Sayaka Ishizuka

横浜市デジタル統括本部デジタル専任職・総務省地域情報化アドバイザー・Code for YOKOHAMA・横浜市職員自主勉強会「よこはまYYラボ」・「地方公務員が、本当にすごい!と思う地方公務員アワード2017」受賞

Sayaka Ishizuka

横浜市デジタル統括本部デジタル専任職・総務省地域情報化アドバイザー・Code for YOKOHAMA・横浜市職員自主勉強会「よこはまYYラボ」・「地方公務員が、本当にすごい!と思う地方公務員アワード2017」受賞

    最近の記事

    新兵器

    フィラメントの角さんがFacebookで推し推ししているモバイルモニタースタンドの投稿に「いいな~」って呟いたらなんと私にも送ってくれるという神対応!!! ということで、使ってみたレビューを書きました~♪ セッティングイメージモニターと一緒に置いてみるとこんな感じになります。 私のPCのモニタは12.5インチですが、高さ的にはモニターのどこも隠れることなく置けました。 普段、自宅のデスクで使っているのは横置きモニターなので、PCより高い位置にサブモニターを置くというのは初体

    スキ
    13
      • 時の勢い

        先日、地方公務員オンラインサロンからのご依頼で「改善を進める手順とコツ」というテーマでお話をさせていただきました。 と言っても、基本は同業者しかいない場所ですし、業務フローを書きましょう~みたいな改善のセオリー的なものを話してもつまらないかなと思いまして、これまでに私が歩んできた道や取り組んできたこと、生み出したソリューションの話をしつつ、その過程でどういうことを気を付けるに至ったかという内容でお話をさせていただきました。 行政に限らず、組織の中で何かを変えていくというの

        スキ
        15
        • はだかの王様

          はだかの王様ってお話って知ってますか? むしろ知らない人がいたらびっくりするくらい有名な寓話ですね。 この話から得られる示唆ってなんでしょうね。 思ったことを口にする子どもはすばらしい? 忖度する家来や民衆がアホ? だました仕立て屋が最低?それともだまされる方が悪い? 見栄と権力にあぐらをかく王様が一番の馬鹿? 個人的には、この話を「国という統治機構の問題」という面から見るか、「メンヘラな王様個人の問題」という面から見るかで得られる示唆も、このパレードの後がどうなったのか

          スキ
          1
          • 免疫力のあるシステムとは

            掃除も終えた土曜の昼下がりに、コーヒー飲みながら3月10日に公開されたデジタル庁が主催するGovtech Meetupの5回目を視聴。 その中で「ゆるさや余白を作る(疎結合する)ことで免疫力のあるアーキテクチャを作る」「分散データをつないでいく仕組み」をテーマとした話の部分で、デジタル庁CAの江崎さんがこんなコメントをしていて、思わず食いつきました。(注:多少意訳しております) LOD(正式名称:Linked Open Data)は、World Wide Webの生みの親

            スキ
            12

            アイデンティティ2

            今まであまりnoteのダッシュボードとか見たことなかったのですが、久々に見てみたら4番目に多くの方に読まれているのがこちらの記事でした。 こちらの記事ではマイナンバー制度の経緯などを書いたのですが、今回は「アイデンティティ」についてもうちょい掘り下げてみようかなーと思います。 というのも、オンラインを前提とした時の「本人を確認するってどういうこと?」という問いに対する様々な認識の違いや誤解がオンライン化を進める際にも障害になっているなぁと、ここ1年くらいの間にしみじみと感

            スキ
            10

            受動と能動

            為末大さんのこのnoteを読んで、色々腑に落ちたのでメモ代わりにnoteに残しておきます。 特に頷きまくったのはココ。 私はデジタル活用推進や支援をメインとして活動しているわけですが、その中でよく言われる「改善したいけど思うように進まない」というのは、「不便を強いられている」という状況と要因が「受動・能動」のどちらに分類されるのかごちゃごちゃにしていることが多いなと感じています。 もう少し掘り下げると、なにかを「改善」する時は、勘違いと思い込みも含めた経験値から来る「受

            スキ
            12

            ゆく年くる年 2021

            皆様おはこんばんちわ。(古w 2021年ももう終わりですね。 去年のnoteを見ていたら「2020年は激動の年」と書いていたのですが、今年は2020年とは違って露出することを減らしつつ、内心では色々なことをやっていた感じの「静かに物事が動いていた年」だったなと思います。 1月~3月おそらく経済局では最後の数か月になるだろうなーと思って、自分が立ち上げた事業の引継ぎ準備とかシリコンバレーのガルバナイズ社とオンラインで繋いだセミナー準備とかを絶賛やっていた時期。 前年度に話

            スキ
            11

            Code for Japan Summit 2021

            年に一度のシビックテックのおまつり「Code for Japan Summit」が今年も大盛況のうちに無事に終了しました。 2014年から開催され、年を追うごとにグレードアップを続けるこのイベントに私が最初に参加したのは2015年のことで、豊島区議会議場の跡地において開催された本イベントにスピーカーとして呼ばれたのがキッカケでした。 豊島区で開催されたサミットの様子に衝撃を受けて「豊島区でできて金沢区でできないってことはないでしょう!!」と企画プレゼンを作って上司に掛け合

            スキ
            9

            ピースのないジグソーパズル

            私がICTの世界に足を突っ込んで早20年以上が経ちます。 教育情報化、住民向け窓口システム、オープンデータ、Govtech、そしてデジタルガバメント。 色々なことに関わりながら見える社会の変化に、たまに脳がバグを起こしそうな気分になる時もあります。 20年前と比較するとPCのメモリが大昔のメインHDDの容量よりもはるかに大きくなっているとか 「ブロードバンド」という名の信じられないほど高速なネットワークを月額数千円で誰もが使えるとか 「スマートフォン」という名のアポロ計

            スキ
            5

            一票の意味

            私が住む横浜では、来週市長選挙が行われることになっています。 今回は8名の立候補者による大混戦が予想されていて、公私ともに関わりのある身としては今からどうなることやらという気分です。 候補者のSNSに「いいね」しただけでもコンプライアンス云々といわれる公務員の立場上、立候補者の政策云々に関してはモノをいうことはしませんが、「なぜ選挙に行くのか」ということについて少し前に書いたこの絵を改めてシェアしたいと思います。 日本はいわゆる「代議制民主主義」を採用していますので、よ

            スキ
            12

            信頼貯金は複利?

            基本的になにを行うにしても色々な方々の協力がないとできないよなというのを痛感している私からすると、いざという時に手を差し伸べてくれる人達がどれくらいいるのかという「信頼貯金」は、仕事においても人生においてもとても重要だということを最近つくづく感じます。 信頼「貯金」とはよく言ったもので、お金を貯めていたら買いたいと思った時に買えるのと同じで、なにかをやりたいと思った時にそれを払い出すことで「実行へのスピード」というものが段違いに早くなります。 例えると10年前はザクに乗っ

            スキ
            10

            留まるために走り続ける

            「いいかい。ここでは力の限り走らなきゃいかんのだよ、同じ場所に留まるためにはね。もし他のところへ行きたいのなら、その2倍の速さで走らなくてはならんのだ」 (It takes all the running you can do, to keep in the same place.) ルイス・キャロル作「鏡の国のアリス」より これは進化に関する仮説のひとつで、サービス思考関係のセミナーなどでちょいちょい耳にする「赤の女王仮説」と呼ばれるものですが、DXという言葉が浸透するに

            スキ
            25

            久々のデータ供養

            最近、Code for YOKOHAMAの活動で、横浜市財政局の公共建築物施設データを活用したEBPMチックな案件を検討しておりまして、その過程で使えそうなデータを洗いだす作業をしています。 その中のひとつとしてターゲットになったデータが、なかなかのレベルのBADオープンデータだったので、BADオープンデータ供養寺に事例として奉納するためのネタとして書いておこうかなと思います。 対象になったのは、横浜市オープンデータポータルに公開されている「令和2年度市立学校現況」データ

            スキ
            18

            ファースト・ペンギン

            いやー、ペンギンって可愛いですよね。 横浜のズーラシアにいるペンギンとかめっちゃ可愛いので、皆さんぜひ見に行ってみてください。 …という話をしたいわけでは当然なくw、今日はあくまで例えとしての「ファースト・ペンギン」のことを書きたいと思います。 ファースト・ペンギン事例まず私が過去に手掛けてきた「ファースト・ペンギン」的事例をご紹介。 1)かなざわ育なび.net 金沢区役所福祉保健課在籍中に手掛けた案件。 ・オープンデータを活用し、データを一元化していること ・居住地の

            スキ
            29

            DX?デジタル化?

            最近、一日一回は「DX」(デラックスではなくデジタルトランスフォーメーション)という言葉を聞くようになってきました。 ICTに関して色々なバズワードが生まれるのはいつもの事で、DXも定義もへったくれもなくちょっとデジタル活用しただけで「DXだー」とドヤ顔するケースが多発しそうだなぁと危惧しているのですが、DXというのはインフラなどの技術革新や社会情勢によって段階を踏んで進められていく事がほとんどだと思うので、ある時点を切り取って評価する場合は「テクノロジーなり手段が、未来の

            スキ
            35

            ゆく年くる年

            2020年は皆様にとってどんな年だったでしょう? 今年は私は色々激動の年でした。 1月から12月まではこんな感じです。 1月~6月しょうぼうず&チーム・ミエルカによる「ユニバーサル防災大道芸」開催 よんななアーティスト会 行政×Tech「それITでなんとかしますなります」登壇 【2月】 第2回 情報共有基盤推進委員会(地域情報化アドバイザー業務) 【3月】 HOLGで雲南市 速水雄一市長のインタビュー記事公開(取材・文 石塚) YOKOHAMA Internat

            スキ
            13