辰巳芳子

『いのちの食卓』辰巳芳子

『いのちの食卓』辰巳芳子

本書の著者は御年96歳の料理研究家、辰巳芳子先生。 私、このおばあちゃん、大好きなんですよね。 これまで数百冊単位で料理人や料理研究家のレシピ集や著作を読んできましたが、この辰巳芳子先生の書かれたものを上回るものに出合ったことがありません。 兎に角、生き様が半端ではありません。そして、とても恐いです。 料理本を読んでいて、襟を正し、正座して読まねばと思ったのは、今も昔も辰巳芳子先生だけですね。 その生き方が料理研究家というよりも、武士そのものであり、命をかけて料理と

スキ
2
命のスープ

命のスープ

おはようございます 札幌市西区宮の沢にあります オステオパシー整体院セルフリライアンス 院長の小田直矢です 身体が食べるものから出来ていて 食べたものを適切に 消化吸収して 排泄する それが出来て初めて身体は健康と言えます そんな重要な食べ物に どれだけ気を使えていますか? 我が家では 命のスープという 90歳を越えて現役の 料理研究家 辰巳芳子先生の 考案した “命のスープ”を食しています 通常身体にいいものは 良薬口に苦し 美味しいものは 塩糖脂で出来てい

スキ
2
あなたのために ~いのちを支えるスープ~ / 辰巳芳子 (2002)

あなたのために ~いのちを支えるスープ~ / 辰巳芳子 (2002)

たまには新潟・三条市「SANJO PUBLISHING」という小さな本屋で喫茶担当として仕事をし始めて2ヶ月が経った。 まさか自分で始めるお店が本屋だとは思わなかったが、今回からお店にある本を少しづつご紹介出来たらと思います。まぁ、僕たち「本屋」ではあるのですが、個人的には本についてはまだまだですのでご容赦ください。。笑 今回ご紹介させて頂くのは、料理研究家でありつつも随筆家としても活動されている辰巳芳子(たつみ よしこ)さん著「あなたのためにに ~いのちを支えるスープ」

スキ
5
今夜は

今夜は

カツとじ丼。昨日から決めていたメニューなので、パッと作って、サッと食べた。 小ぶりの新玉ねぎをいただいたので、作りたかった、ぽったら煮。 辰巳芳子さんの「あなたのために」(文化出版局)。美しさに惹かれジャケット買いした本。その中に作ってみたいスープがいくつかあった。その中のひとつ。 連日雨量が凄くて、仕事帰りの買い物を躊躇っている。暫くは、今ある食材を使って、乗り切ろうと思う。今あるストックの王様は、ズッキーニ✨✨何作ろうかなぁ。 今日は仕事で、直属の上司に仕事上の事

スキ
32
料理することに疲れたら…おすすめ料理研究家本 その①
+4

料理することに疲れたら…おすすめ料理研究家本 その①

私が食に興味をもったのは、20代後半に仕事が多忙で体調を崩したときでした。 振り返れば、母子家庭の我が家のご飯は、いつも市販のお弁当または、自分でコンビニにご飯を買って食べていました。 大人になり、四季も感じられないほど、必死に仕事をして、終電で帰宅したときは食事もとらずに寝ていました。あの頃の夕飯は、何を食べていたかなと考えたとき、同僚と飲みに行って食べていた以外の記憶が、ないのです…。 そうやって、長い年月、食をないがしろにして生きてきました。そして、心身を崩し

スキ
7
ささやかに桜の宴、ブックミーツ。

ささやかに桜の宴、ブックミーツ。

急いで諸用済ませ サクラ舞う中、 ブックダンシング。 今日は4館、 ブックミーツは、8冊です。 ささやかですが、 華やかな香り、 桜の宴ビールでいい気分。 #LAフードダイアリー #日常的実践のポイエティーク #野口嘉則 #60代ミッション #情念の経済学 #超訳ケインズ一般理論 #辰巳芳子 #劇空間を生きる

スキ
2
【読書感想文】生きるべきように生きれば、いつの日かかならず花は咲くものです/辰巳 芳子(料理をするという事)

【読書感想文】生きるべきように生きれば、いつの日かかならず花は咲くものです/辰巳 芳子(料理をするという事)

この年代の方は本当に芯があって美しい方がいらっしゃいますね。 何と言うか生きる姿勢が全く違う。心身ともに背筋が伸びているとでも言いましょうか。育ちなのでしょうか、ご本人の性格なのでしょうか。いやいや日々の心掛けにあるのでしょう。 この方の本を読んで、「1食1食作るのにこんなに集中して五感を研ぎ澄ませている人がいるのか!」とびっくりしました。もう私なんか本当にすみません。という感じです。 しかしふと、ああこの方は「プロ」なのだ。と気付きました。 料理は素人でも普通に作るので

スキ
1
【2021年2月12日のこと】テイクアウト事件/マインドフルネス/辰巳芳子さん玄米スープ

【2021年2月12日のこと】テイクアウト事件/マインドフルネス/辰巳芳子さん玄米スープ

1. 世界の片隅からこんにちは‼️ 2. 昨日は車を出してもらってテイクアウトのお好み焼きを買いに1時間かけて行ったのに、「うちはテイクアウトしてません」と言われ門前払いにあった。 3. 「食べログにテイクアウト出来ますって書いありましたよ、今の時期、それ見てくるひとだっているでしょう、どういうことなんですか!」と文句を言うも軽く流されてしまい激怒。 4. なんなんだ!なんなんだ!この怒り、どこへ流したらいいんだ! 5. ならば、この前、テレビで話題になっていたオリジ

スキ
2
早川茉莉 編『玉子 ふわふわ』

早川茉莉 編『玉子 ふわふわ』

町の噂じゃ 40ダースの玉子が 4丁目のぼくの 部屋の鍵をこじあけた 何も知らない 十代半ばのぼくは ステンレスの角で 玉子を割ってる キッチン カッキン 今日もクッキン (moonriders「真夜中の玉子」より) 40ダースとまではいきませんが、実に37人の作家による玉子についてのエッセイをまとめたアンソロジーです。早川茉莉さんによる編集で、2011年にちくま文庫のためのオリジナルとして刊行されました。 どのエッセイから読み始めても、食欲をそそらずにはいられない玉子料

スキ
8