村中璃子 Riko Muranaka

医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました
    • 村中璃子、ちょこっと読み。
      村中璃子、ちょこっと読み。
      • ¥980 / 月

      わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。

    • 文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
      文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
      • ¥10,000 / 月

      「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。

    • 文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】
      文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】
      • ¥3,000 / 月

      noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事を大体ぜんぶ読みたい!という方にお勧め。引用の際には出典のご記載をお願いします。プラスαを読みたい方、医療関係者には「文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】」がおススメ。

    • 子宮頸がんワクチンを正しく知る
      子宮頸がんワクチンを正しく知る
      • 14本

      『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』(平凡社、2018年)刊行以降noteに書きおろした、子宮頸がんワクチンを実際に接種する際に役立つ記事をまとめています。2020年12月、子宮頸がんをほぼ100%予防する9価ワクチンが日本でも承認されました。

    • 新型コロナウイルス、パンデミック
      新型コロナウイルス、パンデミック
      • 51本

      2019年末、中国から始まった新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)について、誰よりもどの記事よりも正確に解説します。

    • すべてのマガジンを表示
  • 新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症 (光文社新書)

    村中璃子
  • 10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか

    村中 璃子
  • 10万個の子宮

    村中 璃子
固定された記事

子宮頸がんワクチン打ちました。今まで接種表明しなかった理由と大人のHPVワクチン【接種できる施設のリスト付】

定期接種年齢の人、1本あるいは2本だけ接種している人には「子宮頸がんワクチンの3回接種は不要?本当に必要な接種スケジュールを考える【接種できる施設のリスト付】」も…

980

いちど広がったら消えないワクチンへの不安

ドイツはクリスマスの少し前から、ロックダウンしています。ロックダウン再々延長の決まった会議の行われた3月3日時点でドイツでは122日、すでに1年の約3分の1の時間(こ…

498

ロックダウンで変わる街の景色

【追記 2021年3月5日】昨日3月28日までのロックダウンの決まったドイツにおける、検査に関する重要なルールの変更について追記しました。 ブティックの並ぶハンブルクの…

980

5分でわかる!新型コロナワクチンの筋肉注射

海外では毎年のインフルエンザワクチンを含め、ほぼすべてのワクチンが筋肉注射ですが、日本では筋肉注射はあまり一般的ではありません。 そのため、最近では医療関係者向…

498

WHO「ウイルスの起源の調査」武漢会見後のアメリカの動き

WHO専門家チーム代表のPeter Ben Embarekが武漢滞在の最終日、WSJ(米「ウオールストリートジャーナル」紙)に対し、「2009年10月以前から新型コロナの患者が発生していた…

498

毎年、日本でも食中毒が起きる「これ」のこと

この時期、ドイツのスーパーマーケットでは1束0.5から1ユーロ(100円くらい)で、レジの脇や野菜売り場の片隅に大量に積み上げられる写真のアイテム。 何か分かりますか?…