中川淳一郎

フリーのライター・編集者・PRプランナー。noteで「月刊お気楽フリーランス論」の定期購読マガジンを2020年10月8日に発売開始。47歳でセミリタイアできたので、どうやってカネをビジネスパートナーのY嬢と一緒に2人だけで稼いできたのか、といった生々しい経験をお伝えします
    • 「月刊お気楽フリーランス論」
      「月刊お気楽フリーランス論」
      • ¥1,000 / 月

      フリーになってから19年、ネットニュース編集を始めてから14年、本が売れてから11年、そして会社をY嬢こと吉河と始めてから10年。一旦の総括をしてみます。裏コンセプトは「儲かり、かつ苦しくない社畜的フリーランス論」。

【月刊お気楽フリーランス論 sidestory#8】処理速度は速いに越したことはないという話

株式会社ケロジャパンの吉河です。喫茶店では隅っこが好きです。よろしくお願いいたします。 中川が大量の編集や原稿書きをこなしていたため、芋づる式に私も「忙しいでし…

フリーランスで重要なのはダサいけど「信用」【月刊(本当は週刊だけど)お気楽フリーランス論Vol.8】こんなに簡単、信頼される…

フリーランスになった方は、「サラリーマンよりも稼ぐ」ことを第一義的に考えるべきだと思います。もちろん外資系コンサルや投資銀行は別格ですが、一部上場企業や大手マス…

300

【月刊お気楽フリーランス論 sidestory#7】ギャラ交渉に関するミもフタもない結論のようなもの

株式会社ケロジャパンの吉河です。先日、中川がギャラ交渉についての話を書いていたので、私もお金について思うところを少しだけ。 フリーランスには、ギャラ交渉がつきも…

ああ、これがまともな生活なんだなぁ…と最近しみじみ感じる件

セミリタイアをして、唐津に引っ越してからは仕事の忙しさはかなり減りました。とはいっても連載の本数は東京にいた時と変わらず、さらには「中川さん、暇だろうから仕事頼…

会社員からバカにされた件と【月刊お気楽フリーランス論 Vol.7】禁句集「できません」「例を見せてください」+会社員が言う「…

先日福岡に行き、モツ鍋を食べたのですが、私の文章を色々と読んでくださっている男性・A氏からこう言われました。 「中川さん、あの文章は本当に良かった! アレがもう…

300

【月刊お気楽フリーランス論 sidestory#6】「男女2人」は大体何か言われる件について

株式会社ケロジャパンの吉河です。中川の作った会社に雇われることになった私ですが、「男女2人」ということで、最初の頃はうぇぇぇぇめんどくせぇぇぇぇ!といったことが…