コロナ禍での「ZOOM」その後

前回も記載しましたが、今、私の周りではシニア世代のZOOM使用が急増しています。
自治体が絡んだ福祉関係のセミナーや会議、シニア世代同士の勉強会など、ほとんどがZOOM開催に代わってきました。これらのZOOM開催のセミナー等に参加したり、シニア世代の勉強会のホストのサポートしていると、色々と問題が発生してきています。

参加者の方に、ZOOM上でのマナーの徹底とか、ZOOMアプリの最新版へのアップ

もっとみる
”スキ”ありがとうございます!とっても励みになります!
4

災害に強い街は「ごめーん、お醤油貸して」が言える街

「ええよ~。樽で返してな~(笑)」といえる関係が、いざという時の絆になる。

ご近所づきあい=災害への備え  

阪神淡路大震災から26年、東日本大震災から10年が過ぎようとしています。今また、新たな大地震が迫っています。内閣府は10年以内にM7.5前後の地震が発生する確率は60%程度、30年以内だと99%、つまり、今から30年間の間、明日地震が起きてもおかしくないという日を過ごすという状態である

もっとみる
ありがとうございます!
4

ふるさと納税以外の収入源は?

こんにちは。

最近下の子はトーマスが大好きになり、トーマスの服を着ているときはジャケットを着せると泣いて嫌がります。トーマスが見えなくなるので。「パーチー・・・」と泣きます。トーマスだよ~( ´∀` )

自治体の収入源は増やせないの?

ふるさと納税により他の自治体と返礼品による差別化を図り収入アップを目指す自治体が出てきました。

やりすぎ~とストップが入りましたが、マーケティング力のある自

もっとみる
継続する励みになります。ありがとうございます。
2

100億円事業!!内閣府発"地方創生テレワーク交付金"を知っていましたか?

 あまりテレビなどマスメディアが大きく報じなかったような印象もありますが、内閣府地方創生推進室が令和2年(2020年)12月23日に「令和2年度補正予算(第3号)地方創生テレワーク交付金の創設について~ 地方への新しい人の流れの創出、魅力的な働く環境の創出に向けて~」を発表しました。

今回はこちらを紐解き、どのような活用・展開が考えられるかを共有したいと思います。

 この事業の目的は「新型コロ

もっとみる
スキありがとうございます😊😊😊
5

2度目の緊急事態宣言を迎えて

2度目の「緊急事態宣言」が出て1週間が経ちました。
前回の「緊急事態宣言」の時と、色々な面で違いが出ています。

前回の時は中止になった授業やミーティング・会議など。今回は、方法を変えて、ZOOM等にオンラインでの実施が増えているように感じます。
コロナ禍になり、ZOOMなどのリモートに慣れてきた方が多くなった事が要因の一つだと思います。

先日、あるセミナーのホスト役のお手伝いをしました。
30

もっとみる
”スキ”ありがとうございます!とっても励みになります!
7

Public人材とは?

私たちの考える「 Public人材 」について書いてみました。

なぜPublic人材が必要か

みなさんは官民連携(PPP)という言葉を使っていますか?
わたしは、担う部分が分断されていて、ミッション・ヴィジョンを共有しなくても成立するのが連携だと考えます。
しかし、住民にとっていいもの生み出すには官民共創(PPC)が必要ではないでしょうか。

ここで活躍するのがPublic人材です。

完成さ

もっとみる
スキありがとうございます。

「孤独は友だち」 成人式に寄せて

例の感染症の影響で、各地で自治体「成人式」の中止が相次いでいるとか。十代の頃から自治体「成人式」廃止論者なので、家族単位で祝えばいいのでは、と思うのみです。

例年、この時期はネットで「成人式+行けない&行かない」で検索してみます。「仕事で行けない」「金銭的に親に負担はかけられない」「同級生たちに会いたくない」…そんな新成人たちも少なからずいるものです。

周囲に祝福されたり、お金をかけてもらえる

もっとみる
スキをありがとうございます
30

2020年3月10日 研修費用が対象から外れたGIGAスクール導入補助金 これからのICT教育に向けた教育者側の養成課題とは?

教育現場に見えてきた課題を踏まえ、さらには令和時代のスタンダードな学校像として、「GIGAスクール構想」の実現に向けて政府は動き出している。教師・児童生徒の力を最大限に引き出すことを目標とし、日本のICT教育の充実により一層力を入れる構えだ。

前回の記事
「令和元年度補正予算案でGIGAスクール構想の実現に向けた補助金が確定
これからの教育現場はどう変わっていくのか?新たに見えてきた課題とは?」

もっとみる
ありがとうございます!

【ウェビナー動画】コロナ禍における自治体・DMO向けソリューションの紹介

HIS法人営業本部では、ビジネスパーソンが、今、気になるテーマのウェビナーを主催・共催しています。

今回、ご紹介するのは2020/12/17に弊社が開催したウェビナーから、自治体・DMO向けソリューションの紹介動画をお届けします。

コロナ禍の今でも出来る継続的なプロモーション施策などを中心に、HISおよびHISが代表理事を務める「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム(略称:RTPC)」の
もっとみる

スキありがとうございます!嬉しいです!
6

佐賀県自治体Youtubeチャンネル一覧

NPO法人学生ネットワークWANでは、過去に「旅をしたくなる・あの人に会いたくなる・その土地に住みたくなる」をテーマに全国の市町村を対象に様々なコンテストを開催してきました。

昨年は、「地域活性化や地域の魅力を発信している方々や団体を応援したい!」という想いから佐賀県内の全ての市町村からエントリーをいただいて「動画で応募!地方創生大賞」を開催しました。

コロナ禍で外出が自粛されたこともありYo

もっとみる