Knights of Odessa

東欧/旧ユーゴ/ロシア/サイレント映画愛好家。好きな女優は必ず寡作。筋金入りの非線形天邪鬼。2021年はハンガリー&ブルガリア&アルメニア映画Year!2020年代はカンヌ映画祭のコンペ作品をコンプするぞ! 依頼等はknightsofodessa0715 at gmail まで
    • 新作映画2021
      新作映画2021
      • 58本

      2021年の新作ベスト選考に関わる作品をまとめています。コロナ禍の影響もあって新作公開が滞っているので、2019/2020/2021年製作の作品で自分が未見の作品ということにしました。今後の状況によっては定義を変更する可能性もあります。

    • 東欧/バルカン映画
      東欧/バルカン映画
      • 114本

      自身の映画記事のうち、東欧映画とバルカン映画に区分されるものをまとめています。

    • アフリカ映画
      アフリカ映画
      • 11本

      自身の映画記事のうち、アフリカ映画に区分されるものをまとめています。ロシア、ハンガリーに比べると競争率は高めですが、頑張ります。

    • 世界の(未)公開映画
      世界の(未)公開映画
      • 96本

      東欧映画、ロシア映画以外の未公開映画についてまとめています。最近は公開された作品も掲載しています。全ての記事をどこかに帰属させてあげたいという親心です。見逃してください。

    • カンヌ国際映画祭コンペ選出作品たち
      カンヌ国際映画祭コンペ選出作品たち
      • 78本

      今年代の目標は"カンヌ国際映画祭コンペ選出作品をコンプリートすること"に決まりました。1800本近くある上、毎年20本ほど更新される地獄のリストですがのんびりやっていこうと思います。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

ハンガリー映画史① 黎明期(1896~1910)

ハンガリー映画といえばネメシュ・ラースロー『サンセット』が公開され、エニェディ・イルディコ『私の20世紀』やタル・ベーラ『サタンタンゴ』がリバイバル上映される今年…

+1

Samaher Alqadi『As I Want』エジプト、"Cairo 678"の裏側

2021年ベルリン映画祭エンカウンターズ部門選出作品。モハメド・ディアブ『Cairo 678』という作品は、ムバラク政権末期の2010年に発表されたエジプトにおけるセクハラや痴…

+1

Chuko & Arie Esiri『Eyimofe (This Is My Desire)』ナイジェリア、海の向こうの…

傑作。"移民映画"というジャンルがあるとすれば、多くの場合渡った先の国での生活を描いているが、本作品は様々な事情によって渡ろうとしたのに渡れなかった二人の人物を描…

+1

Jacqueline Lentzou『Moon, 66 Questions』ギリシャ、女教皇と力と世界

ベルリン映画祭エンカウンターズ部門選出作品。主人公アルテミスは親類に呼ばれ故郷アテネに戻ってくる。何年も戻らなかった原因である父親パリが多発性硬化症によって介護…

+1

ヴァーツラフ・ヴォルリーチェク『ほうきに乗った女の子』魔法少女サクサナ、チェコを駆ける

大傑作。主人公サクサナは魔法学校に通う魔法少女である。しかし、残念ながらホグワーツのようなウキウキするタイプの魔法学校ではなく、教室から寝室まで満遍なく黴臭そう…

+1

Andreas Fontana『Azor』レネ・キーズはどこへ消えた?

1980年代、軍事政権下のアルゼンチンに降り立ったスイス人夫婦イヴァンとイネス。彼らはプライベートバンカーであり、顧客を残して失踪した前任者で友人レネ・キーズの後任…