近藤みほ(流山市議会議員)

2児の母(兼)流山市議会議員(2期目)。IT会社を退職後、地盤・看板・カバンなしの無所属で立候補。議員は家庭や子育てなど生活現場の声を政策提言に活かせる仕事なので女性もどんどん挑戦すべし。ステレオタイプの議員像を壊すべくニュートラルな目線で感じる違和感や挑戦について発信します。
    • 『公民連携やれんのか!』by 都市経営プロスクール5期生
      『公民連携やれんのか!』by 都市経営プロスクール5期生
      • 44本

      都市経営プロフェッショナルスクール公民連携事業課程5期生が連載するマガジン。

オンライン教育環境整備の先にあるもの:子ども達の学びをバリアフリーに

コロナ禍の影響もあり、義務教育の学びを継続させるため、流山市でも1人1台の環境整備が急ピッチで行われてます。1人1台のより良い活用が求められますが、特に学校に足が向…

多様なコモンスペースの開発 ~「わたし」から始める社会実験~ vol.0

作って!と他人任せにするだけではかっこ悪い 都市経営プロフェッショナルスクールのオンライン受講。早いもので、3か月が過ぎようとしています。様々なケースを学んでは…

ステイホーム期間後の自殺者の推移と相変わらず高い男女差

いつも耳の痛いことを発信して下さる木下さんのこの記事がずっと気になっていたのと、自治体の目的である、住民の福祉(幸せ・豊かさ)の向上について、「幸せとは何か」を…

学校の先生にヒアリング(捨てたい業務&本当はやりたいこと)

先日、オンライン教育については、ハードが整備されただけでは意味がなくて、それをどう使うかが重要。余裕時間を産み出して、子ども達をもっと街で育てられたら、という発…

流山市の児童推計(小学校版)

流山市は3、40代の人口が増えている自治体です。子どもの人口も増え、ここ数年は特に傾きが急ゆえ、学校の更なる新設・増改築も予定されています。市民の方からは「将来…

オンライン教育環境整備の先にあるもの、まちで子どもを育てたい

誕生日に、何が何でも実現したいことを決めました 皆様、お祝いのメッセージありがとうございます。本日は誕生日でした。 朝、うちの母からの電話で「あんた、いくつにな…