日本のものづくり

日本の伝統から取り出した、普遍の美意識を身に着ける。汽水域の金属工芸

ー作り手

山形市中心街でいま注目を集める七日町のシネマ通りは、レトロな建築物や歴史ある建物を残した街並み。かつて映画館が立ち並んでいたその通りは、リノベーションが行われ、若い人が街の流れを作っています。

江戸時代頃は商人の街だったこの場所に、汽水域さんの工房兼、金属工芸ショップはあります。

技術は昔ながらの受け継がれてきたものを生かしながら、デザインや使い勝手は新しく、今の私たちが素敵!と思

もっとみる
スキありがとうございます!
10

「おこめのクレヨン 日本の伝統色」&ぬりえセットができました

この度、日本舞踊メディア「俺の日本舞踊」で販売している「日本舞踊のぬりえ」とのコラボ販売が実現しました!

今回は、「日本舞踊のぬりえ」と「おこめのクレヨン 日本の伝統色」のコラボセットについて、ご紹介します。

「日本舞踊のぬりえ」とは?

子どもたちが楽しく遊びながら伝統文化を学べるぬりえです。

日本舞踊メディア「俺の日本舞踊」では、緊急事態宣言下の2020年5月、教室が休講しても日本舞踊に

もっとみる
最後までお読みいただきありがとうございます!
2

日本『根性』論

中国で暮らしていても
日本ので作られた製品
(メイドインジャパン)は
お金を出せば簡単に手に入ります。

もちろん中国の工場で
日本と同じ品質で、
ものづくりをしている
企業も山ほどあります。

しかし(個人的な感想ですが)
品質において日本本社と同等レベル、
あるいは超えることは非常に難しいです。

なぜそうなるのか少し考えてみました。
根底には当然ながら、
『日本人の気質』がありますが
もっと

もっとみる
ありがとうございます。
32

作り手の将来のために、僕らができること【手仕事とみらい#1】

想いをもった作り手と消費者をつなぐECサイト「CRAFT STORE」などを手掛ける「ニューワールド」。陶器や漆器といったものづくりの若き作り手が、活動の幅を広げられるように伴走しています。

連綿と受け継いできた伝統や文化をどう守り、新しい風をどう取り入れるのか。その解を求めて、デジタルマーケティングの領域で挑戦をし続けているのです。大手新聞記者として2,000人以上へ取材経験を持つ西雄大が、井

もっとみる
やった~
33

[レポート]筑前津屋崎人形巧房に行ってきました!



海のまち、津屋崎へ

年の瀬も迫る12月、前回の記事でもご紹介した「モマ笛 Good Dog 張り子」でコラボしている筑前津屋崎人形巧房を訪問してきました。
同行いただいたのはNPO法人まるの樋口龍二さん。九州を中心に障害のある人の芸術文化活動やしごとづくりをサポートしている団体です。樋口さんの運転で一路福津市へ。
樋口さん、福岡の人にとって、津屋崎ってどんなところなんですか?と聞いたら、まず

もっとみる

誰が作るか、誰から受けるのか。些細なことだけど、大切にしたいこと。

こんばんは!あーこです。

先日、GoToキャンペーンを使って伊豆長岡の
石のやさんにお邪魔しました。

その帰りにお土産で静岡のお茶を買って帰ったんです。
最近飲んでいるんですが、ふと灯りに照らされた色がなんとも綺麗。

この時にふと、
誰が作ったお茶なんだろう、とかどんなふうに作ってるんだろう、と
考えたりしていました。

なんでかな?って思ったけど
私のいる環境が良い影響をくれたんだと思いま

もっとみる
やったー♡
4

知れば知るほど奥深い、『家具修理』の世界 part 2

ひとつとして同じものがない『家具修理』

ものづくりが好きな仲間が集まりスタートしたenstol。木工・塗装・椅子張りの職人全員が家具修理の経験があり、家具はきちんと直せばその先もまた長く使い続けられることをよく知っています。

enstolの家具修理の流れは下記のとおり。
1.お電話・メール・ご来店にてヒアリング
2.家具のお写真または実物を拝見して確認
3.お見積もり
4.ご成約
5.施工
6

もっとみる
スキありがとうございます!

知れば知るほど奥深い、『家具修理』の世界

ひとつとして同じものがない、『家具修理』

ものづくりが好きな仲間が集まりスタートしたenstol。木工・塗装・椅子張りの職人全員が家具修理の経験があり、家具はきちんと直せばその先もまた長く使い続けられることをよく知っています。

enstolの家具修理の流れは下記のとおり。
1.お電話・メール・ご来店にてヒアリング
2.家具のお写真または実物を拝見して確認
3.お見積もり
4.ご成約
5.工場に

もっとみる
スキありがとうございます!
1

はじめまして、エンストルです

「enstol(エンストル)」は、ものづくりが好きな仲間が集まり、2018年11月に京都でスタートした小さな家具店です。

木工・椅子張り・塗装の各職人とデザイナーが宇治市にある小さな工場で、オリジナル家具やオーダーメイド家具の製作、家具の修理やリメイクを行なっています。

「en stol」はデンマーク語で「the chair」。
椅子からはじまるお客さまとの「ご縁」を大切にしたいと思い、この名

もっとみる
スキありがとうございます!

職人の指先感覚をデータ化するHILLTOP社

経済産業省、厚生労働省、文部科学省による「ものづくり白書2018」でも、質の高い現場データ・職人技・暗黙知を、形式化・体系化・デジタルデータ化する必要があると言われています。

つまり職人の指先感覚をデータに落とし込む作業です。

そんな事できるんかいな?

それをやられているのがこの記事にあるHILLTOPさんという京都の会社。

しかもこのシステムを外部に販売されるそうです。

すごいな。

もっとみる