実験映画

[イメージフォーラムフェスティバル2020]ペーター・チェルカススキーへのラブレター

イメージフォーラムフェスティバル2020にて観賞したペーター・チェルカススキーさん。疲れ切った体に、あまりにも危険な劇薬でした。

めちゃくちゃな気持ちが、自然と収まるような暴力性、カオス…心をさらに掻き乱し、さらに騒ぎ立て、そして自然と安心する。この不思議な感覚はなんだろう。わたしの心臓はいまも早く鼓動を打つ。とんでもないものに、出会ってしまったぞ…!!という赤信号。じっと立ち止まって、3つの角

もっとみる

映像のメエルシュトレエムに呑まれて  「螺旋の映像祭」を見る 菅原伸也評

三浦半島のつけ根に位置し海に面している神奈川県逗子において、2020年10月10日に「螺旋の映像祭」が奇しくも台風というもうひとつの螺旋の到来とともに開催された。この映像祭では、その名が表す通り、まさに螺旋の渦のなかに呑まれたかのように、展示上映された作品たちがさまざまなやり方で互いに遭遇し関係を結んでいた。本稿では、上映プログラムの作品に焦点を当てるが、あえて上映順に検討していくことをせずに、鑑

もっとみる
ありがとうございます!
5

螺旋の映像祭の為の往復書簡.8

これは写真家/美術家の本藤太郎と音楽家の宮田涼介が、2020.10/10に逗子市で行われる「螺旋の映像祭」に提出する作品を制作する為に行っている公開往復書簡です。

※前回はこちら

本藤さん

朝夕は大分過ごしやすくなりましたね。
高校の頃、「凛として時雨」をよく聴いていましたが、初期の作品で「秋の気配のアルペジオ」という楽曲があります。
嘘くさいくらい秋の気配…毎年9月にもになると、このフレー

もっとみる
ありがとうございます!
2

無意識的な意識を作品に残す力

昨日、ライブハウスを借り切って映画を観てきた。

堀江の socore factory が、コロナ禍という状況もあり定期的にホームシアター空間提供を行なっており、過去ライブでお世話になったクルーよりお誘いを受けたので、遊びに行ってきた。

メインはビデオゲームの歴史に関するドキュメント映画だったのだが、幕間というか、上映前にクルーの一人が持ってきてたDVDを観させてもらい、それがまた衝撃だった。

もっとみる
かたじけない
1

逗子アートフィルム|沖啓介|現代美術オンライン特別講義#3|月は最古のテレビ

10月開催の「逗子アートフェスティバル2020」の一環で、現代美術の講義をオンラインで行います。講師として、エレクトロニク・アート、メディアデザイン、電子音楽、映像などの分野で、国際的に活躍するアーティストの沖啓介氏をお招きします。配信は逗子の映画館、シネマ・アミーゴから行います。

逗子アートフィルム 沖啓介 現代美術オンライン特別講義#3
「月は最古のテレビ」
講師:沖 啓介(アーティスト・東

もっとみる
ありがとうございます!
6
ありがとうございます!
8

『螺旋の映像祭』展示・パフォーマンス作家一覧

『螺旋の映像祭』開催概要
https://note.com/zushi_art_film/n/n502ed347ee86

『螺旋の映像祭』上映作家・作品一覧
https://note.com/zushi_art_film/n/nce856d26afa3

<会場>
逗子文化プラザ さざなみホール/市民交流センターフェスティバルパーク(逗子市逗子4-2-10)、亀岡八幡宮(逗子市逗子5-2)

もっとみる
ありがとうございます!
5

『螺旋の映像祭』開催概要

10月10日(土)、逗子アートフェスティバル内で『螺旋の映像祭』を開催します。

映像の歴史は真っ直ぐではなく、社会や他の芸術分野に影響を与えつつ、螺旋状に拡がっていきました。様々な芸術的行為が混ざり合い、新たな創造に向かっていくような祝祭です。どなたでも楽しめるアニメーションやメディアアートの展示とパフォーマンス、現代美術の映像作品の上映があります。

螺旋の映像祭
日時:2020年10月10日

もっとみる
ありがとうございます!
11

吉田孝行作品『モエレの春』が8/21(金)〜8/23(日)に開催される映像祭「VIDEO PARTY 2020」で上映されます!

毎年京都のルーメンギャラリーで開催されている映像祭「VIDEO PARTY」が、今年も8月21日(金)〜8月23日(日)に開催されます。今年はオンラインによる開催となります。拙作『モエレの春』は、8月21日(金)20時00分開始のプログラム2で上映されます。上映後にZoomにてトークも行います。どうぞよろしくお願い致します。
http://lumen-gallery.com/vp/index.ht

もっとみる

逗子アートフィルム|沖啓介|現代美術オンライン特別講義

逗子アートフェスティバル2020の一環で、現代美術の講義を3回に渡り、オンラインで行います。
講師として、エレクトロニク・アート、メディアデザイン、電子音楽、映像などの分野で、国際的に活躍するアーティストの沖啓介氏をお招きします。
配信は逗子の映画館、シネマ・アミーゴから行います。

逗子アートフィルム 沖啓介 現代美術オンライン特別講義#1
「ウェットウェア、ドライウェア」
講師:沖 啓介(アー

もっとみる
ありがとうございます!
12