「コロナ禍で広報活動の本質性が問われるようになってきた」ほか広報業界関連ニュース(7月10日)

こんにちは。株式会社トドオナダの遠藤です。

広報効果測定ツール「Qlipper」は、厳選したウェブニュースサイト1,000媒体以上からリアルタイムで記事を収集し分析しています。

「Qlipper」が収集した記事から、広報業界に関わる記事をご紹介します。

ピックアップ記事

「企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう」
ITmedia マーケティング

本田哲也さんの記事です。

もっとみる
ありがとうございます!フォローもお願いします!

官公庁への営業活動を担当するあなたへ   ~元地方自治体の契約担当者による随意契約のコツ~

こんにちは。
こちらの記事は、官公庁と現在取引がある、または官公庁との取引に興味がある人に向けて書いています。
官公庁に限らず、日々営業に携わる人にとって有意義な内容となることを目指します。

なぜ、こんな記事を書こうと思ったかというと、新卒で最初に入った会社でも、その次に転職した地方自治体でも、今働いている会社でも、官公庁への営業に苦しむ仲間をたくさん見てきたからです。
特に、契約担当として地方

もっとみる
サンキューです!
4

地域の人脈と情報収集の方法

こんにちは!現在0歳児育休中で、来年仕事復帰半分・起業半分を目指しているinkです。起業しよう!と思い立ってから、日々の奮闘を綴っています。

以前、起業の2回目ののきっかけは、自分の置かれた環境からで、主に都内までの通勤時間が往復3時間であることというのを書きました。(6/20投稿: 起業のきっかけは2回)
子育てしながら仕事をしようと思うと、どうしても時間との闘いになってしまうと思います。私は

もっとみる
読んでいただけて嬉しいです!!これからも頑張ります😆
2

ポストコロナの災害後の住宅復旧(7/1時点)

本ページにつきまして

本ページは自治体防災担当の方向けに、弊社(ユニオンテック)が「ポストコロナの災害後の住宅復旧」をテーマに情報発信をさせていただくものです。弊社は、2019年の台風15・19号で被害を受けた住宅の初期復旧に関し、千葉県より事業を受託した実績がございます。

自治体の皆様に置かれましては、「新型コロナウイルス感染症の予防と台風を始めとする災害対策の両立」という難しい課題に取り組

もっとみる
ありがとうございます!
3

公タマ伝R #2 夢は先生 恩返し

『この福島太郎には夢がある』ということを、少し語らせてください。
マニアの方は御承知かと思いますが、筆者は「4段階の思考法」というものを意識しています。
「気づき 学び 深め 活かす」
という4段階です。当然のことながら「公タマ伝」につきましても、この4段階を意識しており
「気づき」…自分の考えを掘り起こし、文章化をスタート
「学び」…noteにおいて公表する。他の方の意見を聞くなど交流する
「深

もっとみる
重ねてありがとうございます。嬉しいです
5

【海外展開事例集 vol.17】Japan Expo Parisで得たノウハウを土台に唐津焼を世界に広めるプロモーションを継続(唐津市商工観光部唐津焼振興室様)

「海外展開事例集」vol.17公開!

これまでジャパンプロモーション運営のイベントにご出展いただいた方々にインタビューを敢行し、皆様が実際に目の当たりにされた世界各国のリアクションや、その後のご活躍について貴重なお話を伺う「海外展開事例集」シリーズ。

シリーズ17回目となる本項では、唐津市商工観光部唐津焼振興室ご担当者様に、海外出展の経験やノウハウを活かし、これまでの唐津焼のイメージを一新しな

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです!
1

#3 自治体の帰省自粛支援

皆さんこんにちは!とぐっちゃんです。

前回もお話した通り、各自治体が行っている(た)帰省自粛の学生・社会人向けふるさと支援について、いくつかピックアップしてご紹介します!
(書くだけ書いて公開していなかった……💦)

1.新潟県燕市

こちらは全国の先駆けとなり、いち早く帰省自粛の学生へ支援を行ったことでも有名です。
自治体の有志メンバーから立ち上げられたこの企画は、有志メンバーのみならず街全

もっとみる

憲法草案〜第9(8)章 地方自治〜地方自治の本旨、地方自治体

現行憲法の地方自治の本旨、地方自治体

第九十二条
地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。

短い文章に地方自治の本旨(本来の目的や意義)までも込められており、ある意味地方自治が蔑ろにされている一因と考えます。
沖縄県の基地問題だけでなく様々な住民の意見が国政等により無視されたり、地方交付税交付金の増減額により意思決定をコントロールされていると考えま

もっとみる
ありがとうございます。
1

【論文刊行】コロナ禍における自治体危機管理の課題と展望

『月刊ガバナンス』7月号に日本大学危機管理学部・福田充研究室の論文「コロナ禍における自治体危機管理の課題と展望(上)〜リスク・マネジメントにおける危機管理四機能の構築」が掲載されました。新型コロナウイルス対策に関して、自治体行政に求められる危機管理体制と制度の問題を考察しています。この論文の(下)は来月号に掲載されます。書店で販売中、公務員・自治体の専門誌、学生・院生の皆さんもよかったらご覧下さい

もっとみる

コロナで疲弊する地方をふるさと納税で支援する動きが活発化! 還元率95%の牛肉、10kgのお米も

>実質2000円の負担で、各自治体が用意する返礼品をもらえるふるさと納税。納税者に優しく、また地方創生という観点からも注目の制度だが、コロナの煽りを受けて異変が起きている。高額返礼品が生まれる背景に迫った。

コロナ禍でも得できて地方を支えられる「ふるさと納税」の裏ワザ

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、地方の財源不足は過去最大だったリーマンショック後の18兆円を上回る可能性がある。そのた

もっとみる
よろしければシェアお願いします。
6