澤 祐典

音楽家、社会福祉士。15分のお話から世界に二つとない曲をおつくりする『あなたのうた』、歌える人生の扉をひらく『歌い手冥利』、ハナウタから曲ができるまで伴走する『作曲事始』といった歌、作曲、人の話を聞くことに関する仕事をしています。
    • 南畑移住日記
      南畑移住日記
      • 62本

      都会そだちの夫婦が、見渡すかぎり、山と川に囲まれた中山間地域に移り住んだ。「住める」とはどういうことなのか。そもそも暮らしていけるのか。詰むや詰まざるや、という日々の記録。

    • あしたの小窓から。
      あしたの小窓から。
      • 711本

      小窓のむこうに、ちいさな「あした」が見える。 ここでは音楽、教育、投資、スピリチュアルなどについて、考えたり感じたりしたことをつれづれに綴っています。

    • 歌の音箱
      歌の音箱
      • 67本

      これまでにつくった歌を入れています。聴いてもらえたらうれしいです。

    • 暮らしの詩
      暮らしの詩
      • 4本

      起きたことを文章で書くのが、おっくうになって、詩を書きはじめました。

    • 読書感想文
      読書感想文
      • 12本

      読んで「これはいい!」と感じた本の感想文を集めています。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

こんな仕事をしています&してきました。

今日、15分のお話から、その人だけの世界に二つとない曲をおつくりする『あなたのうた』の第2期(8名)の募集を開始した。 それに合わせて、「いま、こんな仕事をしていま…

顔がみえる食卓。

ここ、那珂川市南畑に移住して数日後、僕はこんな事を書いた。 そして三ヶ月経ったいま、我が家の食卓には「顔がみえる食材」ばかりが並んでいる。 ○○さんからいただい…

しん、とした気持ち。

『南畑美術散歩』が終わってしまったからだろうか、妙にしんとした気持ちでいる。 静かで、穏やかで、しかし何も動かない。 話しかける奥さんの声もうわの空だし、なにか…

市役所リスペクト。

今日、僕の席の左側、三つぐらい開けた席に座っている市役所職員さんのところにクレームの電話が入っていた。 ずーっと長い押し問答を繰り返している。 大変だろうな、と…

オギャーという仕事。

『南畑美術散歩』の14工房16作家さんのインタビュー記事がすべて公開された。 今日は、最後の公開となったお二人、甲木先生、後藤先生のところをめぐり、 17時の就業の鐘…

火の玉みたいに。

明日で『南畑美術散歩オンライン』の会期もいったん終了。 怒涛の更新ラッシュも、僕たちの仕事も、明日でひとまず落ち着く。 この仕事を通して、作家さんのお話を伺い、…