村中璃子 Riko Muranaka

Medical Doctor/ Journalist (医師・ジャーナリスト) 著書に…

村中璃子 Riko Muranaka

Medical Doctor/ Journalist (医師・ジャーナリスト) 著書に『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』

マガジン

  • 文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】

    「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」はわたしが書くすべての記事を読みたいという方、定期購読で応援してくださる方向けです。執筆の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事・資料などを「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。

  • 文系女医の書いて、思うこと【スタンダード】

    noteでわたしが書く記事が大体ぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、わたしの書いた記事を大体ぜんぶ読みたい!という方にお勧め。引用の際には出典のご記載をお願いします。プラスαを読みたい方、医療関係者の方は、ぜひ「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」の購読で応援してください。

  • 村中璃子、ちょこっと読み。

    わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。

  • 続・10万個の子宮【必携版】

    『10万個の子宮ーあの激しい痙攣は子宮頸がんワクチンの副反応なのか』以降にnoteで発表した子宮頸がんワクチンに関する人気記事を集めました。ロングセラー「子宮頸がんワクチン打ちました。今まで接種表明しなかった理由と大人のHPVワクチン」「リベラルだってワクチンを打っていい」も収録。

  • 続・10 万個の子宮【完全版】

    積極的接種勧奨再開決定を記念して、2018年に『10万個の子宮』を上梓して以降、今日までにnoteに書いた子宮頸がんワクチン関連の記事24本すべてが読めるマガジンにまとめました。医療関係者はもちろんのこと行政、教育など接種を進める側の方たちは必読です。ワクチンの副反応や接種スケジュール、成人の接種、男子接種などの具体的な問題に関する記事はもちろんのこと、ワクチンの値段、ワクチンに関する情報の伝え方、地方から草の根的に広がっていった行政の取り組みなど子宮頸がんワクチン問題の解消に役立つヒントが満載です。

ウィジェット

  • 商品画像

    パンデミックを終わりにするための 新しい自由論

    村中 璃子
  • 商品画像

    10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか

    村中 璃子
  • 商品画像

    新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症 (光文社新書)

    村中璃子
  • 商品画像

    パンデミックを終わりにするための 新しい自由論

    村中 璃子
  • 商品画像

    10万個の子宮:あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか

    村中 璃子
  • 商品画像

    新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症 (光文社新書)

    村中璃子

最近の記事

  • 固定された記事

子宮頸がんワクチン打ちました。今まで接種表明しなかった理由と大人のHPVワクチン【9価接種施設リスト付】

定期接種年齢の人、1本あるいは2本だけ接種している人には「子宮頸がんワクチンの3回接種は不要?本当に必要な接種スケジュールを考える【接種できる施設のリスト付】」もお勧めです。 子宮頸がんワクチンを打ちました。接種してくださったのは東京都世田谷区にある、かるがもクリニックの宮原篤先生。接種したのは、日本未承認の9価の子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)です。 子宮頸がんワクチンは現在、その年に中1になる女の子から高1の女の子に定期接種となっています。日本で承認された2価・4

有料
980
    • ウワサのハギス

      今日は医学も科学も関係ない、スコットランドの「ハギス」という食べ物についての話です。 ハギスについては先日のラジオ「おはよう寺ちゃん」でも触れましたが、音声で説明を聞いてもどんな食べ物なのか想像が難しいのでは?と思い、写真を載せて説明を補足することにしました。この記事のカバー写真の黒いひき肉のように見えるのがハギスです。 ハギスとは羊の肺や肝臓と穀類、スパイスの腸詰で、「ハギスを食べずしてスコットランドに行ったと語るな」と言われるほどのソウルフード。日本でいうおにぎりの感

      • 巨大竜「ネッシー」をめぐるネイチャー論文を読む

        この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

        • 「ペストの墓」の遺伝子解析

          スコットランドのカークマイケル(Kirkmichael)という村にある、コーチ・インを改造したアパートに滞在した。コーチ・インとは鉄道が普及する以前のイギリスでもっとも一般的だった宿の形態で、隣接する牧場で馬を休ませながら人間も食事や宿をとれる宿のことだ。ただ、人と馬を泊めるだけでは採算が取れなかったことから、現在ではほとんどのコーチ・インはパブになっており、ロンドンでは今でも宿として機能しているコーチ・インはたった1つだという。 おかしな趣味だと思われるかもしれないが、わ

          有料
          980
        • 固定された記事

        子宮頸がんワクチン打ちました。今まで接種表明しなかった…

        マガジン

        • 村中璃子、ちょこっと読み。
          ¥980 / 月
        • 文系女医の書いて、思うこと【スタンダード】
          ¥3,000 / 月
        • 文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】
          ¥10,000 / 月
        • 続・10万個の子宮【必携版】
          15本
          ¥3,980
        • 続・10 万個の子宮【完全版】
          35本
          ¥10,000
        • 睡眠学者に訊く!睡眠についてのすぐに役立つあれこれ
          5本
          ¥2,980

        記事

          わたしのリハビリメニュー

          3月に右顎の下にできた腫瘍の摘出手術を受けました。 術前の説明では、舌の動きが少し悪くなるかもしれないというだけの話でした。しかし、手術が終わって目覚めると、

          わたしのリハビリメニュー

          米軍製!新型コロナユニバーサルワクチンの簡単解説

          コロナウイルスのようなパンデミック傾向のある感染症対策の難所は、ワクチンの効かない新たな変異株が出現し、パンデミックがくり返されることだ。世界では2020年から、全てのコロナウイルスに有効な「ユニバーサルワクチン」の開発が始まっていた。 コロナと同じくパンデミック傾向のあるウイルスにインフルエンザがあり、こちらのユニバーサルワクチンは2009年の新型インフルエンザ流行時に開発が本格化したが、今日に至るまで成功していない。 ところが先週、世界初となる新型コロナのユニバーサル

          有料
          980

          米軍製!新型コロナユニバーサルワクチンの簡単解説

          ハンブルク麻薬使用室前で男に追われる

          2月28日付の記事で、ドイツには「麻薬使用室」と呼ばれる、麻薬常用者が清潔な針と消毒を使って麻薬を使用するための施設があること、また、ハンブルクでは麻薬使用室周辺の治安が悪化しているため、4月から周辺地区の再開発が計画されていることについて書きました。 あれから、再開発は進んでいるのか、麻薬使用者たちはどうなったのかーー。今日は体を張って撮ってきた写真と共に現状をレポートします! 「ドイツのための選択肢」の提案ハンブルク中央駅の北口を出て右手へ曲がると、左前方には長距離バ

          有料
          980

          ハンブルク麻薬使用室前で男に追われる

          「大麻はお酒より100倍安全」?今なぜ欧米では大麻合法化が進んでいるのか

          エイプリルフールではない。4月1日、ドイツでは18歳以上の成人の娯楽用大麻が合法化(非犯罪化)され、1世帯で3株までの大麻の栽培と、1回につき最大25グラムの乾燥大麻の所持(自宅では50グラムまで)が認められるようになった。 「青少年の目に触れない場所で」という趣旨なのだろうが、「9時から20時までは学校やスポーツセンターの近く、『歩行者ゾーン』での使用は禁止」という謎の条件までついており、まるでお酒やタバコのような感覚で大麻が使えるようになった。 欧州に来て驚いたのは、

          有料
          980

          「大麻はお酒より100倍安全」?今なぜ欧米では大麻合法化…

          世界に誇る日本の医療の「お値段」

          先日、日本で腫瘍摘出の手術を受けたことについてはnoteでもお伝えしてきたとおりです。 https://note.com/rikomuranaka/n/nffc45b4c5ba9 いまはリハビリを生活の中心に据えた、本当に地味な日々です。楽しくはありませんが、今まで意識しなくてもできたことができなくなると、色いろな気づきがあって、自分のからだも世界も違って見えますね! さて、先日の入院では退院が週末だったため後日、病院から請求書が来て支払いを済ませました。金額自体はあら

          有料
          980

          世界に誇る日本の医療の「お値段」

          「パンデミック条約」の現在地

          WHO加盟国は4月29日、「パンデミック条約」の最終文言をめぐる話し合いを再開する。5月27日から始まるWHOの第77回年次総会での採択を目指してのことだ。 パンデミック条約とは、世界がパンデミック再発を抑止に努め、次にパンデミックが起きた際に収束に向けて平等にワクチンに配分できるよう協力するための枠組みだ。 条約はワクチン義務とは全くの無関係13日、東京では「ワクチンが任意である日本の主権を無視して、接種を強要するWHOに強く抗議する」「健康を人質にしたWHOの横暴を許

          有料
          980

          「パンデミック条約」の現在地

          術後3週間:焦ラズ、落チ込マズが難しい

          目覚めるたびに「また良くなっている」と感じられていた症状も、術後2週間を過ぎた頃から急に変化に乏しくなってきました。 

          術後3週間:焦ラズ、落チ込マズが難しい

          話題の「やせ薬」のパーキンソン病治療薬としての実力やいかに?

          日本でも「奇跡のやせ薬」として話題の「セマグルチド」が、今度は早期のパーキンソン病の進行を遅らせる可能性があるという早期の臨床試験データが発表された。パーキンソン病とは脳に進行性の(元に戻らないで悪くなっていく)変性の起きる病気で、震えやこわばり、動作の緩慢、認知症などさまざまな神経症状を示す難病だ。米俳優マイケル・J・フォックスが20代で若年性パーキンソンにかかったことを知っている人もいるだろう。難病情報センターによれば、日本では1000人に1~2人、65歳以上では100人

          話題の「やせ薬」のパーキンソン病治療薬としての実力やいかに?

          手術は無事終わり、良性腫瘍でした

          手術は無事終わり、腫瘍は良性で確定診断となりました。 大きな腫瘍だったのに、口の中から手術したため、手術したことは外目からは全く分かりません。体への負担も少なく、手術から40時間後、翌々日の朝には退院することができました。 日本で手術を受けるに至るまでの経緯については、こちらのnoteをご覧ください。 口の中は粘膜なので皮膚の傷よりも閉じるのがずっと早く、傷口を縫っていることもあってすぐ塞がるのだそうです。ただ、手術後3時間で口から水を飲み、翌朝には流動食も出て少し食べ

          手術は無事終わり、良性腫瘍でした

          世界一の医療を受けるために日本へ

          「日本の医療が恵まれている」いう話は、日本人であれば誰もが耳にしたことがあるでしょう。 発展途上国や医療費が高額で有名なアメリカに比べれば恵まれていることは想像できます。でも、「普通の先進国」と比べた時、日本の医療がどうなのかについてはピンと来ない人が多いのではないでしょうか。 今日はわたしが経験した欧州では一番いいと言われるドイツの医療との比較を通じ、日本の医療がどのくらいいいのかについて考えてみたいと思います。 note定期購読者の皆さまには既にお伝えしているとおり

          有料
          980

          世界一の医療を受けるために日本へ

          さよなら、ダイエット!薬で痩せる時代の幕開け

          運動、節酒、腹八分目――。分かっているのに続かない、続けているのに痩せられない。 2月22日、そんな悩みをお持ちの方にちょっと気になるニュースが出た。ウゴービ(一般名:セマグルチド)」の日本販売が始まったのだ。ウゴービとはデンマークの製薬大手ノボ・ノルディスクが販売する肥満治療薬で、ウゴービが上市は日本で6か国目となる。ウゴービと全くの同一薬剤(セマグルチド)で、糖尿病治療薬として開発された「オゼンピック」を使用した人から「痩せた」との報告が相次いだのを受け、肥満治療薬とし

          有料
          980

          さよなら、ダイエット!薬で痩せる時代の幕開け

          男子にHPVワクチンは要らないは本当か?

          2023年、8年10か月ぶりに積極的接種再開した子宮頸がん(HPV)ワクチン。2024年からは9価ワクチンも定期接種として使えるようになり、接種回数も3回から2回へと変更になり、日本もやっと子宮頸がんに関する世界標準の防御体制がほぼ整いました。 そんな中、厚生労働省の有識者委員会は14日、日本のHPVワクチンスケジュールにおいては最後の課題となっていた男子へのHPVワクチンの定期接種について議論しました。 HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頸がんだけでなく、尖圭コンジ

          有料
          980

          男子にHPVワクチンは要らないは本当か?