地方公共団体が活用できる補助金制度とは?

補助金ポータル編集部です。

国連で採択された持続可能な開発目標「SDGs」も
今年で4年目を迎え、企業の行動指針としても
強い影響力を持つようになってきました。

また、一部の地方自治体ではSDGsが掲げる
目標の達成に取り組む動きも見られるように
なってきています。

そこで今回はこれまで補助金ポータルで
クローズアップする機会の少なかった
「地方公共団体のSDGs」をテーマに、
自治体が活用

もっとみる
スキありがとうございます。毎日配信してますのでフォローもお願いします。
3

土地を棄てられると自治体は困るだろう

土地の所有権が放棄可能になる方向だ(12月4日日経参照)。ただ、運営上土地の所有権の放棄をあまり厳格な条件でのみ認めるとすると、所有者不明土地の増加抑制というそもそもの命題が達成できない。反対にあまりに安易に認めると、放棄の受け手である国の管理の手間が膨大になる。他方、地方自治体の税収に対する固定資産税依存率はざっと40%だ。なので、現在の所有者が払っている固定資産税が所有権放棄以降払われなくなる

もっとみる

国の広報〜何がどうなっているのか〜

人生会議のポスターは、要望が出されて発送が取り止めになりました。その後その要望への批判などもありましたが、関係者や委員へ再度意見を聞くなど良い方向に向かっているようで、今後良いものが出来上がってくることを期待します。

私自身、厚生労働省の広報に関わることがあるので、その中で感じていることを書きたいと思います。

いま現在は厚生労働省の『上手な医療のかかり方』に関わっていますが、その前に関わったこ

もっとみる
わーい、ありがとうございます(⌒▽⌒)
6

納税と社会保障。

父が9月に眼の手術をしました。
他にも、ぜんそくや前立腺がんを煩い、通院しています。
そのため、高額医療補助の対象になるので、9月分の医療費が少し、返還されるとのことで、申請書を持って役場へ行きました。
(※高額医療補助は自治体、所得などの細かい条件で変わってきます)

受付で
「税務課に繋ぎます」
と言われて、なんだろと思いながら、待ちました。

「この還付金は国保税の納税に充ててください。」

もっとみる
ありがとうございます。励みにします。
5

【レポート】地方から「新しい働き方」を発信!都留IT講師チャレンジコースがキックオフ

こんにちは!都留IT講師チャレンジコースを運営するC-table株式会社の田邉です。

都留IT講師チャレンジコースは、地方で「新しい働き方」を目指す方向けに、6か月間でIT講師としてのスキルを学んでいただき、「IT」×「地方」×「あなた」の新しいキャリアを一緒に目指していく講座です。

こちらのnoteでは、実際の講座内容や様子をレポートとして共有させていただきます。自治体と民間が連携する新しい

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
3

株式会社ぐるなびを卒業しました

10月末をもって3年半勤めた株式会社ぐるなびを卒業しました。

飲食店のリアルを知った営業時代

新卒入社で1,2年目は飲食店への営業。広告だけでなく経営支援サービスも販売させていただきました。新宿区の繁華街エリア(主に神楽坂)を担当し、有難いことに非常に多くの店舗を担当させていただきました。新規獲得の飛び込み営業と担当店舗の集客・経営支援。今後も飲食店のサポートをしていく上で非常に役立つ経験がで

もっとみる

パートナーシップ制度 葉山町も20年度導入目指す

神奈川県内葉山町もパートナーシップ制度を導入だそうです。カナロコ(神奈川新聞)から。

先日の神奈川県営住宅でのパートナーシップ制度で恩恵を受けられる同性カップルも入居可能の通知も受けて神奈川県内の自治体も追随して来ますね。

不安に思われる方に少し書いておきますが、性的少数者は何も特別な人間では無いので公営住宅でトラブルを起こすなんてマジョリティ(健常、多数派)の方々の中でもほんの一握りですから

もっとみる

「どうして封筒なんですか?」

封筒を集めている、という話をするとき、大体疑問を持たれる。疑問を持たない人がいれば、それは私の趣味に関心がないか、隠れて封筒を集めているかのどちらかだろう。

いつから集めるようになったのだろうか。手元にあるものを確かめると、おそらく2015年、区役所に入庁した頃からだ。区役所は官公庁封筒の宝庫。これは見所がある、そう思い、集め始めた。念のため言っておくが、職場の未使用封筒をくすねるようなことはし

もっとみる
今日のふたご座は運勢1位!
4

地方をカモにする闇(汚れ)を落とす

私は「地方=ブルーオーシャン」と表現しているが、それはカモにしてふんだくろう!というアクマ的意見ではない。

あくまで、
・未開拓の観点が多く、改善可でコストダウンしやすい
・Web活用が進んでおらず売上拡大の可能性も見込める企業が多い
・既存資源 × よそ者視点 = オリジナル商品(製品プロデュース)可能性アリ
などなど、とりあえず開拓の余地は大きいと見ている。

都内で培った経験を地方でも実践

もっとみる
ありがとうございます!!また公開しますので読んでくださいね^^♪
8

【日経新聞記事】兼業・副業社員を自治体職員に。企業メリットのアイディア出し‼<後編>

#COMEMO #NIKKEI

昨日みつけた日経新聞記事。
企業側のメリットを見出して、自治体・兼業社員・派遣元企業でのWin-Win-Winを目指してみよう。

メリットパターン1; 自治体とビジネスをしたい企業

例えば『シェアリングエコノミー+自動運転の経済圏』を売り込みたい企業がある。
全国展開ではなく、小規模都市を丸ごとサービス圏とするサービス。

一方で、利用者減により『バスなどの公

もっとみる
ありがとうございます!もっと楽しいnoteを目指します♪
7