警告していたJFK

          ビデオ 抜粋 *CIAもJFK暗殺に関わっていたと最近ニュースになったが、これは彼らに対するJFKの宣戦布告だったようだ。南無🙏

          【閑話】ケンカ早いアメリカ人❣️

          (ツイート翻訳) 米下院議員アダム・シフ @RepAdamSchiff ケビン・マッカーシー下院議長が、私と @RepSwalwell を諜報委員会(インテリジェンス・コミティー)から追い出した。 これはドナルド・トランプを私たちが調査したことに対する小手先の政治的な仕返しだ。 もしケビンがこれで私を止められると思っているのなら、それがどれほど間違っているかすぐに思い知るだろう。 私は常に民主主義を守るつもりだ。 ↓(このツイートに対してケンカをふっかける保守派イ

          米国はもはや何の安定のためのアンカーでもない:元米国情報局員(スコット・リッター)

          グローバルタイムズ社=実質は中共国営メディア 2023/01/04 編集後記 今、世界はさまざまな意味で長期的な危機にさらされています。パンデミック、ロシアとウクライナの紛争、インフレとエネルギー危機が続く中、新たな紛争が発生するリスクは高まっている。このような状況の中で、2023年はどのような年になるのでしょうか。世界の安定のアンカーとして、私たちは誰に期待するべきなのだろうか。グローバル・タイムズ(GT)記者の余金翠と興暁静はこのほど、こうした差し迫った問題をめぐっ

          トランプ大統領のロシア調査を指揮した元FBI防諜トップ捜査官が逮捕

          (テレグラム翻訳) トランプ:私が大統領に当選するずっと前から、ロシア、ロシア、ロシアと大騒ぎして私を追っていたFBIの男が、ロシア、ロシア、ロシアから金を受け取ったとして逮捕された。地獄に堕ちますように! *トランプも随分と口が悪いが、限られた文字数でたくさんの人々に状況を的確に伝えるには、人々の「感情に訴える」言葉を使うのは致し方ないだろう。前出noteに、高級官僚でお上品な孫崎享さんと、文筆プロレスラーで口の悪い副島隆彦さんの対談本を抜粋した。孫崎さんはそのス