KnightsofOdessa

東欧/旧ユーゴ/カフカス/中央アジア映画研究家。好きな女優は必ず寡作。筋金入りの非線形…

KnightsofOdessa

東欧/旧ユーゴ/カフカス/中央アジア映画研究家。好きな女優は必ず寡作。筋金入りの非線形天邪鬼。2024年はエストニア/モンテネグロ/韓国を中心的に。2020年代はカンヌ映画祭のコンペ作品をコンプするぞ! 依頼等はknightsofodessa0715 at gmail まで!

マガジン

  • 世界の(未)公開映画

    東欧映画、ロシア映画以外の未公開映画についてまとめています。最近は公開された作品も掲載しています。全ての記事をどこかに帰属させてあげたいという親心です。見逃してください。

  • カンヌ国際映画祭コンペ選出作品たち

    2020年代の目標は"カンヌ国際映画祭コンペ選出作品をコンプリートすること"に決まりました。多分無理です。1800本近くある上、毎年20本ほど更新される地獄のリストですがのんびりやっていこうと思います。

  • 新作映画2024

    2024年の新作ベスト選考に関わる作品をまとめています。新作の定義は、今年も2022/2023/2024年製作の作品で自分が未見の作品です。

  • 東欧/バルカン映画

    自身の映画記事のうち、東欧映画とバルカン映画に区分されるものをまとめています。

  • ベルリン国際映画祭コンペ選出作品たち

    カンヌ映画祭のコンペ制覇にあわせて、ベルリン映画祭のコンペもゆるゆると書いていきます。2020年から始まったエンカウンターズ部門の記事も入れます。

最近の記事

  • 固定された記事

ハンガリー映画史① 黎明期(1896~1910)

ハンガリー映画といえばネメシュ・ラースロー『サンセット』が公開され、エニェディ・イルディコ『私の20世紀』やタル・ベーラ『サタンタンゴ』がリバイバル上映される今年は正にハンガリー映画イヤーと言えるかもしれない。 ハンガリーと世界映画史の関わりは一見謎に包まれている。ハンガリー映画で有名な作品は何かと言われると、ファーブリ・ゾルタンやヤンチョー・ミクロシュなどが挙げられるが、日本ではイマイチ知られていない。しかし、20世紀フォックスの創設者ウィリアム・フォックスも、パラマウン

    • Luis Figueroa / Eulogio Nishiyama / César Villanueva『Kukuli』ペルー、リャマ飼い少女の旅と祭

      大傑作。初めて製作されたケチュア語映画。監督たちは1950年代から60年代にかけて活動したクスコ集団のメンバーである(彼らは後にホルヘ・サンヒネスらボリビアのウカマウ集団が活動する基礎を作った先駆者でもある)。彼らの活動の主な目的は、特定地域の問題を周知すること、非商業的な作品を作ることであり、本作品の完成によってどちらも達成された。その背景には、この当時、ペルー国民の約40%がケチュア語を話していたにも関わらず、政府は先住民の存在を認めようとしなかったという事実があるらしい

      • ジョナサン・グレイザー『関心領域』アウシュヴィッツの隣で暮らす一家の日常

        2023年カンヌ映画祭コンペ部門選出作品。2024年アカデミー国際長編映画賞イギリス代表。ジョナサン・グレイザー長編四作目。1943年、アウシュヴィッツ強制収容所の所長ルドルフ・ヘスは妻ヘドヴィグと5人の子供たちと共に、収容所に隣接するモダンな邸宅に暮らしていた。物語の骨格だけ抜き出してくると、豪華な社宅に住む仕事熱心な夫、一世一代の大仕事、転勤を言い渡されて動揺する妻、自然環境の中で伸び伸びと暮らす子供たち、というありがちな中産階級の物語だが、それら全てがホロコーストと結び

        • ヤンチョー・ミクローシュ『The Pacifist』"愚者や動物みたいな何も考えない者は幸せだ"

          ヤンチョー・ミクローシュ長編九作目。前年に製作した『The Confrontation』の続編としてTV用に製作したイタリア映画。多分唯一の女性単独主人公の作品。原題も英題と同じく"平和主義者"だが、別題として"雨を止めろ"というのもあるらしい。前作では左派を大義の殉教者として描いていたが、本作品では一歩引いて全体を俯瞰しているような形になっている。地元の左派学生のデモを取材していたジャーナリストのバルバラが、ファシストの若者たちに襲撃され、車を破壊され、逮捕されなかった犯人

        • 固定された記事

        ハンガリー映画史① 黎明期(1896~1910)

        • Luis Figueroa / Eulogio Nishiyama / César Villanueva『Kukuli』ペルー、リャマ飼い少女の旅と祭

        • ジョナサン・グレイザー『関心領域』アウシュヴィッツの隣で暮らす一家の日常

        • ヤンチョー・ミクローシュ『The Pacifist』"愚者や動物みたいな何も考えない者は幸せだ"

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 世界の(未)公開映画
          KnightsofOdessa
        • カンヌ国際映画祭コンペ選出作品たち
          KnightsofOdessa
        • 新作映画2024
          KnightsofOdessa
        • 東欧/バルカン映画
          KnightsofOdessa
        • ベルリン国際映画祭コンペ選出作品たち
          KnightsofOdessa
        • 新作映画2023
          KnightsofOdessa

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ピエール・クルトン『A Prince』ある青年と不可視の王子

          ピエール・クルトン長編二作目。16歳の青年ピエール=ジョセフ(PJ)は庭師になるために養成所に入る。そこで彼は、所長のフランソワーズ、植物学講師アルベルト、新しい雇い主アドリアンといった人々に出会う。PJの両親、銃鍛冶兼猟師の父と剥製師の母は仲が悪く、その影響を受けたPJは内向的な性格に育っていた。そして様々な人々との出会いを通して、PJの心は彼の父親的存在への憧れとそれでいて"父親"への憧れのなさの間で揺れ動き続け、セクシュアリティとアイデンティティを模索し続ける(なんの躊

          ピエール・クルトン『A Prince』ある青年と不可視の王子

          アトム・エゴヤン『Calendar』アルメニアの教会群でカレンダーを作る夫婦の物語

          大傑作。アトム・エゴヤン長編五作目。ある写真家とその妻は、カレンダー用写真の撮影のためアルメニアを訪れる。運転手兼案内人のアショットが熱心に教会やその歴史を解説してくれて、妻は熱心に聞き入って翻訳する一方、写真家は表面的な構図にしか興味がなく、長話をして惹かれ合っているようにも見える二人に嫉妬している。撮影されたアルメニアでの映像は全て写真家の一人称視点であり、興味のない箇所は飛ばされ、思い返したい箇所は何度も巻き戻される(普段通りの時制操作だがここでは奇跡的なまでに上手くい

          アトム・エゴヤン『Calendar』アルメニアの教会群でカレンダーを作る夫婦の物語

          ロルフ・デ・ヒーア『クワイエット・ルーム』喧嘩する両親を見て沈黙を選んだ少女の物語

          1996年カンヌ映画祭コンペ部門選出作品。ロルフ・デ・ヒーア長編五作目。喧嘩ばかりする両親を見て、3歳から話すことを止めた少女は、そのまま7歳になった。映画はそんな彼女のナレーションによって進められる。生活の様々な場面を無言で切り抜けながら、その裏で思っていることをコメンタリーのように足していくのだ。子供ながらの語彙力の少なさと状況把握経験の乏しさから、3歳の頃を思い返すナレーションの時制が現在時制になっていたり、田舎なら皆で仲良く暮らせるという自分の理想を何十枚も同じ絵にし

          ロルフ・デ・ヒーア『クワイエット・ルーム』喧嘩する両親を見て沈黙を選んだ少女の物語

          ヤンチョー・ミクローシュ『Season of Monsters』ハンガリー、世界に絶望し変革を希求する人々

          1987年ヴェネツィア映画祭コンペ部門選出作品。ヤンチョー・ミクローシュ長編20作目、久々に同時代のハンガリーを舞台とした"混沌"四部作の第一篇。アメリカに亡命していた大学教授ゾルタイは亡命後初めてハンガリーに帰国するが、テレビ番組によるインタビューが終わるとすぐに自殺してしまう。自殺を知らされたかつての同級生バルドーツが遺体のあるホテルの部屋に行く長回しは実に強烈。なにせ、終盤のエレベーターのシーンでは殴られた女がガラス越しに吹っ飛んでくるのだ。意味が分からん。そして、クロ

          ヤンチョー・ミクローシュ『Season of Monsters』ハンガリー、世界に絶望し変革を希求する人々

          ヤンチョー・ミクローシュ『Allegro Barbaro』ハンガリー、激動の1940年代を生きる

          ヤンチョー・ミクローシュ長編18作目。同年に公開された『ハンガリアン狂詩曲』から、終ぞ完成しなかった『コンチェルト』へと連なる三部作"Vitam et sanguinem"の第二作。この三部作ではハンガリー近代史を一人の人物の目線から展開するヤンチョー・ミクローシュ的叙事詩であり、三部作は順に1910年代(一次大戦期)→1940年代(二次大戦期)→1950年代(スターリン時代)を描いている。モデルとなったバイチ=ジリンスキ・エンドレという人物は、ある小貴族の長男であり、一次大

          ヤンチョー・ミクローシュ『Allegro Barbaro』ハンガリー、激動の1940年代を生きる

          João Canijo『Bad Living』ポルトガル、愛が彷徨う迷宮ホテルで

          傑作。2023年ベルリン映画祭コンペ部門選出作品。2024年アカデミー国際長編映画賞ポルトガル代表。ジョアン・カニホ(João Canijo)長編最新作二部作。同じ映画祭のエンカウンターズ部門に出品された『Living Bad』と対になっており、本作品ではホテル経営をする親子三代、同作ではそのホテルにやって来た客の目線で同じ時間の出来事を描いている。ホテルを経営する親子三代には極めて複雑な愛憎が渦巻いている。家長のサラはホテルのオーナーとして忙しく動き回る。その娘ピエダーデは

          João Canijo『Bad Living』ポルトガル、愛が彷徨う迷宮ホテルで

          Nele Wohlatz『The Future Perfect』アルゼンチン、新言語習得のもたらす新たな可能性

          大傑作。Nele Wohlatz単独長編一作目。シャオビンは両親に呼ばれてブエノスアイレスに来た内気な中国人の少女。冒頭ではスペイン語学校でのレッスンが描かれている。簡単な質問に答えるというレッスンだが、単語が聞き取れずに的外れな回答をしたり、何度も聞き返したりしている。精肉店でアルバイトを始めるが、客の注文を間違えまくり、同僚(?)からは"もっとスペイン語覚えてから来て"と言われてしまう。レストランに入ってもメニューが読めない、駅のホームでも立ち往生している。映画はそんな彼

          Nele Wohlatz『The Future Perfect』アルゼンチン、新言語習得のもたらす新たな可能性

          ヤンチョー・ミクローシュ『Winter Wind』ハンガリー、疑心暗鬼に陥るテロリスト

          傑作。ヤンチョー・ミクローシュ長編八作目。1934年10月9日、マルセイユにてユーゴスラビア国王アレクサンダル1世とフランス外相ルイ・バルトゥーが暗殺された。背景はこうだ。第一次世界大戦の敗戦によって解体されたオーストリア=ハンガリー帝国の構成地域は新たな国家であるユーゴスラビア王国を誕生させたが、その喜びも束の間、異民族への敵対心に蝕まれていった。国王となったアレクサンダル1世はセルビア系以外の民族を弾圧し、国粋主義者や分離主義者は国を離れて近隣国(ドイツ/ハンガリー/イタ

          ヤンチョー・ミクローシュ『Winter Wind』ハンガリー、疑心暗鬼に陥るテロリスト

          マイケル・マン『Ferrari』崩壊寸前なエンツォ・フェラーリのある年

          2023年ヴェネツィア映画祭コンペ部門選出作品。マイケル・マン長編12作目。1957年夏、エンツォ・フェラーリは二つの危機に瀕していた。一つ目は家庭。前年に最愛の息子ディーノが若くして亡くなり、妻ラウラとの関係性は完全に破綻していた。二つ目は仕事。創業して10年のフェラーリ社は赤字が溜まって完全に傾いていた。全てを完全にコントロールしていたいエンツォの指の隙間から、全てが木っ端となって零れ落ちていく。物語はマセラッティのドライバーであるジャン・ベーラがモデナに到着したところか

          マイケル・マン『Ferrari』崩壊寸前なエンツォ・フェラーリのある年

          Barbara Sass『The Scream』ポーランド、抜け出せない円環構造から届く叫び

          Barbara Sass長編三作目。長編一作目『Without Love』と同じく奇声を発する女性が冒頭で登場する衝撃。しかし今回叫んでいるのはドロタ・スタリンスカ演じる主人公の方だ。しかも、刑務所から出所したての元泥棒マリアンナという、『Without Love』でスタリンスカが演じたエヴァと鏡像関係にあった少女と同じ境遇と名前なのだ。彼女は老人ホームで働き始める。真面目に仕事をこなしているが、収入も少なければ帰る場所もない。この世の果てくらい汚い実家には自分と同じような境

          Barbara Sass『The Scream』ポーランド、抜け出せない円環構造から届く叫び

          ミン・バハドゥル・バム『黒い雌鶏』ネパール、視界の外側にある戦争

          傑作。ミン・バハドゥル・バム長編一作目。ベルリン映画祭予習企画。2001年、ネパール北部の小さな村。この年は、1996年から続く内戦が短い停戦に至った年でもあり、王族殺害事件が起こった混乱の年でもあった。村にはカーストの異なる二組の姉弟がいた。結婚を間近に控えたウジャルとその弟キランは庄屋の子供で、最近母親を亡くしたビジュリとプラカシュは不可触民の子供だった。キランとプラカシュは仲良しなのだが、特にキランの家族はプラカシュと仲良くすることを嫌がっている。そんな中で、プラカシュ

          ミン・バハドゥル・バム『黒い雌鶏』ネパール、視界の外側にある戦争

          Kazik Radwanski『Cutaway』&『Scaffold』ブレッソンとマッケンジーへの漸近

          カジク・ラドワンスキ(Kazik Radwanski)短編二本。『Cutaway』は建設労働者として働き、恋人との間に子供が生まれようとしている男が迎える短い変化の時間を"手"のみで表現していく。壁をドリルで破壊する手、漆喰を捏ねる手、恋人とのSMSに返答する手、お金を引き出す手、恋人の手を握る手、頭を抱える手、窓の露を払う手。それぞれに不安や喪失感といった感情が宿った手の動作が連鎖していく。右の掌に怪我をしてから治るまでの長い時間を感じさせない、短く切られた場面の数々。窒息

          Kazik Radwanski『Cutaway』&『Scaffold』ブレッソンとマッケンジーへの漸近