択一式試験で得点率を上げる秘訣

数ヶ月間にも及ぶ公務員試験の中で、択一式試験は最初の壁でもあり、かつ最終的には面接試験と比べてさほど重要視される訳でもない(例えば得点換算比率が、択一式:小論文:面接=3:1:6のように)、言ってみれば「最低限越えてほしいハードル」という位置付けです。しかしその範囲は膨大で科目も多岐にわたるため、一体どこから手をつければ良いのか分からないという方、あるいはどれくらい勉強すれば合格ラインに届くのか全

もっとみる

二度地方公務員になり、二度辞めた経緯

私は、二度公務員になり、二度辞めています。いずれも民間企業からの転職で、一度目は30歳入庁、二度目は35歳入庁です。住宅ローンを抱えた妻子持ちですので、仕事を続けながら、また育児もしながら、隙間の時間で試験勉強をしました。当時、公務員に転職しようとして公務員試験について色々調べてみたところ、(新卒者向けと比較して)出回っている情報量が少ないと感じました。筆記試験の勉強方法や、面接や小論文試験の実例

もっとみる

めちゃくちゃ太る食べ物特集。

ダイエットの1番重要な要素って
運動ではなく、食事なんですよ!

運動だけしていても好きなものを
食べていたら確実に太ります。

逆に、運動をしなくても、
食事さえ気をつければ痩せていきます!

 
また、大事なのは食事制限ではなく
食事管理なのです。

食べる物さえ気をつけていれば、
量を食べても問題なく痩せていきます!
(理想は腹八分目ですが、、、)

 
今日はめちゃくちゃ太りやすい
食べ物

もっとみる

Ken先生@NOTE学校 職員室

職員室(職員室マガジン)

ようこそ、職員室へ。教員のKenと申します。Ken先生@NOTE学校では、各マガジンを教室に見立てています。ここは、Ken先生@NOTE学校の職員室(所属教員Ken先生1名)です。

職員室では、以下のような生徒(参加者)を対象に、教育全般に関する情報を提供しています。

対象生徒(参加者)

教員や公務員を目指している方
現役の学生の方
学生の保護者の方
現役教員、公

もっとみる
人生は学習の連続です
4

#3 異動について

新年度に伴い人事異動があります。最近まで税金の計算をしていた人間が観光部署に行ったり、水道料金関係の仕事をしていたと思ったら教育委員会に行ったり、異動によって業務が180度変わります。そういう会社にいるのです。

通常2~4年での異動が多いですが、同じ部署に長くいることによる仕事のマンネリ化を防いだり、人材育成のため様々な分野の部署を経験させたりと、適材適所な人員配置を行ったりしています。若手でい

もっとみる

私がうつ状態になった訳    本章その4

こんばんは。遠山です。

なんか、最近天気予報が信用できない、今日この頃です。

なかなかうつ状態にならないですが(笑)もう少しで遠山にうつ状態が出てきますのであと少しお付き合いください。

2年目だ!楽になる!と思ったけど

怒涛の1年目が終わり、2年目に入った今年の春。

1年の流れが把握できたし、ある程度仕事も覚えてきた頃。

私は異動して新しい仕事に取り掛かる際、まず前任者と同じ方法でやっ

もっとみる
ありがとうございます!
2

【高卒】警視庁警察官3類 国語試験の過去問を公開

こんにちは、江本です。

✓本noteの内容
警視庁警察官Ⅲ類(高卒)の国語試験で出題された問題10年分をまとめたデータ。
・書き:300問
・読み:300問

すごく大切なことを言うと、過去に出題された漢字は・・・出ません!

すごい衝撃的な発言ですよね。

過去10年間の重複出題率のデータがこちら。

・読み:4%
・書き:5%

こんだけしか、重複していないことがわかりました。

逆にいうと

もっとみる

わたしが公務員を辞めたわけ

はじめまして。

子育てのカウンセリングをしている ささげけい子です。元公立保育園の保育士をしており、今は子育て専門の電話相談をしています。

先日、公務員時代の同期が仕事を辞めたと聞きました。彼は昨年急性白血病になり、入院をしていました。お見舞いに行った際、彼とこんな会話をしていことをよく覚えています。

「いや~病気になって、いろいろ考えましたよ~。俺、仕事、辞めようかなと思うんですよね」

もっとみる
ありがとうございます😊
15

必要とされること

就活をしていた時に、ずっと

「自分が本当にその会社に必要とされる人間か」

ということに悩まされていた。

面接の少ない時間で自分自身を伝えきるには相当な話術と準備とが必要になるし、それでいて相手の求めていることを的確にとらえた答えでなければはじかれてしまうのだから、自分自身さえ自分のことを知って会社に貢献できますなどと言うことが難しい。

志望動機というのも、その会社で何をしたいかなどの野望が

もっとみる

ひじかたの一人語り①

保活がいよいよ本格的にスタート。

とともに、復職のイメージが具体的になってきた。

職場を頭の中に思い浮かべて、「あ〜、こんな子いたな。こんな時、対応に困ったな。今思えばこういう風に声かけできたな。」って、しょっちゅうグルグルしております。

で、わかったこと…

※これは決して一般論でなく、私個人の感じ方です。子どもがいるとかいないとか、何が正しいとか良いとか、人をジャッジするものではありませ

もっとみる