archiroid|アーキロイド

株式会社アーキロイドです。 建築設計やそれに関係するプログラム開発の会社です。 ( h…

archiroid|アーキロイド

株式会社アーキロイドです。 建築設計やそれに関係するプログラム開発の会社です。 ( https://archiroid.com/ ) 設計事務所として「福井典子の家」という住宅を始めました。 ( https://fukuinoriko.archiroid.com/ )

マガジン

  • 福井のお散歩日記🐕...

    お散歩や旅、寄り道の記録○ 素敵な場所などをお勧めできれば...と。 おでかけ先の一案にして頂ければ嬉しいです!

  • 家づくりレポート

    アーキロイドの家づくりをレポートしていきます。

  • 西宮の家_家づくりレポート

    築45年ほどの戸建て住宅。あと数十年暮らそうと思うと「まずは『冬は暖かく、夏は涼しい家』にしておいた方が絶対に快適に暮らせる」という見えないデザインの話から始まったリノベーション。

  • 福井典子インタビュー

    アーキロイドに加入した建築家、福井典子氏へのインタビューを通して、「福井典子の家」を考える。

  • 今週、社内で話題になった事例(コンワダさん)

    株式会社アーキロイドの社内で話題になった事例(ニュース、リリース、書籍、動画、論文などなど)のうち、いくつかをご紹介します。元記事の配信時期は必ずしも今週とは限りません。数ヶ月前、数年前のものもあるかもしれません。 社外にこれを発信することで、 ①アーキロイドメンバーが日々どのようなことに目を向けているのか、を知ってもらいたい。 ②せっかく読んでもらえるなら有益な情報をお届けするために、自分たちの情報感度をもっと高めていきたい。 という目論見があります。 メンバーも大半が30代に差し掛かってきたので、備忘録という意味合いが一番強いかも。ご笑覧ください。

最近の記事

  • 固定された記事

設計事務所から独立後すぐに就職した理由 (アーキロイド新メンバーにインタビュー前編)

 2023年2月、アーキロイドに社員として加入した建築家・福井典子氏。彼女へのインタビューを通して、アーキロイドの現在地とこれからの展望を紐解いていく。 新しく仲間が増えました――当社に新しいメンバーが増えました。建築家の福井典子さんです。昨年より外部のパートナーとして住宅設計に関するアドバイスをもらったりしていて、今年の2月に正式に社員として参加してもらいました。改めてよろしくお願いします。 福井典子(以下:福井)「お願いします!」 ――まず簡単にご経歴を教えていただ

    • 昨日は芝浦・日大合同講評会に参加してきました。

      こんにちは!アーキロイドの福井です。 昨日は、芝浦・日大合同講評会に参加してきました。 今年で3回目の開催で、芝浦工業大学の松下希和研究室と日本大学の篠崎健一研究室の取り組みだ。昨年度の卒業設計の続きをやっている学生の作品や設計課題の作品など、有志30人ほどの作品が並ぶ。 私は、審査員の末席で2回目の参加だったのだが、真剣に取り組む学生の熱量に対して、何か次への一歩の手立てになれば...なんて思いを込めてコメントするのは、私が学ぶことばっかり。 審査員の中山繁信先生が「み

      • 雨の永平寺へ(福井県永平寺町)

        こんにちは!アーキロイドの福井です。 映画『ファンシイダンス』の舞台のイメージとなった「永平寺」へ行ってきました。(実際の撮影は、別の寺院) ロッカーでシティボーイだった今どき(1989年当時の)大学生(本木雅弘)が家の都合で、お寺で修行をすることになるところから始まる。剃髪するし不合理だし…な修行の日々がコミカルに描かれている。 コメディー映画なのですが、お寺の風景が美しく行ってみたかった場所です。 私が訪れたのは、大粒の雨が降りしきる日。とてもたくさんの観光客で溢れて

        • 福井・養浩館庭園(福井藩主松平家の別邸)

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 大雨がざっと降り、気温が下がって気持ちいい風が吹く夕暮れ時に、JR福井駅から歩いて15分ほどの養浩館庭園(福井藩主松平家の別邸)へ行ってきました。 江戸時代から少しずつ形を変えて使われていたここは、1945年の福井空襲で焼失後も庭園はきちんと伝えられていたため、「御泉水指図(1823年)」を基本に戦前の写真や発掘調査をし、発掘された遺構の上に建っています。 下記図面の右側が、蒸し風呂を兼ね備えたお風呂屋(御湯殿(オユドノ)・御上り場

        • 固定された記事

        設計事務所から独立後すぐに就職した理由 (アーキロイド新メンバーにインタビュー前編)

        マガジン

        • 福井のお散歩日記🐕...
          90本
        • 家づくりレポート
          19本
        • 西宮の家_家づくりレポート
          9本
        • 福井典子インタビュー
          4本
        • 今週、社内で話題になった事例(コンワダさん)
          85本
        • 建築奇譚集 バベルの住宅
          20本

        記事

          多治見駅前の虎渓用水広場

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 旅先の駅に降り立った時、どこに行っても似たような風景なのは、便利なのだがあまり旅情が全く感じられないのが、個人的には残念。 先日、多治見駅の北口に降り立つと、水と緑の広場が広がっている! 写真は雨上がりの早朝なのが残念だが、前日の夕暮れ時には、水遊びをしている子たちや、友達と集まって課題をしていたり、書き物をしている人、動画を観てる人など色んな過ごし方が溢れていた。(上の写真左側が駅舎) ホームページによると、「虎渓用水は近世以降の農

          多治見駅前の虎渓用水広場

          愛知県・豊田市美術館(設計:谷口吉生)−3

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 昨日、一昨日のブログの続き、「豊田市美術館」の展示空間へ、いざ。 ちょうど、常設展が開催されていました。 どの構図も絵として美しくなってしまう空間なのですが、歩みを進めながらめくるめく空間の変化が素晴らしかったです。もう空間が美しくないと、ものや人の美しさなんて惹き出せない気持ちになってしまう。 建築家・黒川紀章が設計した「豊田スタジアム」「豊田大橋」がチラリ。 豊田市、すごいな〜。福井 豊田市美術館 愛知県豊田市小坂本町8丁目5番

          愛知県・豊田市美術館(設計:谷口吉生)−3

          愛知県・豊田市美術館(設計:谷口吉生)−2

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 昨日の美術館の外観を堪能したブログ記事の続き。いざ、美術館内部へ。 モノトーンで美しくまとめられている美術館の奥に、雰囲気の違う場所があった。 国内外の画集や美術関連図書などが閲覧できる「ライブラリー」。 天窓(下の写真の右側)から柔らかい光が落ちてくるのを邪魔しないようになのか、天井には照明がついていない。 本棚を照らす照明が家具のように設られている。 近所だったら、毎週通っちゃいそうだ。美しく集中できる空間で、つい美術書を堪能し

          愛知県・豊田市美術館(設計:谷口吉生)−2

          愛知県・豊田市美術館(設計:谷口吉生)−1

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 もう、眼福としか言いようのない「豊田市美術館」へ行ってきました。 美術館のホームページの「建築・庭園のついての説明」に、『作品を鑑賞することはもちろん、建築と庭園を含めた美術館全体をお楽しみください。』と書いてある。まさにそう。私が訪れた土曜日にも、美術館自体の写真を撮りにきている人の多さに驚いた。 下の写真左の髙橋節郎館(タカハシセツロウ カン)の改修工事中(白いフェンス)。 2025年1月中旬に完了予定のようなので、また再訪しなきゃ

          愛知県・豊田市美術館(設計:谷口吉生)−1

          2024年4月OPEN!豊田市博物館(設計:坂茂)

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 豊田市美術館(設計:谷口吉生)に行きたくてネット検索していると、美術館の隣に「豊田市博物館」がオープンしていることを知り、行ってみました。 博物館の造園は、美術館と同じアメリカのランドスケープデザイナーのピーター・ウォーカー。数年前に訪れた時は気づかないくらい遮断されていたのだろうか、これからは文化エリアとして統一感が生まれて、行き来できるのがとてもいい。 「豊田の自然と人々の営み」をテーマにした常設展示。 縄文土器から自動車、コロナ

          2024年4月OPEN!豊田市博物館(設計:坂茂)

          アーキロイド、9年目に突入です...!

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 昨日、6月7日はアーキロイドの創立記念日でした! 9年目に入ります! 久々に事務所に全員集合の今日。 打合せに出ていた藤平さんと津久井さんが帰ってくると、津久井さんから 「エレベーターは点検中で止まってるけど、アイス買いに行こ〜」の提案。 (アイスを買って帰ればよかった..と話しながら階段を上がってきたらしい) 6階にあるアーキロイドの事務所。 亀岡さんがせっせと準備を始める。 藤平さんは「あ、やっぱり行くの〜?」と笑いながら準備す

          アーキロイド、9年目に突入です...!

          鳥羽市立 海の博物館(設計:内藤廣)

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 志摩観光ホテルから車で40分ほどの場所にある「鳥羽市立 海の博物館」へ行きました。おそらく、建築学生はみんな授業で出会っているはず。 そして、おすすめ建築の話に上がる常連の博物館です。 私にとっても、言わずもがな念願の場所。 到着してみると、写真で感じていたよりも慎ましい佇まいの建築です。 スタンダードな切り妻屋根のシルエットですが、建物の配置や開口部まわりなど端々に凄みを感じながら屋内へ進みます。 海にあったら大きく感じない船や旗

          鳥羽市立 海の博物館(設計:内藤廣)

          カルダー:そよぐ、感じる、日本 @ 麻布台ヒルズギャラリー

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 麻布台ヒルズギャラリーの「アレクサンダー・カルダー」展へ行ってきました。 アレクサンダー・カルダー(1898年〜1976年)は、動く彫刻「モビール」を発明した人です。1931年、マルセル・デュシャンがカルダーの作品にフランス語で「動き」や「動因」を意味する「モビール」という呼び名を与えたそう。 動かない建築設計に携わっているからか、モビールによって空気の流れが見えるようになったかのような、たゆたう姿や影にうっとりします。時間帯によって

          カルダー:そよぐ、感じる、日本 @ 麻布台ヒルズギャラリー

          大河ドラマ「光る君へ」の建築の楽しみ方-2「平安時代、地震対策どうしてたの?」

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 先日のブログ「 大河ドラマ「光る君へ」の建築の楽しみ方-1 」を読んでくれた方から、面白いクイズが送られてきた。 『問題です。壁のない寝殿造りの耐震性をどう確保していたでしょうか?』 確かに…。昔から、地震大国であったはずの日本。 当時、「部屋を仕切る壁」はなく、大きなワンルームなのが寝殿造りの特徴だ。 ヒントを3枚ほど。部屋を仕切る壁はないけど・・・ 答えは、『長押(ナゲシ)の上の小壁』で、横揺れを防いでいた。 (襖(フスマ)

          大河ドラマ「光る君へ」の建築の楽しみ方-2「平安時代、地震対策どうしてたの?」

          日暮里駅から谷中銀座へ向かう途中、朝倉彫塑館

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 日暮里駅から谷中銀座へ向かう途中、賑やかの通り沿いにある「朝倉彫塑(チョウソ)館」へ行ってきました。彫刻家・朝倉文夫のアトリエ(コンクリート造)と住居(木造)で、朝倉自らの設計した建物(1935(昭和10)年)です。 芸術家が自ら手掛け、増改築を繰り返した建物なんだそう。自分の暮らす空間に常に気を配り、手を入れ続けた空間は濃いい。そんな姿勢にも強く共感する。 室内写真は撮れないので、ぜひ行ってみてほしい! 90年前に、屋上緑化をしてい

          日暮里駅から谷中銀座へ向かう途中、朝倉彫塑館

          大河ドラマ「光る君へ」の建築の楽しみ方-1

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 先日、和室の成り立ちについて学んだので、ほんのちょっと共有(復習)。 私たちが思う「和室」って、いつ頃できたのでしょう? それは、1480年代の室町時代に建てられた銀閣寺「東求堂(トウグドウ)」。 畳を敷き詰めたり、床の間ができたり、いわゆる「和室」ができた。 (書院造り(ショインヅクリ)という様式で定義されている) それまでは、「寝殿造(シンデンヅクリ)」と言われる様式で建てられていたのだが、 現存しているものは無く、絵

          大河ドラマ「光る君へ」の建築の楽しみ方-1

          ピート・アウドルフのナチュラリスティックガーデン @ 東陽町・ギャラリーA4(エークワッド)

          こんにちは!アーキロイドの福井です。 ギャラリーA4(エークワッド)で開催されている「ピート・アウドルフのナチュラリスティックガーデン ーいのちがめぐる庭 ー」展へ行ってきました。 ピート・アウドルフの代表作は、ニューヨークの観光名所「ハイライン」の庭! 1980年台に廃線し放置されたままになっていた高架跡地が、お散歩道やアートの場として2009年から2014年に段階的にオープンした。 日本では、よみうりランドの「PIET OUDOLF GARDEN TOKYO」でピー

          ピート・アウドルフのナチュラリスティックガーデン @ 東陽町・ギャラリーA4(エークワッド)