夢の実現には誰にでも与えられている「ちいさい・ちいさい」を確認しあい、温めあい、共有しあっていくところから

日暮れが、早くなった。気忙しく、どこかうら寂しい。

あれほどうっとうしかった猛暑の頃の太陽が懐かしい、などというのは幸せな悩み。季節性うつ病の人にとっては、いよいよ辛い時期が始まる。

仮説ですが……生命は、深海で誕生した。命のリズムを支配したのは、潮の満ち干。月の時間だ。数十億年後、地上に進出して以来、生命は太陽と月のリズムの調整に葛藤した。この問題を解決するために、体内時計が生まれた……とい

もっとみる
やった〜!
1

「じぃいじのつぶやき」関心・無関心

ありがたいことに❣️
まだ子供もいないのにご縁があって義理のじぃいじにして頂き❣️
しかもこのお孫ちゃんが僕と同じ誕生日の2月18日生まれ❣️

じぃいじ運命感じちゃってます💓
ホントめちゃくちゃ可愛い💕
目に入れても痛くないって思っちゃう✨
世のじぃいじ、ばぁばの気持ちがめっちゃ良くわかる❣️
この子のためなら何でもしてあげたくなっちゃう💘
じぃじ孫に好かれたくてあの手この手♪
ただのじじ

もっとみる

○今日は 一本木透 先生のお誕生日です おめでとうございます!1031

※この記事は2019年03月08日に書かれたものです。

一本木透○だから殺せなかったの野人の裏側
■劇場型犯罪を一人の新聞記者の視点から描く
新人離れした筆致が選考委員から高い評価を得て、
DNA「司」の方三位日に、
第27回鮎川哲也賞(17-0403/鉄申)優秀賞を受賞した
一本木透(61-1031/灯酉)の『だから殺せなかった』が、
01月31日(山辰)の主導DNA天冲殺支合日に
上梓されて

もっとみる
○幸せ発電しますね!あなたも?!
2

ワクチンをすべての人に平等に行き渡らすためにはどうする?SDGs時代の取り組み

PRディレクターのさやです。

さて、2020年はオリンピックの年から新型コロナウイルスの年となったわけですが、新型コロナウイルスは今人類が抱える様々な課題を浮き彫りにしています。その一つが健康アクセスの不平等です。所得格差が治療やワクチンなどへのアクセス格差につながっています。

このままではワクチンが開発された後も、高額なワクチンを接種できず、世界的にみて新型コロナウイルスが鎮静しないという事

もっとみる
さやです!投稿の励みになります、ありがとうございます!
3

インフルエンザが怖い季節

こんばんは!るむです。
今日はインフルエンザの予防接種に行ってきました!

毎年同じ病院で受けているのですが、今年はコロナの影響ですごくピリピリした雰囲気でした。

そこまで気にならない人も多い?インフルエンザですが、今年は予防接種をする人が例年より多そうですね。

ふと思ったんですけど、インフルエンザっていつから猛威を振るっているのでしょう?

インフルエンザの歴史

インフルエンザは1934年

もっとみる
押してくれてありがとうございます!
3

HEALTHY-LIFE NEWS

TOP-NEWS ! Self-Medication!

「座して待つより対岸の備えに!」「オセフル:Oseflu」インフルエンザ治療予防薬で代表される「タミフル」のジェネリック製品です。A型又はB型インフルエンザの治療薬、または予防薬として用いられています。世界的に信頼販売されているインフルエンザジェネリック治療予防薬です。

日本では、ビジネス用の販売は禁止されており、個人輸入代行業専門業者様

もっとみる
ありがとうございます!今後共何卒宜しくお願い申し上げます。
2

抗体種

これは西暦2100年の世界である。ちょうど一年ほど前からゾンビが世の中に現れ人を襲うようになった。噛まれたらゾンビになるが、足が遅く音に対して異常に反応する。そして頭を狙えば完全に死ぬことが分かった。
 人々は見た目からして明らかにわかるゾンビを恐れつつも、常に退治する構えで共存しながら生きざるを得なかった。だから1年以上前の平和こそないものの、とりあえず注意すれば十分生きていけるのだ。

---

もっとみる
Cảm ơn bạn "Ski"「スキ」ありがとうございます
84

【サメの絶滅とワクチンの関係】

ワクチンには、炎症を引き起こすために、毒物が仕込まれています。

その毒物のことを「アジュバント」と言います。

この毒物を専門的に生産しているビッグファーマがあります。

それは、新型コロナワクチンの激しいレースを展開しているアストラゼネカと同じイギリスに拠点を置く「グラクソ・スミスクライン(GSK)」。

このビッグファーマは、2009年の豚インフルエンザ(H1N1)ワクチンのときも、重篤な副

もっとみる
嬉しい😂感謝😆またみてください!
3

【記事掲載】日経ビジネス・コロナワクチン対策

今日10月29日より『日経ビジネス』ネット版に日本大学危機管理学部・福田充研究室インタビュー記事、「ワクチン接種で混乱も・コロナ対策まだ残る法制の課題」が掲載されています。会員限定記事ですが、今日一日一般公開で読めます。
 マクロン大統領がフランスのロックダウンを宣言。欧州は急激に感染拡大、アメリカもまだまだ感染拡大は止まりません。治療薬やワクチン開発もこれからが正念場、来年から国民、市民への供給

もっとみる