柳宗悦

美術品と工芸品の違いとは

一言で”伝統工芸品”と言っても、実は共通の定義というのは
なかったりします。
またその作り手についても、伝統工芸品を作るのは職人さんであったり、もしくは個人の名前を出す作家さんだったりします。

こういった定義については明確なものが無いので、しばしば議論になったりもします。

そしてもう一つ議論になるのが、”美術品と工芸品の違い”についてです。

美術品と工芸品の違い

私自身、「美術品は飾るもの

もっとみる

民藝から生活を考える

民藝と時代

こんにちは、ひよこです。
前回は「民藝とおうち時間」という内容で、普段の生活を見直すための民藝思想について紹介しました。今回からは複数回に分けて、柳の説いた民藝思想を深く掘り下げていきたいと思います。

前回ご紹介したように、「民藝」(思想)は、大正末期に柳宗悦(1889~1961)によって生み出された工藝論です。この「民藝」という言葉は、柳自身も説明している通り、「民衆的工藝」の略

もっとみる

「おうち時間」のなかで「民藝」という考え方に学ぶ

「民藝」を知る

こんにちは、ひよこです。

皆さんは「民藝」(みんげい)という言葉を聞いたことがありますか? 今日では、一般に「地方の伝統工藝品」「郷土の生活雑貨」として認識されている言葉かもしれませんが、この「民藝」という考え方は、もともと今からおよそ100年前の大正末期に、思想家の柳宗悦(1889~1961)が生み出した工藝美論でした。

機械による「大量生産・大量消費」の商業資本主義が跋扈

もっとみる

デジタルのコンテンツは世界観

「日本のカッコイイを集めたお土産屋さん」をコンセプトに、日本製品を集めた店が東京・自由が丘にあります。店名は「カタカナ」。ライフスタイル提案型の雑貨店の聖地、自由が丘にあってひときわ精彩を放ちます。

日本のカッコイイを探して

「日本の伝統文化と外国から取り入れた文化、それらの融合の中から生まれる多様性に、今の日本の良さがあります。そんな想いを込めて、店名をカタカナとしました」
こう語るのは店主

もっとみる
ありがとうございます^_^ よろしければシェアください!
5

04文通_よそおいの向こうへ

空さんと谷端さんの文通、第4回目の更新です。(3回目はこちら)
当たり前ってなんでしょう、表現ってなんでしょう。それぞれの街から、季節を感じながらぜひお読みください。

ばたこちゃんへ

5月に入って急にバタバタとしてしまい、少し期間が空いてしまいました。
柳宗悦は私もすごく気になっていた人のひとりだったので、ばたこちゃんとはますます会って話したくなりました!民芸活動やデザイン、まだまだ学びきれて

もっとみる
次回もお楽しみください!
4

「民芸」発信地だった鳥取/復元進む城に期待/鳥取市

★都道府県 鳥取県
★城郭 鳥取城

 「民芸品」「民芸調」などという言葉を当たり前のように使うが、これは1925年、民芸運動を起こした柳宗悦(やなぎ むねよし)らが「民衆的工芸」を略して作った言葉だ。鳥取はその民芸運動を先駆けとなって盛り上げた地である。それは鳥取市生まれの医師、吉田璋也(よしだ しょうや)によるところが大きい。
 1931年故郷に帰って開業した吉田は、同時に「鳥取民藝會」を設立

もっとみる
作家・江戸歩き案内人の黒田涼です。気にいっていただき嬉しいです。
3

苦しみ学のススメ 7

『幸福学✕経営学』から2年。
苦しみの意味を探求してみたい、
幸福を追い求めることへの違和感を表現してみたい、
と思っています。

経営学の分野では有名なピーター・センゲ。
「学習する組織」を提示、
組織ぐるみで学び合う文化へ深い示唆をくれた。
今でも読み直す書籍の一つ『学習する組織』(英治出版)、
の中にこんな一節がある。

皆さんは、幸せになるために働いている人に出会ったことがあるだろうか?私

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです🙏
9

本を読むことで世界から隔絶していた時。柳宗悦という人。自分にとっての巨人の中の一人だった。柳宗悦を取り巻く人々。芹沢銈介や濱田庄司の世界にも大きな影響は今も受け続けていると思う。そんな柳宗悦の収集品を集めている東京の駒場にある日本民藝館。自分にとっては聖地のような場所。

¡De ahora en adelante, por favor!
1

読書日記アーカイブ2017年2月

そして柳宗悦全集を読み始める。全集は高いのでたまたま見つけた第8巻から。
この凡例にもあるように全集は著作を可能な限り集めるものだと思っていたが、柳田国男全集について書かれてある論考を読んだら著者が生前の場合はそうでもないようだ。
しかし鶴見俊輔著作集は、博士論文執筆中からテキストクリティックをちゃんとやっていたのかと個人的には思っていました。著作集なので全て収録されていないし異同も調べられていな

もっとみる